長編漫画の限界 とジャガリコ とYGの身長 とコルクパネルの色貼り

ワンコのプクがあたしを起こしに来たらしーが、ぜーんぜん知らなかった…もっとも、ヤツは階段を昇れないので、YGママが連れてきたらしーけど。で、見慣れない光景にびびった(?)プクはすぐ戻ってしまったらしーけど。
みんなは朝食を食べ終えてたので、あたしだけ食べながらみんなとお喋り。YGは『ぎんぎつね』に夢中だった。ので、あたしもがんばって『ワンピース』の続巻を読む。どうも今日のうちに返さないといけないらしーので。いま70巻?だったかな。もーさ、こんなに長く続かれると「おもしろいと思うけどワケわかんなくなる」よなぁ~。『ナルト』もだけど、“それって誰だっけ”とか“こいつはどーしてこーなったんだっけ”とか、“そーいやあれはどーなってんだ”とか、もー多すぎて何を尋ねればいいのかもわかんない。長編漫画で楽しく読めるのって30巻あたりが限界だと思うねぇ。特に「借りて」読んでる本は。

今回のYGらの目的は「オトート1号の学習机を持って帰る」ことなので、既に中身をキレイにして外もキレイにして角っこを全部梱包しておいた机をえっさえっさと持ち出す。あたしではなく、1号とYGママが。ご苦労さまでした。
そーそ、ちょっとおもしろい話を聞いた。お菓子の「じゃがりこ」の秋限定さつまいも味、「さつまりこ」に熱湯を半分ほど注いでただひたすら「ぐちゃぐちゃとかき回す」と、何と「スィートポテト」になるのだそーだ!1号がYGに教えて、彼が試してみたら『美味しかった』のだそーで、ママも『まさかと思ったけどなかなかの味』と言う。で、YGはそれを友だちに伝え、「さつまりこ」が入手できなかったその友だちは「じゃがりこ」でやってみた。
『そしたらポテトサラダになった』
のだそーだ。いやはや何とも…『お菓子をぐちゃぐちゃにして、うえっ、て味ではない』そーなので一度試してみるかねぇ。しっかし、こーゆーくっだんないネタを1号はどこで仕入れてくるんだろーか。相変わらず妙ちきりんなモノを見つけてはママに『そんなモノ買いませんからね!』と怒られてるそーだけど。いつ会ってものほほんとしてるけど、そろそろYGの受験に備えろよ、1号。

そのYG、中1になっても相変わらずのチビ助で(137センチって、小学生と間違われても仕方ないのでは…?)、密かに気にしてるんだろーなー、と思ってた。違った。背は『伸びなくていい』のだそーだ。何でかっつーと
『整列すれば一番前、組み体操のピラミッドではいつも一番上だし、いろいろ得なことが多い』
から。女の子の方が身長が上でも『全然気にならない』し、『その方が便利なこともある』。う~ん…否定はしないけどねぇ。高いのと低いのとどっちがイイかなんてあんまり考えたことないし(自分も他人も)、無駄に気に病んだり、人のこと羨んだりするよりはいいと思うけどさ。どーなんだろ。ま、いろいろ得難い特質の持ち主であることは確かだわね。大物になってちょーだいね。

夕方には彼らが帰り、あたしは珈琲淹れて一服したあと、コルク地のパネルにせっせとちぎり始めた。5色の薄洋紙(この配色は昨日決めたのだけど、「茶系4色+1色」のこの「1」をどうするか悩んだ)をせっせとちぎりながら、ぎりぎりまで「白地にするかコルク地にするか」迷い、コルクにしたのは
「これに使わなかったら他の用途がない」
とゆー結論に達したから。あればあったで何かには使うと思うけどさ。

夜には無事、ボードの下地は完成。この配色でよかったのか?とゆー疑問は残るけど、始めてしまったからにはこれで最後まで行くしかない。明日…は無理としても明後日には何とかなる…といいなぁ。
あ、そだ!DM、無事に印刷されて届いた!MKのおかげでばっちしな仕上がり。ありがたーう!みなさんのお手元に届くのはまだちょっと先でしょうが、月内のうちにギャラリーさんには配布するつもりですんで、どこかで見かけたらよろしくです。
[PR]
by yukimaru156 | 2013-10-15 01:07 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156