クラフトヴィレッジ2日め!のはずが! そして脱力…

こりゃダメかぁ~と午前6時に起きると同時にタメ息がもれた。雨漏り対策してた部屋の窓枠付近は、思ったほどひどい状態にはなってなかったけども。
すぐにPCを立ち上げ、中止メールが入ってないのでしばし迷う。この降り方と予報では98%やらない、と思うのだけど、2%は残ってるわけで…てことで、ゆりりん姉さんにメールした。速攻で返信が戻ってくるかと思いきや、なかなか返事がこない…ここでまたぐらぐらし、“もしホントにやるんだったらアレとコレとソレと…”とびびりつつ準備の参段をしてたら、電話が鳴った。
『すぐにメールしたんだけど、返信がないから…』
って、まだ着てないよ、メール?!とびっくり。この「メールのタイムラグ」にはときどきびっくりするね。昨日はこちらからのメールに速攻で反応が返ってきたけど、あちらからのメールが到着するまでに20分近くかかった。告知する手前、パジャマで待ってたんでちょっとつらかったわ。PCvs携帯の差?よーわからん。
中止とわかってほっとしてる部分もあり、さっさと2度寝に入った。

誰が言い出したか「芸術の秋」には、各地でいろんなイベントが真っ盛りになる。(「食欲の秋」「読書の秋」はわかるとして、なぜここに「芸術」が入るのかあたしにゃわからん。季節を選ぶ芸術なんてないだろに) 一時期は出店が被らないよう調整するのが大変だったくらいだ。でもって屋外のこーしたイベントには、同時に「始めてみるまでわからない天気」にとても左右される。天気よかったのにいきなり雨とか、すごい強風で大変だったとか、雨で1日中止、なんてのはままあるわけで、むしろ「2日とも晴れて人出もあってよかった」な方が少ないんではないかとも思うけど、「両日雨で中止」はさすがにちょっと記憶にない。(あったとしたら忘れてる) 

起きてから、無力感に襲われ、気が滅入った。いろんな意味ですごく楽しみだったのだ、このイベントは。初参加だというだけでなく、ゆりりん姉さんと一緒に出店する、というのも楽しみだったし(かつてはよく一緒したけど、ここ数年は彼女が屋外イベントをやらなくなったこともあって久しくなかったのだ)、「くりくり星人」を初めとした新作の反応を知りたかったし、くるみギャラリーで知り合った作家さんたちに「さゆきはこんなのも作ってるんですよー」と見せたかったし、接客そのものを楽しみたかったし、半端な余り方をしてる在庫を(モノによっては値引きして)放出してすっきりしたかったし、「震災支援くじ」でお客さまたちに楽しんで欲しかったし、そして何よりこれ!

   個展用費用を捻出したかった!!!

も、これに尽きると言ってもある意味過言ではない。そのくらい当て込んでたわけで、もし売れなかったらそれはそれで「実力のうち」と諦めることも出来たと思うんだけどね。3月の展示会「3.11」以降、まともにお客さまと接してない、てのもつらいなぁ。そこから見えてくるものとか、反応の良し悪しとか、金銭的なことだけでなく、接客そのものが楽しみでもあったし。このイベントを最後に「個展制作に集中」を自分に課してたから(だから三茶にも出店しない)、この、どーしよーもない無力感のまま突入しなきゃいけないことにちょっとした焦りも感じるわ。

初使用となるカートの具合もわからずじまいだったな、そー言えば。いつまでも出しておくわけにはいかないので早々に片付け、どっちゃりこの在庫を収納し、什器とかもまたしまって、気を取り直して個展スケッチを開始。あ、こんなのどーだろ、作ってみるか、と思い立つモノが1つ2つ。このくらいの天啓がないとやってらないよね。でなきゃキレるわ、自分に。
ちょびっと気分が晴れて、空も晴れていー感じになったのでお散歩。そろそろお祭り開始?と思いきや、馴染みの煎餅屋のおばちゃんに
『お祭りは土日よ。昨日の今ごろだったらにぎやかで楽しかったのに…』
と言われ、がっくし。本日2度目の脱力。なぜ昨日こっち方面に散歩しなかったんだ?!と自分を責めまくり、いまさら神社へ参る気もせず、古本屋のはしご。歩行数は6355。こんなもんだ、昨日の今日としては。
[PR]
by yukimaru156 | 2013-09-17 01:36 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156