チチ寝ぼける と「しんちゃん」 と和装小物をもらってもらう

昨夜のブログ後、映画を観てて、そろそろクライマックスという午前3時半、チチが起きる気配がした。トイレに立ったので映画を中断して付き添った。無事終えて、やれやれで映画を再開させた15分後、再び(さっきとは微妙に違う)気配…ちょーどまさにクライマックスで涙腺が緩み始めたところだったので“えぇ~?”と思いつつ停止して隣室を覗くと、暗闇の中でもぞもぞ動いてる。灯りつけるよ、と言って電灯を点けたらば、何と椅子ににじりあがって、服を着替えようとしてた。
『何、どうしたの?』
『起きる』
『え、もう起きるの?まだ夜中だよ?3時45分だよ?』
『…早いか?』
『うん』
『そーか…じゃあトイレだ』
『いま行ったばっかじゃん』
『…そうか?そうだな…』
何だよ、寝ぼけてんのかよぅ、まったく!あー、あたしが起きててよかったー、ハハ起こさなくてよかったー、と思いつつ再び寝かせて、映画を再開させたのだけど、ホントにまさにいいところ!だったので気分が削がれてしまった。あーあ。
ちなみに何を観てたかとゆーと、「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!あっぱれ戦国大合戦」。あ、笑ったな。数ある「しんちゃんシリーズ」映画の中で「名作」と呼ばれる数本のうちの1本なんだぞ?って言ってもあたしも初めて観るんだけどさ、テレビシリーズも含めて。

そもそも何でこれを観ることにしたかとゆーと、名作らしいってことだったのでとりあえず録画したもののずーっと観てなかったのだけど、つい先日、こんな記事を読んだからなのだ。
『「しんちゃん」はハードボイルドである。なぜなら、しんちゃんは泣くときも笑うときも必ず横を向いているから』
…ふーむ。ハードボイルドの定義(?)としてあながち間違ってはいないよな、なるほどそう来るのか、と妙に感心したのと、これを言ったのが他ならぬ、既に鬼籍に入られた原作者の言葉だったことだ。故にしんちゃん映画を作るときは、スタッフはまずこれを心掛けている、なんて記事を読むとさ、やっば1本くらいは観ておこーかなと思うじゃん。
で、なるほど名作だったかとゆーと、2度も中座してしまったこともあって感想としては微妙なんだけど、悪くはなかったです、はい。しかし何だ、家族構成はともかく、しんちゃんの交友関係に関してはよくわかってないってことがわかった。マドンナ的存在のねね(?)ちゃんの、『きぃ~っ!うさぎ殴りたい~っ!』『あ~、いつものねねちゃんだー』には、そーなの?うさぎキライなの、殴りたいの?と「?」だったり。洟垂れクンはしんちゃんにとって「癒し」なの?みたいな。しんちゃんそのものの立ち位置もちと不明。ま、そゆことわかってなくてもおもしろいけどね。

昨日の失敗はやっぱちょっと悔しくて、残ってる佐賀錦の帯締めは、ハハの美容院仲間のお茶の先生やってるTNさんにあげたら?と言ったらば、しばし迷ってたけど、結局同意して電話で誘ってた。昨日の業者が残してった羽織や帯、ビロードのストール、帯締めの数々、そして今日になって発見された何足もの草履を嬉々として見てくれ、その大半をもらってくれた。最初からこーしておけばよかったのだ、とココロでタメ息。彼女自身も着物はたくさん持っているし(それにお金持ちなのだ)、処分しなくてはと思うほど持ってるようなのだけど、茶道仲間にあげたいものもあるようでよかった。未使用の肌襦袢までもらってくれたし、風呂敷ももらってくれたし、未使用の足袋やお懐紙もだ。素晴らしい。これだけキモチよくもらってもらえるとこちらも嬉しいし、何よりほっとする。お喋りも楽しかったし。
ご自宅まで運んで、それから慌ててバイトに走る。ぎりちょんだった。でも気分は軽くてよかった。
[PR]
Commented by 汐汐. at 2014-04-17 21:54 x
「気分は軽くてよかった」・・・なによりです(^^)
Commented by 雪丸 at 2014-04-18 00:54 x
汐汐さーん、こんにちは!そしてありがとうございます(^^) 気分の重い軽いも、まーホントに些細なことで変わりますからね(^^;) 何とか1日で浮上できてよかったです。これから先、何があるのかわかりませんが(笑) コメント、嬉しかったです、ありがとう!
by yukimaru156 | 2014-04-17 01:48 | そんな1日 | Comments(2)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156