300円すだれで夏がきた とPCにムカつきキレる

…もうわけわかんない。ただでさえ暑くて(ああ梅雨明けたってねぇ)、イライラするってのに、このPCがいきなり扱いづらくなって泣きたい。いまも、だ。何があったかここに書くだけで発狂しそーだ。
まずは昨夜。取り込んだ画像を見てたら「画像ライブラリ」てのになり、だけならまだしも、閉じることも移動することもかなわなくなって、しばらく格闘したあとキレて放置。今朝になっても状況は変わらず、義妹にメールで泣きついた。折り返し電話が入った。『強制終了しかない』と言われ、その通りにした。これで解決してくれればよかったけど、さらなる難問が積み上がってしまった。

昨日の画像を変更しようとこのブログにログインしようとしたら入れないのだ!毎日ログインしてるてのになぜ?!あったまきて、いい加減PCに向き合うのもくたびれて、一時中断。
ハハが炬燵を夏仕様にする(ウチは掘り炬燵なので中を掃除してカバーをかける)のを手伝い、それから100均に出かけて頼まれモノをいくつかと、水槽の水草やら駄菓子と、このクサレPCの部屋用のすだれを買った。すだれを簡単にくるくると巻き上げてくれる「巻上器」も買った。2つで400円。早速つけてみたらイイ感じだった。幅がちょっと足りないのが残念だけど。

まぁ悪くない気分でバイトに行き、いつもよりちよっと早く終わってご機嫌で帰宅。夕飯を食べ、そしてPCに向き合い、再び気分はどん底へ。
やっぱりブログにログインできず、パスワードを替えた。それでも入れないことにギリギリし、説明するのもメンドいので省略するけど、何とか入った。疲れた…そのうえ、まだ「疲れること」をこのクサレPCに強要されようとは。

あたしは「かな打ちの人」である。かな打ちであれば、ほぼブラインドタッチだ。が、「ローマ字」となるとそうはいかない。メアドを入力するだけで(キィの位置がわからず)あたふたする。日頃使ってないから、キィとにらめっこする羽目になり、文字の中に「っ」とか、「ゅ」とかあると、さらに試行錯誤することになる。そしてあろーことかこの、「いつもと違う」とこから入った画面では、かな打ちができないのだ!なんてこった!どっかに機能を替えるキィがあるはずなのに見つけられず、いまこれは「ローマ字入力」だ。自分でも信じられない途方もない時間がかかってる。普段、この程度の文字数であれば40~50分程度だけど、すでに1時間45分もかかってるのだ!疲れるわけだ…。
ねえ、マジで聞きたいんだけど、「1音1打」の方がぜってーラクじゃない?つか、日本人がローマ字入力する意味が全然わかんないんだけど。一体どういう理由なわけ?
[PR]
Commented by てるちゃん at 2014-07-23 11:13 x
ども。いや、大変だねぇ(汗) お疲れさま。
実はいまだにWindows8は使ったことが無いので、実感したことは無いんだけど。9が早く出てくれて、使いやすいことを祈っております‥‥。
とにかく今はPcの操作で困ったら、Google先生に訊くのが一番だよ。ネットにはウソも多いので、ひとつだけじゃなく複数の情報を見ないとダメだけど。

私はローマ字入力の人です。一番最初に覚えたのは富士通の「親指シフト」で、次がこれ。カナはうろ覚えなので、カナ入力しなきゃいけない時は指がうろうろ。
ひらがなカタカナ漢字しか打たないなら、カナ入力がキーも少ないけど、英語やローマ字を打たなきゃいけないことも多いから、結局は両方必要になっちゃうし。
ま、職業柄というのもあるんだけどね。プログラムは英語表記がほとんどだし。
とか言いつつ、完全なタッチタイピングでは無く、いまだにキーボードをチラチラ見ちゃうんだけど(汗)
Commented by 雪丸 at 2014-07-23 23:53 x
てるちゃん、どもです。コメありがたうです。
うー、とりあえず(たぶん。いまのとこは)何とかなったっぽいです。「win8よか7の方がイイ」とみなさん言ってましたが、XPすらまともに使いこなせていなかったので"最初からやるならどっちも一緒だ"と思っちまったんですねぇ(笑) まさか助言くれる人たちが一様に『何これ、使いづらい』と四苦八苦するとは思ってもいなかった(爆)

プログラムとかやってる人にとっては「ローマ字入力」の方が「先」だから便利(?)なのか。昨日やってて、日本語で考えてる気がしないなーとか思っちゃったっす(^_^;)
そーそ、ぐーぐるセンセが一番、てのもよく聞きますが、あたしゃこのセンセの言語もなかなか理解できないんすよ。タスクって何?とか、デバイスって?とか(爆) も、そこらから通訳が必要なんだよねぇ~(^_^;)
by yukimaru156 | 2014-07-23 01:58 | そんな1日 | Comments(2)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156