棚の解体作業 とチチの椅子と車椅子生活

まいんちまいんち、"今日こそはちょっとだけでも!"と思いつつ作れないでいて、ホントにホンキで"今日こそ!"と思ってたのに、手をつけることが出来たのは夜。なのでほんのちょびっと。こんなんで本当に明日から5日バイトでその翌日が搬出(のあと飲み会らしい)、そしてその翌日が搬入、なんてことが可能なんだろか…今週どっかで「るろ剣」に行きたいと思ってんだけど。

朝、もっと寝てることも出来たんだけど、隣の隣のウチの解体工事がすさまじくて枕ががんがん揺さぶられ、世間的には昼に近いのだ、仕方ない、と諦めて起きた。5時間ちょいしか寝てないんだけど。もーここんとこずっとこんな調子だ…微妙に寝不足?みたいな。せっかくの休日なんだから10時間とは言わないまでも、8時間は爆睡してたかったなぁ。

とっとと振り込み行って買い物済ませて自分の仕事すんぞ!と思ってたんだけど、ハハが今週末の「粗大ごみ持ち込み」の際の棚の寸法測ってとゆーので、そのくらいなら、と手を出した。迂闊だったかもしんない。"この程度の棚、粗大ごみとして金払うのもったいなくね?"と思ってしまったのだ。
かくして、その棚に詰め込まれてたモノを始末したあと、棚の解体作業に突入。この棚、市販のモノではなく、チチがずっと以前「草花の温室用に」と作ったモノ。棚のウラに炬燵のヒーターを仕込み、上から強度の強いビニールで覆って、て仕組みなんだけど、結局使わなかったんじゃなかったかなぁ。「ただの棚」としては使われてたけど。
おっきめのネジクギで要所要所が止まってるだけだったので、これバラせばいーんじゃん、とせっせとドライバーで外しにかかった。3段組みの棚で、結構がっつり止められてるのでちと時間は喰ったけど、そんなに手間ではなかった。たった1個を除いては。

  ねぇ、溝がすり減ってなくなってしまってるネジクギってどうやって外すの?

ドライバーはただただ空回り。こちらは汗だくの上にイライラも募り、カナヅチでがんがん叩いて踏んづけて引っぺがそーとし、最後にはかなり強引にクギをねじ曲げて板と板を引きはがした。そんな形でも成功してよかった。でなきゃさらにストレスが溜まるところだった。
一番長い板で60センチくらいなもんだったから、まとめて紐で括るとフツーの可燃ごみで出せそうだ。(もちろんヒーターは外したよ) 粗大ごみ費用としていくら浮いたのかわかんないけど、とりあえずこれに関しては満足。終わったころはすーっかり日が暮れて、つかすでに夕飯の時間だった。

チチが椅子から車椅子へ「立って」乗り移れるようになったのはとても喜ばしいのだけど、ちょい認知も入ってきたので危なっかしいことこの上ない。あたしかハハのどちらがかいるときに移ろうってならまだわかるけど、どちらもいないときに「何の理由もなく」移ろうとするのだ…そして車椅子と共に激しく転倒して、昨夜は階段に頭をぶつけるところだった。マジで危なかった。冷や汗もんだった。で、なぜ移ろうとしたのか、移ってどこへ行こうとしたのか、という問いには『わからない』の一点張り…『2度とやらないで』と約束させるんだけど、今度はこれを『忘れた』となるんだよねぇ~。まーさ、「椅子に座ってる」か「車椅子に座ってる」以外に何もできないから(介護車椅子は自力では動けないので)、とりあえず動きたくなる、てのもわかるんだけどね。
今日はチチの在宅リハビリの日でもあったので、センセともまたあれこれ相談したりして、可能な範囲でのリハビリ体操で「筋力アップ」を目指すことにする。これとは別に「動けなくても楽しく没頭できる趣味」があると一番なんだけどなぁ。あんなに多趣味な人だったのに、どーしてこうなるんだろな。
[PR]
by yukimaru156 | 2014-08-26 02:08 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156