くるみギャラリー在廊 と「ちぎり屋」看板の行く末

昨夜は遅くまでえらい土砂降りだったので、いくら最近お散歩してないとはいえ、こりゃーギャラリーに顔を出すのはちょっとしんどいかもなー、と思ってたのだけど、起きてみたらピーカン。おおー、素晴らしいな!とほくほくして、ハハが朝イチで1人で映画に行ったので(西田敏行&T・リー・ジョーンズの『ラストエンペラー』。どーしてもCMを思い出してしまって真面目に観られなかったそーだ…かあいそーに)、ギリギリまでハハを待ったあと、11時過ぎに出かけた。

青空が澄んでていー天気だったのに、国分寺に着くと空はどんより、そしてぱらぱら…念のため傘を持ってきてよかった。お客さまも数名いらして、ここでちゃんと接客すればよかったのだろーけど、そうはできず(自分のアホタレ)、あれこれお買い上げいただいたのにあたしのはゼロ。お客さまたちが引けたあと、オーナーが
『今日の売り上げはこれでもういいわー』
などとゆーものだから、それからぴたりと客足が止まり、『ヘンなこと言っちゃった…』と頭をかいてた。

今回、あたしの作品は坊主に等しいよーな状態で、いくら個展の燃えカスとは言え(でも個展と並行して作ってたのだから「燃えカス」ではないのだけど)、この調子では交通費にもならん。反省したと同時に、思った。

   もうクリスマスだからってクリスマスものを作るのはやめる!

クリスマスだからクリスマスっぽいものをとか、そゆことはもうやめる。カードも含めて、巷にこれだけグッズが安価で溢れてたら、ちょっとやそっとの「惹き」では売れない。ましてや額モノなんかは特に、だ。
個展のときもいろいろ考えたけど、自分が何を作りたいのか(まーはっきしゆえば「売れるモノが作りたい」だけどさ)、どう活動していきたいのか、そゆことがわかんなくなってきてるんだよね。個展であれこれ作りながら、その答えが見えてくるかもとちょっと期待したんだけど、結局わかんないまんま個展を迎え、そして終えてしまったな、てのが正直なところ。このままぼーっとちぎってても答えはわかんないだろーな。で、どーするか、だぁね。教室やりたいとも思わないし、百貨店ワゴンに出たいとも思わないし、自分の店を持ちたいとも思わない。じゃ、何でちぎってんのかとゆーと、「ちぎってるのが楽しいから」で、「それを続けるために売れて欲しい」てとこに落ち着くんだけど。むむぅ。何だかいつも堂々巡りをしてる気がするなぁ。
「ちぎり屋」の看板をおろさずに、「何か違うこと」をしたいと思うのだけど、あれこれちぎり尽くした感もなくはなく(それってすごいことだ、とオーナーに言われたけど、そーは思わんねぇ。出来ることが限られてるからじゃないのかね)、何かしばらくはこのまま低迷状態が続きそうな嫌な予感…こんな気分で年越したくないけど。

全然別の話を。
こないだ映画館に行ったとき、『黒執事』の予告を観たのね。ヒロ主演は知ってたけど(まぁいろんな噂もちらほら)、そこにゴーリキが絡むとは知らなくてちょっとびっくりした。「ぼっちゃん」を演じるのではなく、復讐のために「男装した令嬢」てとこらしい…どーでもいーことなんだけど(そもそも時代設定から何から別モノだし)、もっと眼力(めじから)のある子の方がいいんじゃないのかなぁ。かつて天才子役と呼ばれてた頃の神木クン(いまは立派な青年ですが)くらいの子がやった方がしっくりくる気がする。
このマンガ、しばらく買ってたけど、なかなか決着がつかないので売っ払ってしまった。最終巻だけ読みたい気もするけど、まだしばらくは先そーだぁね。
あ、104巻まで続いた『あぶさん』が終わるのだそーで!遂に完結かぁ~。そー思うとちょっとだけ感慨深い。ちょっと読み齧ってたくらいだけど。これだけ続くと「幕引き」にも労力使うだろーね。

個展終わって早10日。ゆっくりしたよーな、全然そーでもないよーな、だけど明日から新バイト、です。報告をお楽しみ(?)にぃ~!
[PR]
by yukimaru156 | 2013-12-21 01:26 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156