チチと留守番 下準備はOK

今日は姪のHRのバレエの発表会!なのでバイトをお休みして!留守番してた。(はい、そこ笑わない) ま、ひとつの親こーこーとしてですね、チチのメンドはあたしが見て、思う存分孫のキラキラ具合を見てらっしゃい、てことで午後にはハハを送り出したわけよ。チチはディの日なので日中は不在。てことであたしは朝から制作に没頭した。

昨日、帰宅してから作った、100均で買ったミニランプの行燈(?)は、悪くないんだけど何つーかあまりにもカンタンに出来てしまい、かつ見た目もちと安っぽくて、こりゃーせいぜい200円だなーて感じなのでボツにした。崩してしまおーかと思ったのだけどちぎり貼ってしまつたのでそれも出来ないから、100円くじに入れることにした。
あー、ここン中もちょっと充実させないとなー。売れ残り品をあれこれぶちこもう。三茶2日分くらいはできるはずだ。

チチが帰宅してしまったら机の前にはいられないので(目が離せないから茶の間に移動しないとあかんのだ)、茶の間で出来ない仕事、と思ってせっせとちぎり貼り。行燈ではなくフック。後ろがシールのやつなので、まんまで出すのがいーのか、マグネットを付けた方がいいのかと思いながら作ってたのだけど、いいアイディアが浮かんだ。付けるには付けるけど、フックには付けない。必要と思う人に1個につき1個だけ裸マグネ(ただの黒い丸のマグネ)をあげることにするのだ。必要な人はフック裏のシールを剥がしてこれをつければいいし、どこかに固定して貼りたい人はマグネは不要だろうし。ふむ。悪くないわ、これ。

夕方5時にチチが帰宅したのでお出迎え。車から降りて玄関先まで介助1人で出来なくもないのだけど、ヘルパーさんが手伝ってくれたので楽ちん。あとは車椅子に乗せて茶の間まで運び、既に仕事道具を茶の間に持ち込んでたので、夕飯まで洋封筒をひたすら作った。
夕飯はきのことベーコンとゴーヤのマヨ炒めと茄子のトースター焼き。そしてわかめの味噌汁。どーゆー理由からなのかわかんないんだけど、センセが『週3日は海藻類を食べるように』と言ってたのでね。昨日はカレーだったから、今日は何か料理に使わねばと思ってたんよ。でも思いつかなかったから味噌汁。今度レシピを検索しておかなきゃ。

バレエの発表会は午後4時半からで、それからみんなで食事しておいで、と言って送り出したのだけど、こちらの夕食が終わった8時過ぎに『いま(バレエが)終わったところ』と電話があった。長いんだなぁ、バレエって。(あとで訊いたら、「1幕ごとに10~15分の休憩が入るのでその時間が長い」てことだった)
そんなわけで帰宅したのは10時過ぎ。お疲れさんでした。でも初めてのバレエ発表会は楽しめたようだ。HRは仙台でもがんばってて入賞したりしてたけど、さすがにそれ観るためにあっちまでは行けないからねぇ。『オペラグラスを持ってくんだった!』と悔しがってたけど、ナマで観れて満足してた。よかったよかった。

チチと2人での留守番中、特に事件もなく、チチが粗相することも不可解な行動を取ることもなく(理由もなく立ち上がって、どこに行くのか、何をしたいのかと問われてもわからずにまた座る、てことをたまに繰り返すのだ…本人に理由がわからんのだからあたしらにもわからん)、洋封筒作りも薄洋紙ちぎりもさくさく進んでお休みの1日が終わった。すっごい久しぶりに「お宝鑑定団」を見た。秀吉に放逐された元右大臣(のちに書家として大成した)の書状に1200万。研究者たちの間で「既に失われたもの」とされていて、サントリー美術館に下書きのみ残ってる、という代物だった。あるとこにゃあるんだなー、お宝。
[PR]
by yukimaru156 | 2014-09-24 02:20 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156