井草ゴザをカーペットにする と最後のハロワ とちぎり文字直し

朝起きて、最初に見たのが昨日の絵で、奇跡は起こっておらず、“ダメだ、やり直そう”と唐突に思った。惜しいし悔しいけど、2枚も失敗を並べるわけにはいかないし。これはこれで、ぱっと見で文字は読めなくてもいいかなぁ、と思ってもいたのだけど。
いい天気だったので、まずは座卓の下の井草ゴザをホットカーペットに替える。と、カンタンに言ってもカンタンじゃないんだな、これが。まずは棚のチラシ入りの箱を全て引っ張り出して(全部でいくつあるんだ…大小で15はあるな)、棚をずらしてゴザをどけ、これはベランダに干して、カーペットを敷く。8畳の部屋に4畳半用のカーペットなんだから余裕で入りそうなもんだけど、そこはそれとゆーか、あちこち出っ張ってるのでねぇ。

ひーひーしながら片付けてひと段落ついたら1時を廻ってた。やばし!今日は最後のハロワの日なのだ。遅刻するわけにいかん。
失業保険をもらうためには、一定期間内に2回以上の求職活動をして、かつ「こんだけ活動してるんだけどまだ決まりません」という報告を、指定された日時に行かないといけない。これがないと入金してもらえないので、何があろーと出かけなくてはいけないのだ。
いちお、それなりのカッコをして(しなくてもよさげだけどねぇ)、スカートを履いた。う、うえすとがきつい!お散歩行ってるのに!ときどき行ってないけど。秋ってことだよなー、ごはん美味しいしな。いつでも美味しいけど。

受け付けは2時~2時20分の間で、2時5分に着。ハンコ探すのに手間取って冷や汗かいたけど何とか間に合った。ふぅ~。書類に不備もなく、滞りなく済んで、月末には最後の入金となる。これで個展までもたせないといけない。厳しいかなぁ~、何とかなるかなぁ~、ビミョーだなー、てところ。
あ、11月24日(日)、9月に台風襲来で中止になってしまった「国分寺ぶんぶんウォーク」のリベンジがあります、出ます!ここで稼げたら、ホントに安泰(?)なんだけど。告知はまた改めて。しかし個展10日前に出店だよ、個展翌日にはクリスマス展の搬入だよ?財布の心配より作品の心配した方がいーんじゃないのかね、あたし。

帰宅して、姪のHRがピアノの発表会でがんばってるとゆーので激励のハガキを書き(学校でコンクールの合唱の伴奏をすることになったのだそーだけど、課題曲を練習して伴奏希望者たちと競って見事決まったものの、課題曲が変わり、必死になって練習してたらまた変わって泣いてるそーなので)、それから「ちぎり文字のやり直し」。チラシの方は、紫の濃い夜景。あまりにもぎりぎりすぎるということもあって候補にしたもののやめたのだけど、また探すのもメンドなのと、これだけ色が濃ければ大丈夫だろ、てことで。
いや、ほんっとにぎりぎりだった…この前の遠景もかなり際どかったけど。モデルの肩が邪魔だ!とか、車高があと3ミリ、いや2ミリ低ければとか、車の広告なんだから夜景は二の次で当たり前なんだけどココロでぶつくさ。型紙は残ってるからちぎれるけど、同じ大きさにちぎっても重ねて貼ると見えるオソレがあるので、外周を1ミリだけ大きくちぎった。ちぎれるのよ、ミリ単位で。だから何だと自分でも思うけどもさ。

ただ、ちょびっとだけ大きくなったら、やっぱり不具合も生じたりするわけで(濁点の位置とかさ)、そのあたりをごまかすのにちょっと神経使った。穴とかねぇ。また多いんだ、穴が。「ぼ」「は」「み」「な」「る」…5文字か。こちらは前回のよりやや小さく穴をあけないといけないし、ズレててもいけない。うまくごまかしながら(15年やって、うまくなったのは「ごまかし方」と「自分の首の絞め方」だけだなー、とつくづく思う)、夜10時過ぎに何とか完成させた。させてから、“重ね貼る前の状態の写真かコピーを取っておくんだった!!!”と激しく後悔する。いいチラシだったのになぁ。陽の目見させてあげられなかったどころか、残しておいてやることもできなかったなんてごめんよぅ。
[PR]
by yukimaru156 | 2013-10-22 01:27 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156