古着回収 と額縁屋の端材紙 とあんきも

朝、食事前に区の古着回収へ古着を出しに行った。45リットル袋3つで2往復。朝食抜きで行ったせいか力が入らなくてまいった。前回の5月ンとき、これでよたよたしながら走ってて、車を避けて縁石乗り上げた先にカン、ビンゴミが捨てられてて踏んづけてチャリごと転倒、出血、顎を強打、のち歯が欠け歯医者通い…とゆーアホを見たので今回は慎重に。つっても荷物は変わらないからまた同じことやらかすキケンはじゅーぶんあったのだけど、大丈夫だった。ま、そーそーはコケないやね。
ハハの健康診断の時間までに、てことで急いだのだけど、おかげでお布団干したり何だりしててもまだ午前中。(シーツを洗ったら、ここんとこだいぶ薄くなってるなぁとゆー箇所が裂けて穴が開いてた…ちっ、こいつも古着回収に出せばよかった) 

来週末の「国分寺くらふとまるしぇ」での出し物を点検、クリスマスグッズやら豆本やらを揃え、あんまりいい天気だったのでチャリで永福町の額縁屋へ行くことにした。
セカイドでも再生紙ハガキを取り扱わなくなってしまってので、最後の手段(てわけでもないのだけど)でここの端材を購入。数種類のハガキ大の紙が1束100円。何枚入ってるのかなぁ。店主に聞いてもわからなかった。たぶん、5、60枚は入ってると思う。を、3束。
通常のケナフハガキはセカイドでまだ扱ってるからよいのだけど、ミニカードは困る。既にこのミニカードは手持ちの紙で制作済みだからよいとしても、卓上カレンダー用の紙がなくてね。あんまり色が濃かったり、紙が薄すぎたりすると困るのだけど、たぶん大丈夫でしょう。買うのは初めてではないし。しっかしこの店、ずーっと昔からあるけど、商品(額)はごちゃごちゃだわ、ホコリ被ってるわ、店内は薄暗いわ、でよくやってけてるなぁ~と思う。100円束を物色してたとき、やたら『安いでしょう』と連発してたけど、これだけ売れてもタカが知れてるよねぇ。ここがなくなったらどーっすっかなと思ったけど、人のこと言えたモンじゃないよな、と思ったりした。

帰りは下高井戸で夕飯の買い物。ここの商店街の魚屋が9周年感謝セールとかでいろんな鮮魚がお安くなってた。ハハに任されてたので、まず「あんきも」を580円でゲット。好きなんだよぅ、これー。もーいくらでも食べられる。フツーは酒呑みが好むもんらしーけどね。あたしは酒はまるで飲まないけど酒呑みが肴にするモノは大抵好きなのだ。(なので飲み屋で困ることはあまりない。やたら酒類が充実して肴があまりない、て店は困るけど) ま、それはそれとして、有頭エビが1匹150円、8匹1000円で、ちょっと迷って3匹。それと戻りかつおのお刺身。
で、よっしゃよっしゃと帰宅して冷蔵庫に入れようとしたらば、あんきもが「皮はぎ」に化けてた!何てこったっ!!あのばーさん間違えたな!ハハは『いいわよ、それで』とゆーのだけど、あたしがヤだ。値段一緒でもあたしの気がすまない。つーことでまたチャリを出して魚屋に戻った。夕焼けの街を走りながら、今日は1日チャリに乗ってるなと思った。古着回収て2往復、永福町までと、そこから自宅まで、んでまた下高井戸まで戻る、なんてな。(余談だけど、下高井戸の踏み切りは朝夕のラッシュ時は「開かず」になる。以前はそんなことなかった気がするのだけど、どーもダイヤ改正してかららしい…狭い道路に車も人もいっぱいになって連なり、4台通過後、さらに2台来るのがわかって引き返して地下道を通って渡った。(チャリ担いで階段降りた) 行きも帰りもこんなじゃやってらんないよ。ダイヤ改正前には戻れんのか、KO線さんよぅ)
すだちポン酢で食べるあんきもはさすがに美味く(苦労したから余計だ)、塩振ってフライパンで焼いた有頭エビも素晴らしく美味くてシアワセ。頭からばりばり皮ごと食べて、1匹で魚1匹分の食べ応え。確実に太ってるよなー、あたし。あ、でも今日は結構カロリー消費したよな。

帰宅してからちょっとチチとひと悶着(てんで自分から動こうとしないので強制的に体操させた。つか、「体操」にはならなかったのだけど)、机に向って落ち着けたのは夜になってからだった。午前中にBQ殿から届いたマンガを読んじゃったりもしたからだけどさ。
パネル12枚の4隅の「後始末」にたっぷり2時間半かかり、それでもまだ途中。やれやれ。明日は来週1週間の脳内予定をきちんと組まなきゃだなー。
[PR]
by yukimaru156 | 2013-11-17 02:31 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156