雨の合間に梅収穫 ジャムとシロップを作る

起きて天気よかったら新宿までチャリで行こう!と思ってた。ここんとこ運動不足だし。目が覚めたら土砂降りだった…ちっ。しかしよく降るなぁ。何か一説によると「8月まで梅雨が明けない」とかゆってんじゃん。ホントかね。さすがにそれはないよーに思うけど、異常気象も当たり前の「通常気象」になりつつあるから、何があってもおかしくない気もするねぇ。

それはさておき。
午後になったら降ったりやんだりで、一時は晴れ間まで見えて、でもどーしたもんかなぁと思ってるとまた降ったりして、オデカケはやめた。せっかくのお休みなのに。(毎日休んでるよーなモンじゃんとゆー突っ込みはナシの方向で願います)
チチのリハビリのセンセが来て、肩甲骨の運動の話をする。(何か首がちゃんと座らない…てこともないんだけど、「いい姿勢」が保てないんだよねぇ、何度注意しても) “この調子でいけば…”と誰もが思っても、どういう理由でなのかふっと逆戻りして気分を萎えさせてくれる。まさに「一進一退
」。んー、も少し何とかならんか。それでも、去年の暮れからのこと考えると、だいぶマシになったんだけどね。

ハハが『ベランダから見ると、青梅はだいぶ熟してきてる。そろそろ収穫してもいいんじゃないか』と言いだし、毎年6/20前後に収穫してるけど、この雨もいつまで続くかわからんからそーしよーか、てことになった。地下足袋履いて、エアパッキンのシート敷いて。(でもこれ、あんまり意味なったかもしれない…) 
脚立&木登りでまずは取れるだけ取って、それから枝バサミと高枝バサミを駆使して収穫すること約2時間。植木屋がだいぶ中を梳いてくれたらしくて枝葉はそう邪魔ではなかったのだけど、短くはしてくれなかったので高い。高枝バサミでやっと取っても、そのまま引き込むことが出来ずに庭、もしくは道路に落下して割れてしまう…じゃんねん。ま、これはこれでジャムかシロップにるからいいんだけどさ。梅干しは無傷でないとダメなんだけど、『面倒だから(梅干しは)2キロにする』とハハが言い、無傷2キロは余裕であるのだヨシとした。

本日の収穫は11キロ。例年よりやや少なめ。(たぶん。いつもどのくらいだったか忘れてしまったけど、2、30キロはいってたよーに思う。最多は40キロ以上だった、確か) 大きさも例年よりやや小さめだけど、でかいのもあるからやっぱりちょっと収穫が早かったかもしれない。でもとにかく毎日落下してくれるんでね。それに夜には雷雨となってしまったから、収穫して正解だったのかな。今朝までに落下した梅は7、8キロになるから(NGは除いて)、総重量として20キロにはなるか。
蚊に食われること十数か所、首は痛いわ肩は痛いわ、ともかく洗ってなり口キレイにしなきゃだわ砂糖買いに行かなきゃだわで、結局これだけで1日終わってしまった。砂糖は買いに行ったよ、もちろん。で、スーパー(いつものとこではない、1駅先のとこ行ったらいつものとこより安かった。でも氷砂糖はこっちの方が高いんだよなー)で、売られてる青梅を見た。勝った、と思った。だって1キロ498だか598だかで、エラそーだけどウチの方がでかかったんだもん。今年は小さめなのに、それでもスーパーの青梅よりでかいし見てくれも立派なんてね。いい気分だわ。

ジャム1キロ、シロップ1キロ作ったけど、あと2キロは梅干しとして、残りはどーしたもんかな。まー作るのに一番ラクなのは、「炊飯器に氷砂糖と一緒にぶちこむだけ」のシロップなんだけどね。(いまこれ読んで「梅シロップを作ってみよう」と思った方、青梅に穴をあけるのと、炊飯器は「保温にして一晩」をお忘れなく)
あ~、明日こそは髪を染めなきゃー。そんで切るのはいつにしようかなあー。
[PR]
by yukimaru156 | 2014-06-10 01:58 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156