寝過ぎで頭痛くて不毛な1日

布団の中で数を数えた。…6、7、8、9…2度数えて、自分が9時間爆睡してたことを確認して茫然としながら起きた。思いっきり頭痛がした。気分も悪かった。いくら何でも寝過ぎだ、これは。いや、そりゃ10時間寝たいとは言ってたけどさ、まさかホントに寝るとは思ってなかったんよ。まず頭に浮かんだのは

  せっかくの休日を半分以上ムダにしてしまった…

だった。顔を洗って「朝食」食べたら午後2時半。衣替えや、思い切ってリサイクルに出すべく服を整理、なんてこともしようと思っていたのにカラダは動かず、いくつかあったはずの選択肢はすべてお流れで、途方に暮れた。
とりあえず買い物に行かねば、てことで出かけたときはすでに夕方。夕飯の買い物だけで帰るのも不毛な気がして、本屋に入った。友人から借りて読んでるマンガの続巻が出ててほくほくしたりした。でも欲しいマンガはなかった。心理テストやってみたら「SかMかわかる」ってヤツで、あたしが出した解答は「至極真っ当で健全」とゆー結果。ふふーん。でもさ、『空にぽっかり雲がひとつ。その後の天気は?』て質問、フツーは「そのまま晴れ」じゃない?だから「真っ当」になるのか。ここで『次々雲が集まってくる』とか『雨になる』『晴れたり曇ったり』『雷雨』なんて項目の1つを選べば「SかMか」になるってことみたいだけど、面白味も含蓄もなくて続読する気にもなれんかった。
吉田松陰の「超訳」本があって(タイトル忘れた)、ちょっと買ってもいっかなと思って手にしたのだけど、ぱらばら読んでそのあまりの「噛み砕き過ぎ」な内容にヘタレてしまった。わかりやすくていいんだけどさー、その分重みに欠けて響くものも響かないとゆーか、蓄積しない気がするんだよねぇ。もったいない。でも当時のまんまの文章で読んだら、それはそれでしんどいのかもしれないなぁ。難しい…。

さて。今日は昨日の松陰神社のイベントに続き、ここ下高井戸では「しもたか音楽祭」なる催しが開催されてるのだけど、でもって2か所でライブやってたのだけど、どっちも何だかなーで足を止めるまでにはならなかった。人通りもフツーだし、露店や何やと特別なことしてるわけでもないし。露店出しゃいーのかって話でもないと思うけどね。難しいやね、こういう、町おこし的なイベントってのは。
帰宅するころは当然真っ暗で、夕飯前にチチの筋トレ。身体はそれなりに動くのに(そーでないときもあるのだ)、妙なとこに力が入って、異様にバランスが悪い。食事中ですらどんどん身体が傾いていって、茶碗なんか80度近くも傾くから中身が出そうになってる。のに本人は気づかない。どっかの器官がおかしいのか、脳の働きが機能しなくなってるのか…せめてこっちがどう対処してくのがイイのかだけでもわかればラクなんだけど。

あー頭痛い。今日は1日これに付きまとわれてしまったな。とっとと寝たいとこだけど、そーするとハハが眠れなくなってしまうのでまだ眠れない。そんでまた寝過ぎるのか…このループから抜け出すにはどーすりゃいいのかねぇ。やっぱ早起きして昼寝、なんかね。
[PR]
by yukimaru156 | 2014-10-27 02:01 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156