いい趣味あったらよかったのに とがんばれ個人商店

午前3時過ぎくらいにベットに入ったものの、どーゆーわけか寝付けず、5時半にチチがひとりでトイレへ行く気配がし(3時に1度済ませてるのだけど)、起きて行くべきかどうか迷った。何か妙な音がしたら階下へ降りればいいやと耳を澄ませてたら、余計眠れなくなってしまった…無事に寝床へ入ったようだったので降りずに済んだのだけど。ま、気がついたら寝てたんだけどさ。
7時半にチチを起こし、着替えさせて、眠れなかったのでも一度寝かせてくれとハハに言い、寝た。暑いしまぶしかったけど、半ば意地で。

そーいや昨日(だったか?)友人から電話があり、珍しいな、何事だ?と思ったら、彼女が数年前からやってる和太鼓のライブがあると言う話だった。訊くと今週末の日曜だというので行くことにした。で、今朝、そのチケットが届いた。これまでにも何度か誘われてるのだけど、なかなか都合が合わなかったんだよねぇ。楽しみだ。今回の「くらふとまるしぇ」が土日の2日間だったらまたNGだったわけで、そゆ意味でもラッキーだ。場所が浅草ってのもいい。
にしても、始めた当初はみんなで『何でまた』と笑って突っ込んだものだけど、長く続けてるのを見るとやはり(それが何であれ)羨ましくなる。私生活が充実してるなー、とか、仲間が増えて楽しいだろーなー、とか。あたしは趣味が仕事になってしまったよーなモンで、それに代わる趣味を持たないまま来てしまった気がしてるのでね。自分のことを無趣味な奴とは思ってないけど、映画とか読書ってキホンひとりのモノだからさ。何かもーちょっと違う趣味を持ってたらよかったなとか思ってしまったわけよ。

ハハが午後からの映画(『大統領の執事の涙』てやつで、一緒するつもりでいたのだけどさすがに切羽詰まってきたので行かないことにした。正解だったらしい)で、あたしはあたしで通販のレターセットの紙を求めて出かけた。「チャリで行ける範囲内」で探して、3軒めにして無事入手。ちょっと大きめの文具店なんだけど、入るのは初めて。ささっと店内を見て、かあいいメモ帳とかスグレ物文具とかちらちら見たあと、買い物を済ませた。レシートと一緒に「次回使ってください」と1割分の金券をもらった。おおっと、これはまた利用しなくてはならないな。がんばってる個人商店は応援したくなるねぇ。さしあたって必要な文具ってないんだけど。

通販注文2人分のカードや文庫カバーを梱包し(このカバーももう残り少ない…週末が無事終わったらがんばってストック確保に励まないと!)、手紙を書いてたらあっちゅー間にバイトの時間…メール便で発送してそのまま向かった。
入るなり『待ってましたー』と声がかかり、『今日、4人なのぉ~』…マジっすか。しかも8時前には1人帰るから3人じゃん…ともかく『がんばりまーす』と返事して、それからずーっと飛ばして仕事したけど、こゆ日に限ってゲージ洗いがやたら多かったり、タオル替えたらンこしてくれたり(つまりまた洗う物が増えた)、ゲージ外に向かって「かけしょん」してくれたり(床だけでなく、下のわんこのエサ皿にまで「しょん」が…)ドタバタと走り回る羽目になった。疲れた。てゆーか、喉が渇いてたまんなくて、帰宅までの5分を待てずに自販機でアセロラを買った。病院の2つ3つ隣の自販機は100円なのだ。給料出たあとでよかった。
さーて、これから、チチのリハビリのセンセの結婚祝いを在庫から物色せねばならん。もーひと踏ん張りだ。明日、朝からってのはきついなぁ。
[PR]
by yukimaru156 | 2014-05-29 00:35 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156