チチの今後の介護相談 とみんなで近場ランチ とあんみつに思う

朝10時半にケアマネが来るとゆーので、ねぇ~みぃ~と思いつつ(でも寝不足なのは明け方4時過ぎまで「ばらかもん」見てた自分のせい)、9時過ぎに起きた。チチの様子を見に来たオトート2号のカミさんも来て、チチも交えた5人で今後のディサービスの活用についての話し合い。まー、チチはいてもいなくても…て感じなんだけどね。“ホントにわかってんのかよぅ”と突っ込みたくなる場面多々アリで、やれやれて気分なんだけど。
でもケアマネやディのスタッフたちが口を揃えて言うように、チチは終始にこにこで愛想がよく、何を提案しても決して嫌がらないし感謝の言葉も忘れない。それが「みんなから好かれる理由」と言うなら、このままで充分なのかなと思ったりもするけど、いややっぱり…もーちょっと「何とか」なって欲しいよなぁ。深夜のトイレとかさ、ちょっとした日常のこと(洗顔とか着替えとか)だけでも、も少し自力で出来るよう努力して欲しいんだよね。「言われたことには従う」はウラを返せば「言われなければ何もしない」てことだし。

朝の30分介護(着替え、トイレ、洗顔)をやめにして、週2日の在宅リハを1日にする代わり、通所リハビリを1日増やす。いまチチは介護3なのだけど、その枠内で可能な線であれこれ話し合い、うまく決着した。あと問題なのは深夜トイレの処置だけど、こればっかりはねぇ。イタズラする手を縛っておく、なんてことも出来ないし、注意したところで寝ぼけてるから聞きゃあしないしさ。徐々に溜まってく(っぽい)こちらのストレスを「いかに流してくか」が最重要課題?あたしよかハハだけど、週3日不在となればまたちょっと変わってくかな。まずはそこに期待するか。

ケアマネが帰ったあと、4人で近くの和菓子屋へ昼食に出かけた。先月は男2人で車椅子ごと運び出さないと外へは出られなかったのだけど、いまは手を貸せば何とか自力で玄関先の階段5段を降りることが出来る。(これにはカミさんも驚いてた) 
ちょっとお高い感じの和菓子屋で、以前までは1000円前後の昼ご膳てのがあったのだけど、いまはやっていないらしく、チチは茶そば、あたしらは磯辺焼きとあんみつで昼食とした。(ここでもあんみつに干しあんずが入ってなかった!何でだ!いまはあんみつに干しあんずは入らないのか?!何だか裏切られたよーな気分になった自分に、なぜ「あんみつには干しあんず」と思うのか自問する。あたし的には「絶対切り離してはいけない」モノなんだけど、それってどっから来てるんだろな。原体験?にあんみつなんてあったかなぁ。いままで考えたことなかったんだけど不思議だわ。

それから4人でスーパーに買い物に行き(ここであんずを買うんだった!)、2号のカミさんは帰宅し、チチは昼寝に入った。と思ったら5分もしないうちにで起きてくるので『いま寝たところだよ?もう起きるの?』と言ったらば、『???…わからない…』てもー寝ぼけてんのかよ。立ち上がって何かしよーとするから『何?トイレ?』と訊くと『違う』で『わからない』だし。だからわかんないのに立たないでよ。そーでなくても危なっかしくて目が離せないんだからさー。

あたしも30分ばかり昼寝して、それからバイトへ。あんなにぴーかんな天気だったのにいきなり雷、それから雨でびっくりした。行くときはちょーど雨がやみ、11時近くにウチへ帰るときもやんでた。ラッキーだった。もっとも、仕事とは別のことで自分の迂闊さにハラ立つことがあって、気分はぐだぐだ…はーあ、明日は朝シフトか~。何かいーことないかなぁ。ってぼやいてるうちはいーことないんだよなー。
[PR]
by yukimaru156 | 2014-09-11 01:41 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156