ゴミ以上お宝未満の山

あたしは睡眠時間が1、2時間でもとりあえず起きることは出来る。んが。珈琲を飲むまではしゃっきりとはいかず、ふらふらしてる…気がする。大抵は「起床、着替え、洗顔、朝食(パンと珈琲)」の順だから、寝ぼけて何かやらかしたとか、そゆことはあんまりない。でも最近、「起床、チチの起床、チチの着替え、チチの洗顔、そしても一度寝る」とゆー順番になってるので、チチの一連の手伝いの間は「起きてるけど起きてない」状態のよーだ。まだ何かをやらかしたわけではないのだけどね、2度寝したあと、“しまった、今日はチチの起床の手伝いをハハにやらせてしまった!”と飛び起きて、それから“…いや、ちゃんと手伝った、そんでまた寝たのだ”と思い出した次第。

ハハがトイレに起きる午前3時~4時あたりまで起きてて、ディに行く日は7時~8時、でなければ9時前後にチチを起こして仕度をさせ、さらに2、3時間寝る、という日々を過ごしてるわけだけど(つまり合計では6、7時間前後は寝てる)、どの比率が一番ラクなのかまだよくわからない。「2時間、5時間」か「3時間、4時間」か「3時間、4時間」くらいなんだけど、後者が長い方がラクみたいだなぁ。とは言え、そーすると何かすごく1日を損した気分になってしまうのだけど。
チチがひとりでトイレに行けて、着替えが出来れば一番なんだけどねぇ。なかなかそれは難しい。もっとも、40分弱かかってた仕度は、いまは30分程度になったので、何とか自力で出来るように…はならないかな。

チチが出かけ、次いでハハが出かけ、1人でゆっくり朝食してからまずはチラシ整理の続き。箱3つ潰せたのだけど、“これのどこが減ったとゆーのだ!”と自分で突っ込むほど見た目何も変わらない。「目に見える成果」て難しいねぇ。
それから震災支援として寄付する本をまとめたり、納戸をちょっと整理したり。普段なら1時半には帰宅するハハが帰宅したのは3時近く。スポーツジム仲間とお茶してたら遅くなったよーだ。ついでにゴハン食べてこればよかったのに。
キムチ&韓国海苔チャーハンを作り、一緒に食べながら「ウチん中の不用品処分」の話をする。(ジム仲間にさんざん『ムスメさんのためにも早く処分しろ』と責め立てられたらしい) 介護ベットを入れるなら「桐の箪笥3棹を処分しなくては」て話から(そう、ウチにはでかいのが3つもあるのだ。中身はばーさまの着物。これでも着物は相当処分したんだよー。チチが某テレビ局勤務だったので、そのツテでやって来た衣装部の人が嬉々として山盛り持ってった)、でもその前に箪笥の上の人形ケースだよね、て話になる。ぬいぐるみなんかはいっぱい処分したけど、この人形ケースの中身は手付かずのままなのだ。ばーさまが作った、高さ30~40センチはある日本人形がざっと1ダース。たぶん、歌舞伎なんかをモチーフにした、それぞれ名前のある人形たちだと思うのだけど、どれが何やら全然わからん。わかる人にはわかるんだろうけどねぇ。これは処分する前に写真撮っとこ、と決めたらちょっとだけラクな気分になった。処分と言ってもゴミとして捨てるんではなく、こいつも寄付にするつもりだし。

てなわけで、夕方は桐箪笥と人形の処分方法を調べたり何だりしてた。ハハと『今年はいろいろ処分の年としよう』てことで合意する。雪丸ンちの「不用品」て、こんなのはほんの氷山の一角、だからさ、ともかくこつこつと山を崩してく以外にないんだよねぇ。ゴミとしてばばーっと捨てられたらいいのかもしれないけど、それをするにはちょっと惜しいモノばっかだし。ゴミ以上お宝未満、てヤツだね。まーほとんどゴミなのかもしれないけど。
今日のバイトはちょっぴり早く終わった。だからって早く寝られるわけではないので、また何か映画観るかな。それより未見のドラマを片付けた方がいいなぁ。
[PR]
by yukimaru156 | 2014-02-26 01:14 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156