雨樋の露草始末 とチチの筋力

カレンダーも絵本「しましま」もほったらかして(はいないのだけど、傍目にはほったらかしてるのと一緒)、豆本つき革しおりを作ってた。数としてはあるのだけど、トリやうさぎがいないとなると“追加しとかないとなー”と思ってしまうのだ。出店してて『〇〇はないの?』と言われるのが一番シャクなので。

ハハがゴーヤの苗を始末していた。2階のベランダから庭先にかけて緑のカーテン作ってくれてたゴーヤも枯れ枯れ。(にもかかわらず4、5本のちっこいゴーヤが出来てたそーだ) 手伝おうか、と言うと『大丈夫』とゆーので任せてたら、『今度ヒマなときに雨樋の露草を取ってちょーだい』と言う。ベランダから雨樋を覗いて見たら、ホントに露草が生えてた…いつの間にこんなに茂ってんだ。ドロが詰まって、それが渇いて土になって、風に飛ばされてきたのかはたまた鳥のフンからか、ともかくそっから芽が出たんだな。露草の花が咲くのはいつだっけ。6月なんだっけ。人知れず咲いてたのかしらん。
「ヒマなとき」っても三茶までヒマじゃないしー、と思いつつ、豆本がひと区切りついたのでベランダから屋根に降りた。ま、ひょいひょい、ですぐ終わりそうだったしね。
そしてやっぱり「ここも怖い」とゆーことに気づいた…ちょっと踏ん張りでもしよーもんなら、ばきばきっとイッちゃいそーなのだ。『気をつけてよ、落ちないでね!』とかゆーけどさ、この高さから落ちたところでせいぜい捻挫か打ち身だと思うのよ。それより屋根の修理代の方がはるっっっかに高くつくのは目に見えてて、ささっと取り終えてすぐに戻った。台風で屋根が壊れてくれたらホケンで直るかなー、だといーなーと思いながら。それはダメなんかな。老朽化に伴い、てヤツはホケンはおりないんだろか…。

夕方、チチがディから帰宅して、そのまま整骨医へ。先日医者に『ちょっと膝を見てもらうように。そしてどんなリハビリがいいかアドバイスももらうように』と言われてたのだ。月曜に行く予定してたんだけどね、たいふーだったしさ。
バイトの時間とかぶってたので、送り出したあとあたしはどーぶつ病院へ。で、10時半過ぎに帰宅して結果を尋ねたらば、「異常なし」だったそーだ。足が萎えて歩けないのは単に『筋力がないから』で、『ともかく筋力をつけるしかない』らしい。やっぱそーなのかぁ~。まーたあたしがせっせと指導してやらせなきゃならんてことだよなぁ。
昨夜(つか今朝4時過ぎ)にチチのトイレやって寝たのだけど、6時にハハが階下に降りてきてみたらば、『トイレの前でへばってた』のだそーだ。(どーやってトイレまで来たんだ、歩けないのに。と訊いても『わからない』んだよね…) それから起こすのに時間もかかって大変で(だからそゆときは遠慮なく起こせとゆっておるのに!!)、あたしがバイトしてる間にも3回車椅子から滑り落ち、その度に椅子に引っ張り上げて、あたしが帰宅したころはぐったり消耗しきってた。おまけに超不機嫌。チチの「何ごともなかった」かのよーなのほほん顔見たら誰だって不機嫌になるよなぁ。会話もどんどん噛み合わなくなってるし。それはそれとして、今度滑り落ちたらあたしが帰宅するまでほっといて欲しいわ。これでハハに腰でも痛められたらたまったもんじゃないもん。

明日から朝シフト3連チャンなのだけど(これから隔週でこーなる…うぅ、つらいのぅ)、まだしばらくは寝られんなぁ。作り始めたらホントに眠れなくなるので、DMでも書きましょかね。スヌーピーのシール切手、やっぱもー1シート買っておくんだったなー。
[PR]
by yukimaru156 | 2014-10-09 01:15 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156