高円寺に納品 と「バビル2世 ザ・リターナー」

やっぱ木、金曜はつらいなぁーと思う。どっちも睡眠が4時間くらいしか取れないからなんだけど、それならそれでお昼寝時間取ればいいのにね。何だかんだでできないのね。その他の日はバイトが夜だから遠慮なく(?)2度寝してるんだけど。
てことで、今日の朝バイトのあとは、高円寺へ納品&集金。いい加減、動きの鈍いモノをさげようと思うのだけど(あまりにも古くてちょっと恥ずかしいのだ…)、『スペースあるし、まだいいですよ』と言われると、そうですか、すみません、て感じで引き下がってしまうのよね。

駅に停めたチャリは「最初の3時間無料」なので、往復3時間!を自分に課して、納品後はそそくさと吉祥寺のB・オフへ。目当ては105円の、「士道」と「バビル2世 ザ・リターナー」の、抜けてる巻。どれだけ揃えられるかなぁと思いつつ棚へ直行したら、「士道」3冊、「バビル」1冊、の4冊しか手に入らなかった…残念。だけど、このくらいでちょーどよかったのかもしれない。いきなり10冊以上ゲットしてしまったら、帰るのがきつかっただろーし。
案の定、頼まれた買い物を済ませたらえらい荷物になって、睡魔にも襲われてつらかった。そーそ、駅のきょーだるで「手巻き寿司1本99円均一」てのをやってて、思わずハハに電話したら『6本お任せ』とゆー返事でそいつも買ったからな。おまけにこれがちょっと行列してて、“やばい、もしかしたら3時間内に帰れないかも!”と焦ったりしたんだった。結果は5分前に無事出庫。よかったよかった。

帰宅したのが6時で、それからチチのリハビリ。さすがにしんどかったのでやりたくなかったけど、やらないと自分じゃ絶対やらないし、特に金曜ってのはディも在宅リハもないから、ずーっと炬燵で丸くなっててカラダ硬いわ頭ボケボケだわでこっちがキレてしまうんだよ。
終わったら夕飯で、睡魔と格闘しつつ食事し、やっと部屋に戻れば、出かける直前までわたわたと梱包だの何だのしてたせいでどっ散らかり状態…うんざりしつつ、「読みたい」と「寝たい」とを天秤にかけ、「バビル」1冊だけ読んで、1時間だけ寝た。

さてこの「バビル2世 ザ・リターナー」。1巻末に横山光輝の「バビル2世」とその続編「その名は101(ワンゼロワン)」についてちょっと触れられてるのだけど、本編読むとわかんないことも結構あってむむむ、だ。どうやら「3つのしもべ」は「異星人」らしく、はてと思いつつまーいーか、で読める。ヨミが出てくるのも想定内のうち。(えらい若くてびっくりだけど) 問題は、アメリカvs古代バビロニア(バビル2世)という図式に対して、アメリカ国防長官がヨミに先に接触し『何もするな』と言い、ヨミが
『それはできない。私は彼に借りがある』
などとのたまうところ…借りってどんな借り?てことはヨミはバビル2世側につくんか?いまのところ「ヨミはおもしろがってこの対決を見てる」くらいだけど、ちょっと手を貸したりもしてるし、アメリカは容赦なくヨミにも攻撃しかけてるから、どーなってくのかしらね。

横山光輝の絵とは全然違うのはいいとして、ポセイドンやロプロス(核攻撃されて死んだはずらしいが見事復活!)の造形がまるで違うのも許せるし、日本の官房長官がバビル2世寄りで、アメリカの軍事攻撃に「NO」を突きつけるのも目新しくてよいのだけど、でもってロデムの人間型が妖艶な美女ではなくフツーの好青年ぽいとこも悪くないのだけど、許せないのが

  ロデムは料理が下手

が許せない自分は何なんだ?!と思いつつもやっぱり許せない…だってさ、忠実な下僕であり、主の盾となることを厭わず、常に傍らに立つってのは、もーまるっきり「執事」じゃないの。それで料理が下手ってどーよ?
『人間になるのは40年ぶりなんでカンベンしてください』
って言われてもなぁ~。
あとがきによると、このロデムを男にするか女にするか、作者は相当悩んだらしい。背景も台詞も全部書き込まれてもその人物部分だけ、最後の最後まで白紙だったそーだ。で、何で若い男にしたのかは不明。当節流行の執事っぽくしたかったなら料理下手はアウトだし、フジョシに萌えてもらうなら尚更アウト、な気がするんだけどねぇ。つーか、本編に何のカンケイもないとこでどーしてこー突っ込まねばならんのだ、自分。別にこの2人に萌えたいわけじゃないのよ、ホントに。
[PR]
by yukimaru156 | 2014-03-01 02:53 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156