2号よお前もか! と27年ぶり完全復活だってさ

朝、珈琲がぶがぶ飲んでもしゃきっとできないで(結局4時間寝たかどーかだ)、いやーさすがにしんどいもんなんだなーと思ったけど、バイトへ行く前にはとりあえずちゃんと目も覚めた。よかった。でなきゃホントに大ポカしでかすところだ。
洗濯をひととーり終え、使い捨ての注射針と本体をくっつける作業を何十本としてたら、最後から2本目で指先にぷすっ。ちっ、やっちった。いやどってことないんだけどさ、針には血が(ほんのちょろっとだけど)ついてしまつたので廃棄して、本体が1つ余る、てのが何だかね…あとあとポカの証拠が残るみたいでヤだわ。

午後に帰宅して、ハハからびっくりニュースを伝えられる。オトート1号に続き、2号までもが転勤。仙台から所沢へ来ると言う。2号よお前もか!いやー、何だろな。喜ばしいことではあるけど、雪丸ンちはもしかして激動の年になるのか?て感じだ。これを見込んで、人形だの桐箪笥だの古書だのを始末しようとしてたわけではないのだけどね。
赴任先は所沢(2号は仙台の前はここにいた)だけど、住居は都内にするつもりらしい。益々近くなるわけだ。
単身赴任してた1号と違って、2号は家族だから転校手続きから引越しまで大変だろう。姪のHRはあと1年で小学校卒業だったのにと思うと、ちょっと可哀想な気もする。今月末のバレエコンクールのためにすごくがんばってるみたいだけど(先月のコンクールで初出場で奨励賞を取り、次のコンクールへ出られるということになったそーだ)、そこで結果出してもその次はもうこっちだもんな。

いろいろ思うことアリな年になるなーと思いつつ昼メシを食べて、やーっと、て気分で2時間ほど寝た。益々眠くなった…眠りはちょっと浅くて、何だか妙ちきりんな夢を見た気がする。忘れちったけどさ。
昨日ハハが自治会から借りてきた車椅子でチチを病院まで送り届けたあと、郵便局だの銀行だのコンビニだのと立ち寄って一度帰宅し、チチを迎えに行く。そんで再びバイトへ。
1日2回(朝と夜)どーぶつ病院へ行くのは初めてだけど、仕事中は通常どーりさくさく仕事してても、終わると疲れが一気に噴き出すみたいだ。うぅ、しんどい…ホントなら明日の土曜日はやっとぐっすり眠れるはずだったんだけど、区のけんこーしんだんだしな。そんでまたバイトだし。せっかく借りたマンガも読んでる間がない…読んだけど、「俺物語」。少女マンガにあるまじき、見た目ゴリラな非モテ系の男とキュートな女の子の恋物語。終始ラブラブの、どってことない話なんだけど何となく読ませるんだよね。モテ系の男の子がイイ奴だからかな。

マンガ話書いてて思い出したけど、先日書店で「県立地球防衛軍」を発見してしまった。帯にこうあった。
「27年ぶりに完全復活!16ページ書き下ろし付き!」
何だよ、16ページって(いや27ページだったか?)!あたしこれまだ持ってるんだよ。でもこの書き下ろしのためにまた買えってか?くっっっっだんないことが目に見えてるのに?(作者に失礼かもしれないけど、っっっとにくだんないのだ、安永航一郎のマンガは。そこがいーんだけどね) しかし何でいまさら出すんだろう?しかも27年とはまたハンパな…らしいっちゃらしーんだけどさ。それより「青空とおくに酒浸り」の新巻出してくれよぅ。

あぁ~ねみぃ~。でも今日は1週間がんばったゴホウビアイスを食べるのだ!この日のためにとっといたとっておき、ぎうかくのアイスだぜ!いつもの特価69円アイスじゃなくて限定特売200円だぜぃ!けっとーちあがってもいーんだ、明日はちょーしょく抜きなんだから。
[PR]
by yukimaru156 | 2014-03-15 01:12 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156