きぶんわる と495匹?!

昨日、ハハと「ばーちゃんの帯締め(の数)はこんなモンじゃないよね」と話してたらば、今朝になって
『まだあった。あれこれ移動しないと出せない』
と言い置いて出かけてった。「あれこれ」とは炬燵板(テーブル)とか意味不明(中を見てない)なダンボールとかその他もろもろ。なのでハハが出てったあと、それらを移動させて、押入れ(ン中にもまたうんざりするほどの「あれこれ」)の、引き出しを開けて見た。まーあるわあるわ、さすがのおじょーさまだ。(そう、ばーちゃんは「いいとこのお嬢さん」だったのだ) 使用未使用合わせて30本は軽い。紫色がメインで、佐賀錦の帯は桐の箱に入ってた。あとでハハに聞くと、近所に佐賀錦の織りをするおばあさんが住んでたのだそうだ。
『もう指先が(織りのせいで)固く曲がっていてね。小さなおばあさんだったけど』
帯締めだから、相当な力でぎちぎちとしっかり編まなくてはならないのだろうな。手織りで作るおばあさんの苦労がしのばれる。

着物以外にもホントにいろいろ和装小物があって、それらだけでもすごい数になった。夕方、査定に来た人は結構若い男性で、まずは着物から。1枚1枚写真に撮って、業者に転送するのだと言う。相場とか市場の動向とかがあるそうなので。
そしてそうやって査定された額は、ちょっとじょーだんでしょ?!と思うよな金額で、ネットで調べた業者だけど、ミスったのかもしれないなーと思ってしまった…彼の態度そのものも何か気に入らなかったし、小物には一切興味を示さず、金のアクセや記念切手、コインはないかとか、万年筆はとか、着物に関係のない話に持ってくとこも、こちらの身分証名書をコピーしてくとこも気にいらない。つか何かむかつく。それより何より、ハハに申し訳ない気持ちでいっぱいだった。う~、ごめん!こんな金額では「豪勢な食事」ですら難しいよねぇ。ホントすまんです。まさか佐賀錦すら(使用してるってことで)引き取ってもらえないとはね…でもこれはいい帯締めだと思うので、持って行かれなくて逆によかったのかもしれない。ま、あたしが使うことはないと思うのだけどね。

ものすごぉ~くヤな気分を引きずって、片付けもそこそこにどーぶつ病院へ。おや、今日は比較的ラク?と仕事しながら思ったのだけど、何だかんだで10時までかかってしまった。狂犬病予防注射週間は先週月曜から日曜までだったので、センセたちもひと息つけたのかと思いきや、「それはそれ」でまだ忙しいよーだ。ちなみにいったい何匹が来院、注射をしてったんです?と訊いたらば、オドロキの答え。
『500にちょっと足りなかった…495匹だったわね』
495匹?!この界隈に住むわんこが?!いや、ちょっと遠方からわざわざ(どんな理由でかわからないけど)来てる子もいるけど、それにしても凄い数だ。近隣に動物病院があるのに(ないときはさらに凄かったらしい)、それでもこれだけのわんこがいるんだもんなぁ。今日も注射に来てたし、てことはさらにいる、てことだよね。いやはや…。(ちなみに注射週間でなくても注射は出来るそうだけど、あとで保健所にも行かなくてはならないらしい) 

先日からあれこれ頭を悩ませてるフリペ(「雪丸通信(仮)」は、またいろいろ考えてちょっと保留することにした。代わり、と言っては何だけど、「通販カタログ」てのを作ろうと思ってね。ハハにそんな話をしたらナイスなアイディアをもらえたので、それをモトにまたちょっと練ってみるつもり。てゆーか、そろそろ千倉行きの荷物もまとめていかないとなぁ。
[PR]
by yukimaru156 | 2014-04-16 01:19 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156