介護ベット来たる とDM書き と次はベリーショートに!

チチを起こすためにちょっと早く起きたのだけど、昨日に続き動けないのは同じで、これではディに行けない、てことで「お休み」。まさかいきなりこんなに動けなくなるとはなぁ…まだちょっと半信半疑ではあるのだけど(ハハはとーに諦めてる感じだ)、これからまた復活、は難しいかもしれない。前回(昨年10月末)の、「(認知症防止の)アリセプト飲んだら起き上がれなくなった」とは違うのでねぇ。

10時に介護ベットが来る、てんでそれまでにさっさと食事を済ませ、準備して待つ。介護ベットも昔と違ってそりゃあもーいろんな種類があって、中でもっとも簡易的でウチに合う、と見繕ってくれた新式のモノが運び込まれた。しっかりした作りのパーツが次々と持ち込まれて、組み立てられる。介護ベットだから当然電動で上半身を起こすことができるのだけど、『それでズルズルと身体が下に行ってしまわないように』、お尻部分がちょっと陥没してく仕組みになってるのには驚いた。組み立て作業を見てるときも"この仕組みを考えた奴すげぇ~"て感じだったし、何か「日本人のきめ細かさ」てのを目の当たりにした気分だったな。(もしかしたら日本人が考案したわけじゃないかもだけどさ)

あっちゅー間に組み立てられ、ベットを見せてあげたいとこだったけど、トイレや普段過ごしてる居間に連れてくのだけでもほんっっっとにひと苦労だったので「無理」てのと、ベットと一緒に来るはずだった、ウチん中で使える車椅子ってのが手違いで来なかったので、夜寝るときまでオアズケ。
午後からはせっせとDM書き。A6サイズのいいメモがなくて、先日ハデハデのにぎやかな大判フセンを買ったのだけど、失敗した…すっげー字が読みづらいの。ピンクにうさぎ柄はまだいいけど、黄色に宇宙人(?)柄の方は、どこに字を書いても読みにくい…許されるかな、て人にはこちらです、ごめんなさいね。あと数名くらい書きたいと思いつつ、ちょいと配り過ぎてしまったがためにDM切れ。重ねて申し訳ない。搬入日(18日)に入手したら、てことで。

2時半過ぎ、ふっと「髪をちょっとさっぱりさせてこよう」と思って出かけた。盆休み前で混んでるか、ガラスキかのどちらかだろなと思ったら前者だった…ちぇっ。ちょっと迷ったけど、待つことにした。テキトーに部屋の本棚から抜いてきたのは、ブラッドベリの『黒いカーニバル』。(この美容院のマンガは「るろ剣」か「こち亀」か「コナン」なのだ…も少しいいチョイスだと嬉しいんだけど) 3本ほど短編を読了したら睡魔に襲われ、3、40分ほど寝た。気づいたら雨が降ってて、さらに本を読み進め、待たされること1時間でやっと自分の番。そろそろばっさりいきたいとこなんだけど、それは次回てことにして、毛足を揃えてちょっと梳いてもらって終了。ざっと15分てとこかな。ま、690円だしね。
にしても、自分でも初めて見る長髪が、まさか「縦ロール」になてくクセだとは…何か見慣れないだけにヘンな感じだわ。

チチは口先だけは元気なんだけど、『立てる?』『立てる』『じゃあ立って』で、いつまで経ーっても腰があがらないとゆーか尻があがらないとゆーか、足腰萎え萎えで「座ってる状態から両膝をつく」て状態にすらなれない。食事はすべて運び、トイレはシビンで済ませ、本人は終日座椅子に座ったまま(あるいは座椅子を寝かせて寝たまま)。ここから劇的に良くなる、なんてこたー望めないにしても、せめて「とりあえず自力で立てる」くらいはになって欲しいんだけど。
バイトから帰宅した11時近く、遅まきながら到着した車椅子にチチを乗せる、てことをハハと試みたのだけど、たかがそれしきのことでえらい大変だった…『できる』『じゃあやって見せて』『ちょっと待って』『さっきからずっと待ってるんだよ』て会話を延々と繰り返し、夕飯にありつけたのは11時半。それからベットへ移動させるのも(車椅子をベット脇につけてるにも関わらず)、これまた汗だくの大変さだった。

なぜこの状態になったのだろう、てことより、なぜせめてあと1週間先であってくれなかったのか、と思う。1号2号家族とみんなで千葉某所へ行って楽しんだあとでなら、まだ少し諦めもついたかもしれないのに。
髪を切ってもぜーんぜんさっぱりできなかったな。やっぱばっさり「ベリーショート」にしちまばよかった。
[PR]
by yukimaru156 | 2014-08-13 02:24 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156