紫陽花「黒姫」 とくり抜きマグカップカード とちびにゃんこ

我が家の紫陽花(4種)はいずれも満開でなかなか素敵だ。近所の駅周辺もキレイだし、やっぱ梅雨時期の紫陽花はキレイだなぁと思う。品種もすごく増えたしね。(ちなみにいま満開の「隅田の花火」は、昔あたしが母の日にプレゼントしたものだ) 
先週、ハハがフィットネス仲間から挿し芽用にと、すっごく濃い紫(黒に近いくらい)の額紫陽花をもらってきた。その名も「黒姫」。ネーミングも素晴らしい。挿し芽用の白い粉ってのがあることすら知らなかったけど、我が家にはちゃんとあって、それで植え替えたはず…なんだけど、どうやら失敗してしまったみたいだ。残念。茎が黒くなってきたと言うから、枯れてしまったのかなぁ。紫陽花って割と簡単に根付くと聞いたことある気がするのだけど。

昼前からせっせと制作に励んで、ミニ額はどうしようと思ってたんだけど、とりあえず雑貨とグラスを完成させ、値札をつけ、什器を出してきて「額が間に合っても間に合わなくてもいい状態」にした。
カードはお馴染みの「くりくり」に加え、「くり抜きカード」のマグカップバージョンを作ってみる。これがなかなか楽しかった。チラシ写真選びも楽しかったし(「くりくり」を入れるわけではなくカップ1つ分のスペースがあればOKだからラクだ)、普段は捨ててしまう、カップの取っ手の中のくり抜いた部分(1ミリ2ミリ程度の半円)もちゃんと残して貼ったことで“いーじゃんいーじゃん、うふふ…”とご満悦。ほんの5,6枚なんだけどね。

夕方、ディから帰ってきたチチは『みんなに帽子ほ褒められた』とほくほくしてた。そりゃそーでしょう、ちょっと見かけない帽子だもんね。麻をざっくり編み込んだ形で、青と白のストライプも入り、カジュアルだけどワカモノ限定って感じでもない。我ながらいいモノ選んできたと思うわー。

チチと入れ替わりでバイトへ出かけた。おっと今日は早く終われそうじゃん?と思いきや、そゆわけにもいかなかった…不思議だ。何でいつもこー目測が狂うのか。さて帰るか、てときにちょっと機能障害のあるちびにゃんこが廊下にげろげろ吐いてくれて、その始末したからってのもあるけど。
遊びたい盛りなのにずーっとゲージの中だから、みんながいなくなった頃にゲージから出して勝手にそのへんで遊ばせてるのだけど、食後にはしゃぎ過ぎたかねぇ。もっともセンセいわく、『食道が途中からすごく細くなってるので、食べたものがみんな胃に行かずに停滞してしまう(から吐く)』そうで、『手術して食道を拡げるしかない』らしい。なので食事はミルクか、どろっどろの流動食みたいなモノなんだけど、それでも吐いちゃうんだよねぇ…本人(猫)は何でも食べたがるだけに、見ていて切ない。一緒に育った2匹は元気にがつがつ食べ、先週もらわれていっただけに余計不憫だ。他の子に比べてミルクを卒業するのが遅いだけかと思ってたのに、まさかそんな持病があったとはなぁ。
センセは自費でカテーテル(?3万近くするらしい)を買い、手術するつもりでいるみたいだ。他に手はないとは言え、センセも大変だ。ウチで生まれたわけでもないのに。

搬入は明後日なので、ちょびっと余裕がある。と思ってると思わぬ落とし穴があったりするから、明日はきっちり仕上げて万全の態勢にしておこう。
[PR]
by yukimaru156 | 2014-06-18 00:53 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156