アニソンとアニメイト と「入ったら出てく」よーになっている

昨日、YDが以前BDプレにくれたMP3を持ってきてと言ってたので持参したらば、ノートパソからあれこれいろいろアニソンを入れてくれた。懐かしいとこで「009」「幻魔大戦」、ガンダムの「哀・戦士」(いつ聴いてもかっちょいい。いまのアニメで「名も知らぬ戦士を撃ち、生き延びて血反吐を吐く」なんつー歌詞はちょっとないやね)、最近に近い方で「モノノ怪」「夏目友人帳」「ジョジョの奇妙な冒険」「サイコパス」あたり。すげぇ選曲だと思いつつ、彼女が絶対外さない「戦国BASARA」はサントラが入ってて、その中の「オドルアニキ」にはぞわっとしてしまった。これ歌ってる人と会ったんだよなー、ねずみ亭で。信じられん。(しかしあとで入ったアニメイトでこの「アニキ」の暖簾を買うたー思わなかったよ、YD。いまでも惚れてんだねぇ)

夕食後も居座って、2人してノートパソをはさんでイヤホンつけて『あ、これいいよ』『わっ、懐かしい!』『入れる?』『入れて入れてー』と延々とやってた。(MP3に入れてくれるのはあっちゅー間。すごいわ、ホント)
アニメイト(アニメグッズ専門店)でも2人してあれこれ喋りまくり、いいオトナが何だと思いもしたけどお構いなし。だって楽しいんだもん。夜8時過ぎだったけど、店内は結構混んでた。ちらほらとOLさんやリーマンも紛れてたな。ここでのグッズを見ると、どういうアニメが人気高いのかよくわかる。とっくに終了してるモノでもグッズがいっぱいあったり、逆にオンエア中でも全然ないモノもあったり。「BASARA」なんて映画すら去年には終わってるのにね。「夏目友人帳」も相変わらず根強い。この秋に放映開始の(つまりまだ始まってない)「鬼灯の冷徹」グッズがいっぱいあるのには驚いた。マニアックな渋いとこもちゃんと抑えてるので、誰でも萌えられるよーになってんだな、この店は。すごいわ。
ちなみにあたしははしゃぐだけで何も買いませんでした。見てると楽しいけど、欲しい、とまではいかなかったな。ちょっと実用性に乏しいし。あ、でもYDからプレゼントされたぱんつは嬉しかったな。黒地にピンク、とピンク地に金文字の2枚で、「不借身命(仏道のために命を捨てて惜しまないこと)」と書かれてるボクサーショーツ。真田家の家紋入り。(マトモに考えるととても失礼な気がする…) そう、「戦国BASARA」グッズね。勝負ぱんつとしてこれから活躍してもらおう。

今日は「集金日」で、まずは吉祥寺、ピタミンTee。夏の「アートバザー」の売り上げをもらいに行くヒマがちょっとなくて、今日になってしまったのだ。あ、その前に古本や雑誌をY屋に持ち込んだのだった。拒否られたチチの雑誌「書斎の競馬」は、美本だったのでどーかなとB・オフに持ち込んだら、1冊20円で引き取ってくれた。助かった。あんな重い本、10冊も持ち歩けないもん。
ビタミンTeeで集金後、今度は国分寺へ。過日、台風のため中止となった「ぶんぶんうぉーく」の参加費を払い戻してくれるとゆーのでね。ありがたいことだわ。くるみギャラリーでは、「小さい額縁展」でご一緒したさとうそのこさんの個展中。半分は抽象画だけど、何となく居心地のいい絵と色で、しばし和んだ。

少々まとまった金額が入ったのでほっとしたのも束の間、春先にクリーニングに出したジャケットが2枚戻ってきて、先日のコートも含めて3枚分をハハに支払ったらばほとんどなくなってしまった…「入ったら出てく」よーになってんだよなぁ~。わかってたんだけど切ないわ。
夜はずっと「語録双六」の制作。仮止めにして、一度コピーしてみなくてはならんかな。明日には出来ると思う…つか、思いたい。
[PR]
by yukimaru156 | 2013-09-28 01:51 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156