昨日の古本屋 と「G.I.ジョー」 とDMの絵 と近所のお祭り

昨日はブログ後にちょっちびびった。ブログは、一度書いたモノを「ブレビュー」でチェックして、それから「送信」するのだけど、いつまで経ーっても「送信中」で、「完了」にならんのだ。以前、これで何度か「送信できませんでした」となったことがあったので(当然、“きぃ~っ!また同じこと書けってかー?!”と発狂しかけた)、待ってる間は気が気じゃなかった。5分くらい?で完了してくれたので助かったけど。内容なくて無駄に長いから、送ったらすぐ忘れちゃうんだよねぇ。よかった、2度書きしないですんで。

そーそ、昨日のお散歩で古本屋に入った話を書かなかった。
もうどこの古本屋でもとんと見かけないよーな本が置いてある店で(マンガだと「黒表紙でない」手塚作品とか、もう絶版に近いんじゃないかと思われる「いじわるばあさん」とか。150円だった)、ガロとか昔のマガジンとかも無造作に山積みになってたりする。そこでマンガの棚を見るのも楽しみだけど、海外文庫も楽しみで、そこでハヤカワSFの『ソラリスの陽のもとに』を見つけてしまった。250円。思わず買ってしもーた…お散歩のとき、「不測の事態」に備えて小銭入れだけ持ち歩いてるんだけど、やばいかもね、こゆのはね。
実はあたしはSF映画の金字塔『惑星ソラリス』を観たことがなくて、じゃー何でこれを買ったのかとゆーと、近所の再映映画館で10月初旬にこれをやるから。時間も財布も余裕はないっちゃーないんだけど、ココロの余裕まで失いたくないよなというとても勝手な理屈をつけて“こんな古典SFを上映するのも珍しいから観ちゃおう!”と思ってたとこなのだ。

「観てから読むか、読んでから観るか」だと、あたしは「読んでから」派なんだけど(もちろん逆もある)、こいつはやっぱり「読んでから」だな。いや、まだ読み始めてないですが。初版は昭和52年。て西暦何年?あたしが11歳ンときだから、35年前か!表紙は映画のワンシーンなので、てことは公開もその頃だったんかな。読むのも観るのも楽しみだ。

昨日はブログ後に『G.I.ジョー』を観た。ま、どってことないだろな、とゆー予想をはるかに上回る「どってことなさ」だった…録画しといた自分を情けなく思ったくらいだ。イ・ビョンホンが武術家であった、てのはよいのだけど、それが何で二刀流?それも手裏剣付きで。侍と忍者の区別もついてないんじゃん、監督。てゆーかね、もーハナからチョンまでずーっとCG小道具メインで、アクションなんざ二の次みたいだし、俳優の扱いもぞんざいだし、脚本も決して悪くないはずなんだけど台無しにされてる感じ。無駄に多いCGによって。これできっと何億ドルってかかってんだよね、これ。何とゆーか、「ハリウッドの衰退」ってのを垣間見た気がしたわ。

さて、今日はちゃんと完成させましたよ、DMの絵。あと5ミリ右だったとか、ここんとこの色がどーとか、この文字だけちょっと太くないか?とか、あれこれ思っちゃうんだけどね、あふたーふぇす、ですよ。後の祭り。
祭りと言えば、今日のお散歩で2ヶ所も廻ってしまった。D八幡は偶然、そーだったのか!で(つか、そもそもここにあること自体知らなかった)、ほほー、こういう神社なのかぁ、ちゃんと能舞台もあるんだなぁ、と感心し、あんず飴200円に財布を開く気にもなれず、お参りだけしてそこを離れた。それからまたてくてく歩いて、お次はR神社。ここはさらに賑やかだったけど、金魚すくいが「遊ぶだけ」で200円とは!黒い出目金がかあいかったので欲しかったんだけどね、300円出してまで欲しくないよ。てゆーかさー、「遊ぶだけ」で200円てちょっとひどくないか?昔はどんだけ取っても「それはその人の腕」てことで許容されてたじゃないの。その上で欲しくない人は返してたし、1匹も釣れなくてもちゃんと「代金」として1匹もらえてたし。これ、いまじゃやってないってことよね?んーむ。
そーいやまだ「お面」て売ってるのかなーと思って探してみたら、ちゃんとあった。けど、1枚800円?!(失礼だけどそれで売れるのか、いま?) こんなべこべこの、お祭りが終わったらどうしようか的なシロモノに800円か…それでもひょっとことおかめが健在であることに感心したりして。これ、わかんないガキんちょいっぱいだろね。あたしも当時はわかんなかったし。なぜお祭りになるとお面が売られてるのかもね。

リョーシンに何かオミヤゲでもと思ったけど、これと思うモノもなくてやっぱりお参りだけして帰った。金魚すくいの話をし、黒い出目金が欲しかったんだけどと言ったらば、『見えないからダメ』と却下された。ま、1人で行って1人ですくってくる、てのもヤだからやんないけどさ。でもかあいかったな、あの黒出目金。
[PR]
by yukimaru156 | 2013-09-23 01:23 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156