いきなり次のバイトが決まる

昨日、スチロールカッターについてホメちぎったけど、その後使おうとしたら電流が通らないのか全然熱くならないで、スチロールが切れなくなってしまった…何なんだ!ものすごーく電池を喰うのか、はたまた100均の電池そのものが悪いのか(悪いって話だわね、すぐ切れるとか)、ともかく“何だよ、ちぇっ”だったのだけど(でもあらかたカットし終わってたのでよかった)、今朝になってまた試したらちゃんと動いた。何だったんだろな。もう用は済んでしまったのだけど。
この展示でリベンジしたいと思ってた、スチロールモビールは無理だった…ちきしゃう!出来る予定だったんだけどなぁ~。

昼に、歩いて10分かからない、動物病院のAMセンセ(かれこれ15年以上は付き合いがある。ペットを飼ってないのでそっちで世話になったことはないのだけど)と、近場でランチの約束で、まずはその時間めがけてがんばってあれこれやった。こゆささやかな予定があると“この時間までにこれを終わらせる!”という励みになっていいやね。
ぱぱっと身支度を整えて(ずっとウチにいると何とまーカッコがいい加減になることよ!)、病院から1分とかからないちっちゃな惣菜屋でランチ、となった。開店したのは2年前くらい?かな。お惣菜を売ってるだけじゃなくて食事も出来ることは知ってたのだけど、テーブル3つで6人しか食べられないので満席なときが多いらしい。入れてラッキーだったのかもしれない。
メニューは2つ、「本日のパスタ」と「短角牛のカレー」のみ。パスタは今日は鱲(からすみ)だとゆーのでそれにする。美味しかった!今度はハハを連れてこよう。何てったって歩いて10分だ。

で、AMセンセと「こんなに近所なのに全然会わないね」とひさしぶりの再会を楽しむ。先日(徒歩で)投函しに行ったDMに「3月でそば屋を辞めたので個展後は職探しです」と書いたのね。そしたらいきなりこーきた。
『その職探しの中に動物病院という選択肢はアリ?』
いやー、考えたこともなかったですよ、マジで。いつも大変そうだなー、とは思ってたのだけど。ちっさな病院だけど評判はよくて、イヌネコ連れた人が遠方からも来たりもする。常時何人かのスタッフ(女性ばっか)を抱えてて、ハハたちと『AMセンセはすごいねぇ』と感心してたのだけど、その中に入ることになろーとは…。
聞くところによると、週3日、病院が閉まったあとのカルテ整理や掃除その他の雑用として(つまり1、2時間あまり)、1人欲しいのだそーだ。
『募集しなきゃと思ってたんだけど、誰も知らない人を入れるのもちょっと嫌だし、雪丸だったらKDセンセも知ってるから嬉しいしありがたいんだけど』
てことでいきなり決まってしまいました、バイト。これから年末にかけてが特に忙しいそうで、いますぐにも来て欲しそうだった。もちろん「個展後」なのはセンセもじゅーぶん承知してるけど。ちなみに時給はそば屋と変わらなかった。
まー短時間だし、これだけ、てわけにはいかないだろーけど、とりあえず年内はこれだけ、だわね。

食事後はすぐ解散した。(天気のいい土曜は病院はすごく混むのだそーだ。センセの自宅は病院のすぐ近くなんだけど、急な呼び出しもしょっちゅうで『どこかへ遠出しない限り休むことは出来ない』と言ってた…身体壊さなきゃいいけど)
持参する作品を引っ張り出したり、ちょこまかと雑貨の補充制作したり、「あとは目を入れて防加工するだけ」のくりくり星人に目を入れたり。ンなことしてるうちにあっちゅー間に深夜。うぅ~、何かいろいろ取りこぼしてる気がしてこあいなぁ。ホントに大丈夫なんかなぁ。

しかしそば屋のときもそーだったけど、あたしが仕事を決めるときって何つーか「即決」だよな。何でだろ。熟考とかしないでいいのかね。う~ん。ともかくいまはそっちのことは考えられませーん。
[PR]
Commented at 2013-12-02 04:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by yukimaru156 | 2013-12-01 02:00 | そんな1日 | Comments(1)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156