『ペイチェック』 と作家出納帳 と賀状印刷

昨夜は“何か映画でも観よう!”と思い立ち、最近SFばっか読んでる気がするので(ンなこたーないのだけど)、何となくSFを選んだ。2003年、ジョン・ウー監督の『ペイチェック 消された記憶』。えーと、どーだったか、とゆーと何だかすごく無難?とゆーか…何がよろしくないのかよくわかんないんだけど「フツー」だった。ジョン監督だからSFとゆーよりアクション映画に近いことは譲るとして、P.K.ディックがこれ書いたころにとっては「まったくSF」だったのだろうけど、いまはそーでもないから、なのかもね。
巨大企業が開発する技術の機密保持のため、関わった技術者の「その記憶」だけ消す、てのが常態となってる(?)「現代」で、関わった3年間だけすっぽりと記憶が欠落してる男が、ごたごたに巻き込まれて、失われた3年間を探す、て話。手がかりとなるのは、ガラクタ同然のアイテム19個。それを使いこなして真相に迫る、てことで、それなりにスリリングだし、脚本もまぁよく出来てるし、退屈しないのに何だろな。ソツがなさすぎ?B・アフレックがあまり好きじゃないからかなぁと思ったけど、そーでもなさそだし。ユマ・サーマンはかあいかったけど。(『キル・ビル』が観たくなった)

ま、そんなんで寝たのは5時近く。チチがテレビのある部屋の隣室で寝てるので音量にはかなり気を遣い(爆発シーンとかさ、派手なドンパチだとでかいじゃん)、そのせいもあってやっぱ映画は観づらいなぁと思ってたら、ぜーんぜん気づかなかったらしい。なーんだ、も、気にしないで観ることにするかな。

この2か月分くらいの「作家出納帳」をサボってたので、せっせとレシートより分けて、電卓ぱちぱち。個展のページは、「いつ売れた」ではなく「何がいくつ売れた」かを書いてるのね、いつも。カードは合計何枚だとか、絵本は何が何冊かとか。で、これらの合計と個展のときの6日間合計とが、なんっっっかいやっても合わないのよ!もー自分でもキレるかと思うくらいムキになっちゃって、誤差100円まできて諦めた。疲れた、すごく。この1年のトータルでいくと(まだ「クリスマス展」が終わってないけど)、ちょびっとマシ?…いや、そーでもないかな、やっぱ「どっこい」くらいか。
個展のカテゴリでは「カード」「フレーム(今回は1500円均一)」「絵本」「雑貨」「限定品」の5種に分けて書いたのだけど、この5つのどれが最も売り上げイイと思います?あたしが一番苦しいと思うとこなんだけど、これら5種、
「売り上げはほぼ一緒」
なんすよ。プラマイ3000円未満てとこかな。もちろん価格は全然違うんだけど、売れる数も違うから、価格としてはみんなほぼ拮抗してる。これがさ、例えば絵本だけすごく売り上げが悪いとか、カードが全然売れないとか、そゆことだと“えーい、もーカードやめちゃえ!”となれる(?)のだけど、何だかねぇ…「ちぎり屋」は、来年どー行くのがよいんでしょかね。そんなこんなもあって賀状に書く抱負も思いつかないわ。

出納帳のあとは、その賀状。はーあ、トシオンナかぁ~と思いつつさくっと馬ちぎって、これだけ印刷。毎年「いじってたら何となく出来た」ので、いまだにどこがどーなってるのかよくわんないまんまなんだけど。(それでも去年のことを思い出せずにちと苦戦した) そんでそれからリョーシンの分。こちらは文面アリの両面。終わったのは1時過ぎ。何か掃除の「そ」の字もないまま、1日が終わってしまった…てゆーかする気あんのかね?あぁ、それより本を片付けないと!
あ、そだ。オトート1号が車買い替えたってね!とハハに言ったらば、『そーよぅ、見せに来たじゃない、乗ったじゃない』と言われてしまった…そーだった、ごめんね、1号。すっかり記憶から消えてたよ、ははは。
ともあれ明日はイヴですね。いい1日過ごしてください、みなさん。
[PR]
Commented by 花車 at 2013-12-25 00:14 x
沢木さん聞きながら読んでいます。個展お疲れ様でした!!
Commented by 雪丸 at 2013-12-26 01:31 x
花車さん、こんにちは!そーでした、イヴの夜は「沢木さん」なんですよね~(^^) あの声聞いてるとクリスマスと年末気分がじわじわと押し寄せてきますよね。
個展ではありがとうでした。カラダに気をつけていい年の瀬を迎えてくださいねー。
by yukimaru156 | 2013-12-24 02:17 | そんな1日 | Comments(2)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156