さらにちぎり文字 と再びの墨田のガラス市 とブログアクセス数

起きたら晴れてて、おおっ、晴れてるなーよかったよかった、と思いつつ「ちぎちぎ」を始めた。昨日、びーどろねずみサンに『ムボーなこと始めてしまったよ…』と嘆いたら、あっさりこー言われた。

『雪丸って、個展のたびにそれ言ってるよね』

……うん、そーかもしんない。たぶん、ココロのどっかで“個展で無難なことやっても意味ない”と思ってるからなんだろな。かと言って「全然違うもの」とか(油彩とかさ陶芸とかさ)、「120%無理だと思えるもの」はやらないわけだから、無難ちゃ無難なとこに落ち着いちゃうのだけどさ。まぁ「ちょっと無理して、いつもとちょっと違うだけのもの」てことだわね。
と、そんなことをつらつら考えながら2時間ばかりちぎってたら、どんどんいい感じに晴れてきて、それはそれで悔しくなったとゆーか、そもそも昨日行ったはいいけど、ほとんどのテントが店じまいを始めてたので「ガラス市を見た」とは言えない状況だったと思い、きりきりした。ハハから買い物を頼まれてたので出るときに、晴れて悔しい、も一度行っちまおーか朝からずっと悩んでるのだ、とゆーと
『朝からそー思ってるんなら行っちゃえばー』
とゆーので行くことにした。往復で680円、昨日は徒歩で行ったけど(駐輪場代がもったいないので)、今日はチャリにして、代わりに「3時間無料」のとこに停め、必ずこの時間内に戻るぞ!とココロに誓って買い物を済ませたあとに出かけた。

2時にウチを出て、うまい具合に特急に乗れたので錦糸町着は2時45分。結構な賑わいを見せてて、びーどろねずみサンのテントも例外ではなく、接客にわらわらしてた。どこのテントも人だかりがしてて、お値打ち品も多数。この「墨田のガラス市」は、ガラス作家ではなくてガラス業者の集まりなので、テントには「〇〇硝子」と名前が入ってたりする。技法も違うから、江戸切り子やバーナーやサンドブラストといった、それぞれの良さを楽しみ、堪能した。市松模様の江戸切り子も素敵だったけど、ちょっと惹かれたのが、やや小振りの黒い花器。これにどんな花を活けたらいいかなぁ、案外素朴な野草でもいいかもなーと夢想したりしてね。花器や食器だけでなく、“これはどうすればいいの?”みたいなのもいろいろあったな。

何も買わなかったけど存分に楽しんで、最後にまたぴーどろねずみサンに挨拶しに顔を出し、『お構いも出来ずすみません』みたいなこと言うので、『別にねずみサンの顔を見に来たわけじゃないし』と言って軽く凹ませてしまったけど、最初に顔出したときに『何でまた来てるの?!』と言われて軽くショック受けたんだからオアイコだわよ、ふふん。
帰りもスムーズで、駐輪場に着いたのは余裕の4時20分。2時にウチを出て4時半には帰宅し、珈琲片手に部屋に戻って再び「ちぎちぎ」に没頭した。夕飯には野菜炒めを作り、さっさと片付けてさらにちぎり、10時過ぎに「こまいモノをちぎりすぎて手の甲がつりそう」な事態に陥ったので本日分は終了とした。どの道、今日で文字ちぎりが終わるとは思ってなかったのでいいのだけど、苦心してちぎった文字を“あと4枚これがいるのか…”てのとか、ちょっと気が滅入るな。

全然カンケイない話だけど、このブログのアクセス数。チェックするのも日課になってて、別にどーでもいいっちゃいーんだけど、「PCアクセス数」が109で「PC訪問者数」が144で、「今日の訪問者」が38、てのはどう受け取ればいいんだろ?普段はアクセスも訪問者もたいした違いはなくて、あんまり気にしてないんだけどさ。先月、アクセス数の不具合に関する記事が載ってて、それに対してつけられてるコメントが「もともとおかしいのにいまさら何?」だったから、そゆもんなのかーと思ってはいたんだけど。ま、この数字に携帯、スマホからのアクセス数は入ってないから、結局いつもどのくらいの人が読んでるのかなんてわかんないんだけどね。アクセスして読んでない人もいっぱいいるだろしね。
[PR]
by yukimaru156 | 2013-10-07 01:02 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156