DM絵の補修 としつこく語録双六 とお散歩考

しつこく「語録双六」。ここまで出来るかな~、てとこまで行けそうで行けなかった…ちっ。でも考えたら途中でちょっと机からおろして、DM用の絵の修正をしたんだった。
デザインを頼んでる友人のMKに渡すのから「A4くらいでいい」と言われたので貼れパネをA4にカットして作ったのだけど、「裁ち落とし分」てのをまるで考えてなかったので、もしかしたら結構ギリだなー、てことで補修。ウラから貼れパネを1.3センチほど足して、薄洋紙で継ぎ目部分をごまかしてみた。大丈夫…と思いたい。ぱっと見では継ぎ目なんてわかんないけどね。たぶん。ま、これはこれで飾るつもりだから、来場したときにでも見てやってください。

これまで「裁ち落とし部分」てのを考慮したことはなくて、何でかってーと「背景は真っ白な絵」だったからなんだよね。なのでなーんの心配もしたことがなかったんだけど、これからはちゃんと考えないといけないな。今後、この手法でやるのかどーかにもよるか。
ホントなら両サイドもちょっと付け足したかったんだけど、これ以上いじるとボロが出そうだったのでやめた。メンドかった、てのもある。つーことでもしかしたらご苦労かけるかもですがよろしくです、MK。毎度申し訳ない。

再び「語録双六」に戻り、こちらも背景に着手。はんずで買ったカラートレペの青はアタリだ。色が薄すぎず、濃すぎずでいい感じ。この類の薄い色紙って実際にちぎって貼ってみるまではわからなかったりするんだよねぇ。いわゆる「お花紙」のように、キレイだけどちぎれ方(?)が素直にいかなくて、これはこれでよいとしても他との兼ね合いがイマイチだったりさ。黄緑のお花紙は「粘土モノ梱包用」にして、はんずの黄緑のトレペにした。
背景として貼る色を青、水色、薄水色、黄緑、薄紫、灰色の6色にする。この灰色がよかったのか悪かったのか、当初は桃色か黄色にするはずだったのにどーしてこーなった?と自分に突っ込みつつ、「悪くなかった」ということにした。ここで“違った、失敗した、何よこの配色センスは!”となってしまうと作れなくなってしまうのでね。“いいよ、悪くないよこれ!”と思わないことには進まないのだ。大事なのよ、自画自賛てヤツは。

雨降ってたけどお散歩に出た。笹塚の方に古本屋があったよなー、しばらく行ってないなー、と思いながらてくてく。駅前の本屋がどうやら閉店したらしく、ちょっとショック。深夜12時までがんばってたのになぁー。あんちゃんが『ここを売ったって行くとこないんだからここでがんばるよ』と店で話をしてたのを耳にしたりしたので、うん、がんばってくれ、と思ってたのに。注文しないと入手できない本はここで買ってたんだけど、そう頻繁に買ってたわけではないからねぇ。やっぱ厳しかったのかな。

雨ン中をひたすらてくてく歩き、やっと着いたと思ったらシャッターが降りてた…ま、そーゆーこともあるかもなと思ってたからそう落胆もしなかったんだけど、気になるのがシャッターの「火曜定休」の文字…今日水曜じゃん!うぅ~、ここもやばいんかな…結構広くていい店だったんだけど。今度また天気のいい日にでも改めるつもりだけど、ヤな予感がひしひし。ここも閉店となったら嫌だなぁ。
しかし、日課のお散歩が続いてるのはよいとしても、2時間てのはどーだろう。これ、仕事に支障をきたすんじゃないんか?大体「1日8000歩くらい」を目安に始めたくせに、どんどん距離が伸びて(往復で8000歩で行ける距離が限られてきてつまんなくなったせいだ)、本日は9986歩。しかも帰宅してついうとうとしちゃったら10分のつもりが30分も寝こけてたという…毎日お散歩コースを変える、往復も違う道を歩く、てのはやめた方がいーのかもしらん。
さーて、明日は評判がよろしくないCG「ハーロック」。YDとオタ話に終始するこたーわかってるので、楽しみながら突っ込んでこよーと思いまふ。
[PR]
by yukimaru156 | 2013-09-26 01:06 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156