またその動機か… とちぎり貼りまくりのはずがワイヤーと粘土

あーあー、まーた出たよ、そーじゃないかと思ってたんだぁー何となくだけど。女子高生の同級生殺害。動機が
「殺してみたかった」
てヤツ。(でもって「解体してみたかった」だもんなぁ。そのうち殺人の動機の1位がこれになっちまうんじゃないだろか。結果は同じでも怨恨と一緒くたに語られたくない気がするねぇ。
エライ肩書き持った人がしきりに『心の闇』なんて言ってたけど、ちょい昔ならともかくいまはないと思うね、心の闇なんてモノは。心の闇を持ってるってことは「現実感も持ってる」てことだと思うもん。ないでしょ、この動機には。彼女のガッコの校長は『命の大切さを指導してきたのに』と言ってたけど(実際にどう指導したのかわからんけど)、たぶん、何も響いてない(届いてない)と思う。いまは「命の大事さ」を教えるのではなく「なぜ人を殺してはいけないか」を教えないと「わからない」と思うな。道徳教育とか情操教育とか倫理観とか、そゆことではなくね、「殺されてもいいと思う人はいないから」とかそゆことでもなく、もっと単純明快に
『法律で禁じられてるから』
って。

法律で禁じられてるから人のモノを盗んではいけないし、壊してはいけないし、赤信号は渡っちゃいけないのだ。法を犯せば罰があるのだ。それで本当に理解できるのかわかんなくなってきたけど。わかんないかもなー。現実とか将来とか他者への思いやりみたいなものすべてがなくて「××したい」という欲求だけだもんね。その欲求を満たしたあと、いつもの日常に戻れると思ってるとしたら、まずその思考回路の修正から、だわね。いまさら修正したって遅いけどさ。

今日はずーっとちぎって貼って、のつもりが、ちょっと思いついてしまったことがあって途中からワイヤーいじりとなり(オノレの不器用さに呆れた)、それから粘土もいじり、再び「ちぎり貼り」に入るころにはとっぷり日が暮れてた。くたびれた。しかも、作業工程のうちの1つは、なくても成立したのでは、と思えて余計がっくり。仕上がりがどうなるのかは、まだもーちょっとしないとわからないなぁ。
今朝2時半にチチがトイレに立ち、その10分後にまた立ち上がる気配がしたので『トイレならさっは行ったよ』と声をかけたら、『違う』という返事。トイレ以外に何の用がある、と部屋を覗くと、真っ暗闇の中で着替えようとしてた…手元も見えないこの暗さの中で「朝ではない」とわからんのかね?うーん。あたしが覗かなかったら、ホントに着替えて、そしてどうしてたんだろう…?誰かが来るのをひたすら待ってたのかねぇ。
で、いまも10分足らずで2度めのトイレに立ったので『もう済ませたよ』と言って部屋に戻したのに、また行ってる…20分で3回も行くとは…いつ寝ぼけてて、いつ起きてるのか区別がつかんあたりが厄介でもあるなぁ。
[PR]
by yukimaru156 | 2014-07-29 02:22 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156