本棚移動作戦終了 と通販ご注文1号さま とチチのアロマ

昨日の、じーちゃんの蔵書整理の続き。掃除機フル稼働。何せ本棚の裏の埃のすごいことと言ったら!壁に沿って掃除機をがんがんかけまくり、棚の後ろも同様にかけまくり。ちなみにほんのちょびっと期待した「何か」は何も出てきませんでした…出てきたのは5、6本の赤鉛筆(ぱかぱか(競馬)用ですね。じーちゃんも競馬大好きだったので。いまは知らないけど、当時は競馬場で赤鉛筆は5円程度だったそーだ。何に使うかはご推察のとーり)、ポケットティッシュ1つ、そしておそらくは10人中8人が作ったことあると思われる「肩もみ券」。笑える。どー見てもあたしの字だし、これ。

全巻で100センチはあろーかと思われる「百科事典」を移動させ、掃除を済ませたあと、洋間にあるオトート1号がかつて使ってた黒いラックを2階のPC部屋へ移動。(当然、そのために2階も掃除してスペースを空けた) そしてハハと2人がかりで四苦八苦しながらこの廊下の本棚を洋間に移動。いやぁ~さすがにこれがぴたりとハマったときの達成感は爽快でしたねぇ。やったな、て感じで。
この本棚(奥行き30センチ、幅180センチ、高さはたぶん100センチくらい)は、この、現在築49年になる我が家を作った大工さんの手作り…かなあ、て話。少なくともハハには記憶がなく、チチの記憶も曖昧なのでね、詳しくはわからないのだけど。でもシンプルで無骨な、どってことない本棚だけど、作りはえらく頑丈よ。50年近く経っててもどこも傷んでないしね。歪んでもないし。本びっちりで廊下にあったときに写真撮っておけばよかったかなとちらりと思ったけど、「引いて撮る」ことができなかったから意味なかったろーね。

段ボールに入りきらなかった本が廊下に山積みになってる点を除けば、「本棚移動(のためにあれこれ移動)作戦」は無事終了。ふぅ~。よくがんばったよ、雪丸。
そしてまるでその「ご褒美」であるかのよーに、めでたくも本日、「ちぎり屋通販かたろぐ」のご注文第1号さまからメールが!嬉しーい!かつての常連の方で、でもしばらくお会いしてなかったのだけど(もう不要かなと思いつつ案内を出すと、必ず返信が来た)、今回の案内に同封した「かたろぐ」でご注文。『小生も…』とあるけど、「も」と書いてもらえることではないのですよぅ。何たって1号ですから。でもでも、ホントに嬉しい。真心こめてちぎらせてもらいます、はい。

そしてチチには、過日ハハの友人が薦めてくれた、「ボケに効くアロマ」がその友人から送られてきた。2種類のアロマオイルをほんの数滴コットンに湿らせ、首からさげておくという単純なものだけど(そのための小袋も同封されてた)、これによって睡眠中も脳がほどよく活性化されてボケ防止にいいのだそーだ。日中はまたちょっと別の配合で。微かに香る程度なので、こんなもんでいいの?と思うけど、あんまりくどいと気になるだろーからこれでいいのかもね。効いてくれるといいなぁ。昨日なんか1時間に3度もトイレに立ったしねぇ。

夜はどーぶつ病院でバイト。今日は不安定な天気だったせいか患者さんが少なかったみたいで早くあがれた。そーそ、昨日の話だけど、センセにFAXが出来るか訊かれたのね。で、この病院のは使ったことないけど出来ますよ、と言ったらば頼まれたので“何か違うのかな”と思いつつ操作。何てことないフツーのFAXだったのだけど、な、なんと!センセいわく、いまのワカモノは「FAXを知らない」のだそーだ!いや、FAXそのものは知ってるけど、『(受け取ったことも送ったこともないので)どうすればいいのかわからない』と言われたらしい。むむむ…確かにFAXを家庭で使う機会はぐっと減ったと思うけど、そーか、「受け取ったことも送ったこともない」のか…そのうち『家電て何ですか』とか言われちゃったりするのかもね。ふぇぇぇ~。
[PR]
by yukimaru156 | 2014-05-22 00:46 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156