見つけたっ! と本全品半額だけど巻抜け

今日はいろいろ書くことあんだけど、まずはこのひとことに尽きるでしょう。

   失くした手袋の片方、あったーっ!!!

あったよ、ホントに出てきたよ、手袋!遠慮なく叫ばせてもらうよ、あたしってすげぇ~っ!!!
お気に入りのこの黒いふかふか手袋、失くしたことに気づいたのが水曜の夜。木曜は半日歩き回って見つけることができず、かなり凹んでた。どーぶつ病院近辺は特に集中的に探したのに見つからず、それでも「あたしは失くしたモノが出てこないことの方が少ない」と自分に言い聞かせて本日。朝からバイトで(いやぁ、ちょっといい天気だとわんこにゃんこの来院の多いことと言ったら!『ごめん、ちょっと来て』に応えて診察室に入ること3度4度5度…わんこの尻抱えたり足押さえたり抱いたり、はたまた最後にはわんこをチャリの後ろに乗せるべく中型犬を抱えて外にまで出た)、昼に帰宅。入れ違いにハハが出かけたのでチチのリハビリ体操に付き合いながら、ハハが戻ったら今月末で閉店のB・オフまで行くかなー、とか思ってた。

そのハハから『同じ手袋が30%オフで2300円で(あたしもその値段で買った)、でも黒がなくて茶かベージュしかないけどどうする?』という電話。あとで自分で見に行くからと断って(正解だ!)、夕方、B・オフへ行った。
「本全品半額」だった…105円の本、コミック含む、だ。さんざん見送ってきた、高橋ツトムの「士道」を買うつもりで行ったのだけど、まさか半額にまで落ちてるとはね。んが!狙ってたこの「士道」、巻抜けもいーとこで、全22巻(?)のうち、あるのは1、3、4、5、8、16巻。「毎月29日はコミック20%オフ」のときは確かほぼ揃ってたのに。悔しい。ちょっと迷ったけど105円の半額だからとりあえず買っとくか、と購入を決め(これまで見送ってきたのは値段ではなく「置く場所」だったのだけど、それはまた考えることにした)、でもこんな巻抜けだけ持ち帰っても今日読むモノがないのはちと淋しいなと思って、しばし店内をうろうろ。

でもないんだよね、あ、これ読みたかったんだー、てのが。先月ちょっと気になった「亜人」なんかどこにもないし、複数巻あった「鬼灯の冷徹」も1冊もないし、あったら105円でなくても買うつもりでいた「さよならソルシエ」もない…んーむ。どーせなら、読んだことない人だけどイイという評判を聞いたとか、ぱらぱら見ておもしろそーだと思うのとか、そゆのを買おうと思うのに、ない。そーいや「信長協奏曲」てなかなかイイという話だったな、と思ったんだけど、結構な巻数だったのでやめた。こういうときに「知らない漫画家だけどアタリ」な人に出会えると嬉しいのになぁ。
結局、これまで何となく見送ってきた、オノ・ナツメの「ふたがしら」を2巻買った。こちらは1冊350円。(わかってたけどアタリだった。ペンと墨で描かれてるのに切り絵のようなシャープさと「間」が素晴らしい) いま何巻まで出てるんだろ。ちょっと調べるのがこあいな。今回、計8冊買って、先月のときのチケット150円分を使ったので出費は515円。いい買い物だ。レジで、この半額セールはいつからやっているのかと訊いたらば、2月初旬からだと言う。『じゃあもっと早く来たらもっといいのが揃ってたかもですね』と言ったら『まだ1週間ありますからまたご来店ください』と言われた。うん、行くだろね、他店からどんどん補充してるとゆーしね。レジ終えて帰路につきながらふと、“1月29日に2割引で買った本は、あと1週間待てば半額になってたってことか…”とちょっとフクザツな気分になった。たかだかン百円なんだけどさ。

頼まれてたたい焼きを3つ買って、コンビニでけーば新聞を買うべく、さーてどの道から帰ろーかーとチャリを走らせてて、どーせならダメモトでまたどーぶつ病院近くを行くか、と廻って行って、で、見つけたのだ、手袋を。昨日までに(バイトの往復も含めて)少なくとも5回は探してる歩道に落ちてた。病院の2つ隣の花屋前の側溝で。花屋はとっくに閉まって、周辺も静かで暗くなった6時過ぎに。見つけた瞬間、ちょっとどきどきした。あったあったー、やったやったー、とほくほく顔で帰宅し、ハハに告げると、『すごーい』と連発したあと、
『きっと一生懸命呼んでたのよね。雪丸ー、ボクはここだよー、見つけてー、って』
うんうん、見つかってくれてありがとう。明日は相棒と一緒にキレイに洗ってあげるからね。
[PR]
by yukimaru156 | 2014-02-22 01:52 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156