桐の箪笥の中身 とビタミンTeeの精算

いまさっき、風呂上りのチチにちょいキレてきたところだ…ハハはとーに匙を投げ、気は滅入る一方。「なぜその言葉が理解できないのか」ホントに判断に苦しむ。『杖を出して』って、もーそれ以上噛み砕くこともできないほど単純な言葉なのにね。まいったなぁ。調子いいときは杖なしでも何とか歩いてるくせに、両手で何かにしがみついて足をすくませてしまうこともある。単純に怖いからだ、とわかってるけど、それでは一歩も進めないじゃんか。ちょい寝不足もあって、夜にはイライラしてしまうのかもなぁ。

青空が拡がってたのでお布団出して洗濯機がらごろ廻したんだけど、結構風が強くて失敗した。もーちょっとぽかぽかになると思ったのに。
震災支援の本、ダンボール1箱を出したのでちょびっとだけ納戸が広くなり(つか足場が出来ただけだけど)、買取りに出す予定の桐の箪笥を開けることが出来た。(それまではモノがあれこれ多すぎて開けることすら出来なかったのだ) ばーちゃんの着物は思ってたほど入ってなくて、代わりに出てきたのが、ずーっと昔にハハが買って『若ムキで気に入らないからあげる』と言われたコートが2着。そーいやもらった記憶があるわ、と思ったけど、すーっかり忘れてた。つか、あたしはあたしで自分のコート着てるわけだから、いきなりもらっても着ないんだよ。
ハハは家電でも服でも鞄でも「ほぼ即決」の人だ。まーたまに迷ってたりするけど、あっさり買ってしまったりする。で、ちょっとしてから『やっぱりあんまりよくなかった、あなたにあげる』となるのだ。趣味がまるで違うってほどでもないからもらうこともあるけど、だったら自分で欲しい色や形を買ったよ、と思うこともしばしば。とりあえずこの2着は「あたしのもの」てことで着ることにした。ダウンではないけど軽くてあったかいし。
驚いたのが、それと一緒に出てきた、中学のころだかにハハが編んでくれた真っ赤なセーター。上半身に黒い格子柄が入ってて、当時はちょっとなーと思ったけど、悪くないかもしれない。まだ着てみてないけどね、着れるかもな。

引き出しに入ってたものは他にハハのジャケットとかだったのだけど、小物の類はぎっちり詰まってた…ほとんどがばーちゃんの扇子や帯紐をはじめとした小物(と思う。まだ箱を開けてない)、そしてじーちゃんのハンカチ手袋その他。ハンカチはみつこしの箱に入ったままの新品だったけど、ちょっと染みが浮いたりしてた。ン十年前のハンカチだとそーなるのかぁ。
先月の雑貨市のフリマで出して、かつ戻ってきてしまったあれこれを全部、某福祉センターのフリマ用として出すことにしたので(毎年やってることだけど、毎年何だかんだと出すモノがあるのはなぜだ…)、これらの整理がつけばだいぶここも広くなるだろな。

夜になってやっとひと息ついて、昨日のビタミンTeeでの精算をノートに書きつける。吉祥寺に移転して14ヶ月。この間、いくつかの企画展に参加したけど、それとは別にギャラリー内のショップに作品の委託もしていた。売り上げはその都度書き付けてたのだけど、トータルでどうだったか、を計算してみてちょっとショックを受けてしまった。14ヶ月分の売り上げ(企画展を除く)が、14ヶ月分の委託料をだいぶ下回ってたのだ。う~ん。「とんとん」か、もしくは「ちょい黒」くらいに思ってたから(ましてや昨日はちょっとまとまったお金も入ったので)、この数字はショックだ。しょーがないけどさ。いまさらだし。
ビタミンTeeはこの週末で閉店となるのだけど、店主は期間限定でどこぞのクラブを借りるとか、何やらいろいろ企画してるらしい。打診があれば参加方向で考えたいと思うけど、ここんとこ「自分の作品は(他の作家さんに比べて)作品に魅力がないのではなかろーか」と考えてしまうことが多くて、懐疑的になってしまうな。もっとも、大量に戻ってきた委託作品を眠らせておくのも嫌なので、出店はしたいと思うのだけどね。
あぁ、そっちの整理もしなきゃだなぁ。むぅ~。

ともかく明日は3年目の「3.11」。ハハと震災支援商品を買いに銀座へ出る予定。気分転換になるといいけど。
[PR]
by yukimaru156 | 2014-03-11 01:57 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156