コーギーのお散歩 とチチの病院 と注文した本が入荷する

水曜の夜はなかなか寝付けなかったりするのだけど、木曜はンなことはないので金曜の方がキモチ的にちょびっと楽。睡眠時間が1時間は違うと違うもんなんだねぇ。
病院に居候のわんこ(経緯を説明すると長くなるので略)の散歩には出たことあるけど、「お預かり」のわんこの散歩は初めて。犬種はコーギーで、しかも2匹(のお預かり)。まずは1匹、ゲージの中で首輪にリードつけて出してやると、残りの1匹が『なぜボクを連れていかない?!』と抗議の眼差し…コーギーだけに。(おそまつ) 待合室のわんこたちの前を挨拶しながら通り過ぎて(ケンカ腰にならずどちらも穏やかわんこでよかった)、しばしてくてく。無事にンこしてくれて、ついでにしっこもしてくれて、ちゃんと始末してびょーいんに戻った。当然、次は留守番してた方で、外に出てから失敗に気づいた。

  ンこ袋(レジ袋)忘れた!!

ここで戻るのは恥ずかしすぎる…てゆーか、わくわく散歩中のわんこにも申し訳ない。う~、どーしよう、トイレットペーパーだけで手づかみで戻るか…と思ってたら、道端に素晴らしいモノを発見した。スーパーのビニール袋。しかも未使用!はらしょーだ。これはきっと神サマが恵んでくれたに違いない。うほほとビニール袋を拾い、無事に用をたしてくれたコーギーを褒めつつ、後始末。おとなしいわんこたちでよかった。(おとなしくないのはきっとあたしではないベテランが連れてくのだろうけど) ほんの短い距離だけど、お散歩って楽しい。明日はレジ袋を忘れないようにしなくては!

午後に帰宅して、今度はチチの病院のために(昨日、ハハが借りて来た)車椅子を出した。雨に降られたらかなわんなーと思いつつ出かけたのだけど、どうにか往復とももってくれてよかった。前回も確か微妙な天気で帰宅したら雨、だったんだよなー。
チチが検査受けてる間、あたしはスーパーへ買い物に。ちょっと時間を取られてしまったので待たせたかなーと病院に入ると、ちょーどハハが会計を済ませてるところだった。ぴったしだ。

で、戻ってひと休みしてる間に雲行きがどんどん怪しくなり、こりゃ降るな~と眺めてたら本屋から電話。注文した『家電の女』の最終巻、4巻が入荷したと言う。ちょっと迷ったけど、行くことにした。(明日は行けないし、明後日は行けるけど読めないし)
注文したとき『2、3週間はかかる』と言われ、そりゃないでしょう、何でよ、と内心突っ込み、どんだけかかるか見てやろう、みたいな気分でいたのだけど、やっぱり2週間、だったのかな。(ブログ遡ればいつだったかわかるけどメンドいので見てない) 受け取るときに「どうしてこんなにかかるのか、本の注文は却って迷惑なのか」なんてこと訊いてやろーかとイジワルなことも考えてたのだけど、注文時の仏頂面のおばはんではなく、気の良さそうなあんちゃんだったので『お手数でした、ありがとう』ですませた。
実はもひとつ気になってたのが、書皮。書店が本にかけるブックカバーのことね。あたしはこの店の書皮が好きで、そのためだけにここでシリーズ物を買ってたりしたのだけど、まだ続けてるか疑問だったのだ。たかが書皮。されど書皮。本屋にとってはこのカバーだって「出費」だからね。

この書皮を集めてる知人の話によると、この書皮には大まかに分けて2種類ある。1つは本屋協会だか何だったか、ともかくそゆとこが本屋に安く提供してるデザインのもの。(これにも数種類あるよーだ) そしても1つが、その本屋が独自で作ってる(どっかに依頼して作ってる)書皮。当然、マニアが集めるのはこの後者の方。そしてこの本屋もまさしくそれで、いまも変わってないかどうか調べるには買うしかない。(ま、それが必要な本を買う人が来るまでレジ横で待つ、て方法もあるけど) 
で、めでたく続いてました、昔好きだった書皮そのままに。名前は入ってないんだけどね。(もっとちゃんとしたとこ(?)は店名も印字されてる) これだけで"がんばってるな"と思うわけよ、マニアは。ちなみにこの書皮の収集家に以前ここの本屋の書皮をあげたところ、『これは持ってない、素晴らしい!』と喜ばれたんだぜぃ。

さて、やっとのことで入手した『家電の女』ですが、感想書くには眠すぎるのでまた後日、てことで。明日は「朝シフト」のあと「夜シフト」だ…巷は3連休初日になるのか…どうなることやら。
[PR]
by yukimaru156 | 2014-07-19 01:58 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156