チチの呼び出し とカレンダー何とか完成 と金魚の放流?!

昨日、ちぎっておいたカレンダー用のパーツを今朝から貼ってたのだけど、多すぎたり足りてなかったりでイライラした。昨夜(ブログ後)、数えながらちぎってる最中に3度もチチに呼ばれたしなー。最初の1回はトイレでハハを呼んでこと足りたけど、あとの2回はよくわかんなくて(困ったことにチチにもわかってない)、でも適当にひと言二言会話して『じゃあね、おやすみ』とゆーとあっさり『おやすみ』ですむんだからかあいいもんだ。深夜に奇声を発するとかさ、徘徊しちゃうとか(知人の親御さんはさらに大変なことにここに「ピンポンダッシュ」が加わった)、そゆことないもんね。それだけはカンベンしてね、と言ってるのだけど、まぁこればっかはね、本人の意思とはカンケイないことだから。朝になると深夜の呼び出しなんてすーっかり忘れてるし。(つまりただ寝ぼけてるだけなんだよね)
とりあえずチチの足はだいぶ動けるようになって、いまだにむくんでるけどちょっと引いてきたし、今日来たリハビリのセンセも『すごくよくなりましたね!』と喜んでくれた。毎日マッサージと歩行訓練に付き合う甲斐もあったとゆーもんだわ。

カレンダーは「あとは貼るだけ、文字を書き込むだけ」なんだけど、丸1日かかった…何かしんどかったな、今回は。特にいつもと何が違う、てこともないはずなんだけど。半分はちぎり数字とちぎり文字のコピー、もう反面はナマちぎり、なんだけど、何がこんなにしんどかったのだろう?も、ホントに「このカレンダーはこれで最後」とさせてもらおうと思った。来年からはやめるか、違う手法でやるかのどちらかにさせてもらうつもり。ということで毎年買ってくださってるみなさん、ごめんなさい、ご了承ください。

えーと、制作のチチの介護だの愚痴だの制作話だの書いててもしょーがない気がするので、先日ハハの友人から聞いたオドロキ話を。
ハハがメダカを飼ってる、て話から、友人のSKさんが『ウチは金魚を飼ってたけど、大きくなりすぎてしまったので捨てた』と言い、『捨てたってどこに?どうやって?!』とびっくりした。(あたしは一瞬殺生したのかと思ってびびった) SKさんいわく、その金魚は7年前にお祭りで手に入れたものだけど、年々大きくなり(合わせて水槽も大きくしてたけど)、これ以上大きな水槽にするわけにはいかない、水槽の手入れもできない、ということで(ここは老夫婦2人なのだ)、『主人に車を出してもらってどこかの川に捨てた』のだそーだ…祭りで買ったミドリガメとかはでかくなるし凶暴だから捨てないで、みたいな話は聞くけど、金魚ってどーなんだろう…?やっぱり何かの違反になるの?ちなみにその金魚、7年で30センチになったんだそーだ。30センチだよ、30センチ!既に「金魚」じゃないよね?!確か金魚って成長すると「先祖返り」して「鮒になる」て聞いたことがある気がするんだけど。(誰か知ってたら教えてください)
で、どこの川に捨てたのかと聞いたら、それがよくわからない。まぁ、この辺りだったら神田川か目黒川あたり?なんだと思うけど、そーいや神田川って結構いっぱい鯉が泳いでるよね。あれってさ、昔からいるの?誰か放流してるの?まさか昔の夜店の金魚じゃないよね?う~ん…何かこの話を聞いていろいろ考えてしまった。そのどこぞの川で順調に生き延びたとしたら、どこまで成長するのかなぁ。その頃には立派な鮒になってるのかなぁ。天敵とかっているのかしらん。

さーて、今夜も「呼び出し」に備えても少しシゴトしましょーかね。「サユキノコトノハコ」は5つが限界かも…いちお、パーツは買ってきてあるんだけどね、100均で。
[PR]
by yukimaru156 | 2013-11-29 00:57 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156