半日お休みで髪染める

今日は半日お休み、と決めて、昨日の続きとしてパネルの下地を完成せさたあと、髪を染めに出かけた。これ、大体3ヶ月に1回くらいを目安に言われてたのだけど(ヘアマニキュアの方ね)、前回が4月なのでほぼ半年ぶり。もー、「髪を分けると真っ白」に近い状態だったので、どこへ出かけるのも帽子は必需品!だった。そーでなくても必需品だけどさー。(そーそ、土曜の古着回収が「帽子も可」なのでちょっと出すかと思って探ったんだけど、いざとなるとなかなかで…しかし秋冬帽子だけで65個ってどーよ?自分でもアホかと思うねぇ…被らなくなって久しいのもいっぱいあるんだから処分すりゃーいーのに出来ない。夏物の方がぐっと少ないので、3桁いきそーだった頃に比べれば少しは「処分した方」だと思うんだけど…)

カットのときはすごく混んでたりもするんだけど、今日は全然、だった。(そゆ日も多いらしい…カット690円だから、フル回転くらいじゃないと採算合わない気もするな) マニキュアが髪に馴染んでくれるまで待つこと2時間近く。その間にアシモフの「黒後家蜘蛛の会」をじっくり読む。確か全巻(5巻だか6巻だか)揃えたはずなんだけど、見当たらないんでよねぇ、4巻以降が。もともと揃ってなかったか、別のとこに紛れ込んでしまったか…探すのも億劫だなぁ。

買い物行って郵便局へ行って、それから荷物を置いてお散歩。夕焼けを見ながらてくてくしてたけど、今日のお散歩はちょっと短め。このままでは「半日休み」どころではないんではないか、とちと焦ってもきたので。
つーことで帰宅した5時過ぎあたりから、再びパネルに向き合った。今度の文字は36文字。せっせと下書きして、それからチラシ探し。
掃いて捨てるほど、売るほどあるチラシだけど、1枚のチラシで36文字全部をちぎろう、と思うと、でもってこの下地の色に合う色で、と思うとないんだな、これが…イイなと思っても大抵は(目測でだけど)ちょっと足りない。あるいは全然足りない。ホントは「これ、〇〇のところでしょう」とか、わかるのがいいんだけどねぇ。結局、淡い水色の空と白い雲、という、えらく無難(と思われる)チラシになった。これで貼ってみたら下地と合わなかった、色が沈んでしまった、なーんてことがないことを祈るばかりだ。
36文字全部ちぎって本日の制作はおしまい、とする予定だったんだけど、半分ほどのところでくたびれたのでやめた。まだ無理する段階じゃないよな、と自分にイイワケしたりしてさ。

染めたはいいけど、あたしの髪のクセは結構強いので、染めると少し収まるとはいえ、やっぱりちとうざい。いま伸ばしてるんだけどさ、髪。長くなるほどウェーブがきつくなってあたし的には見苦しい感じがしてしまうんだよねぇ。このまま伸ばすとどーなるのか、ちょっと試してみたい気もするんだけど。
とりあえず(金があってもなくても)、個展までにはやろう、と思ってたのでちょっとした気分転換にもなってよかったかな。
本日の夕飯は「レンコンにコンビーフをはさんで揚げた」モノ。味付けも何もナシで、ただちょっと厚めに切ったレンコンに粉まぶしただけなんだけど、さくさくした食感とコンビーフの味だけでなかなかの味わい。手間をかけず、シンプルだけど美味しい、てのは手間かけて美味しい、よりも嬉しい気がするのはあたしだけかしらね。でもさ、「手間かけたから美味しいのは当たり前」な気分になっちゃうから、手間かけず美味、はちょっとしたお得感があるよね。

明日は雨かぁ~。ほんっと、「秋がない」なぁ。秋モノのジャケット、全然袖を通してないんだけど。巷じゃみんなダウンだもんね。このま冬、なのかなぁ。ちょっとヤだなぁ。
[PR]
by yukimaru156 | 2013-11-15 01:53 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156