鮭のクリームシチューを電子レンジ圧力鍋で作ってみた

どーぶつ病院のバイトが朝の日(木、金、そして先週から隔週土曜)は、起きる度に“帰ってきたらぜってーまた寝てやる!!”と思う。そー思わないと起きれないとゆーか。
午前2時半にチチに呼ばれて「お水取り」をやって、ちょっと油断できないなと3時くらいまで起きてて、大丈夫そーかと思って風呂入って寝たら4時半に再びお呼び出し…そしたらあろーことか眠れなくなってしまって、気づいたら朝。つらかった…さすがに午後に帰宅してから小一時間ばかり寝たよ、ぐっすり。夢も見んかった。

夕飯の買い物ついでにちょっと足を延ばして、でかい本屋に行った。ないこたないだろなと思った、昨日買いそびれ…じゃなくて買い間違えた「電子レンジ圧力鍋レシピ」本、あった。それも複数。こんなにいろいろ出てるとは知らなかった。でも本自体はどれも今年になってからの版なので、もしかしたら電子レンジ圧力鍋そのものが新しいモンなのかもな。ちなみにこの本屋の隣の雑貨屋には、以前シリコンスチーム鍋があったはずなのになかった…こっちのレシピ本があるから鍋も入手したいとこなんだけど。じゃんねん。
しばらく本屋でうろうろし、ちょっと前に電子書籍で立ち読みして“これはいかん、マンガではなく原作を読もう”と思った「獣の奏者」を探したのだけど見つけられず。以前、文庫で見かけた気がしたのだけど、やっぱ児童書なんだろか。あとでちょっと検索してみよう。

『今日の夕飯は鮭のクリームシチューね』とハハがゆーので、鮭を買い、ハハと2人で圧力鍋に向かう。じゃがいもやら玉ねぎやら人参やらをカットして鍋にぶち込み、水とコンソメ入れて数分。取り出して鮭と牛乳と片栗粉とその他を入れてさらに数分。この間、あたしは隣の部屋でチチの筋トレに付き合ってたのだけど、蛍光灯がちかちかして「???」だったら、あとでハハが
『レンジのせいよね、これからの季節、気をつけないと…』
と言ってた。そ、そーだったのか。全然気づかなかった。でも確か、レンジと何だったか使ったときにブレイカー落ちたことあったよな。
『ウチってごはんを温め直すとか、そういうときにしか使わないじゃない。それもせいぜい1、2分で。10分、15分なんて滅多にないからわからなかったのよねぇ』
なるほどそだね。つか、もしかしてレンジって相当電力使うんか? だとしたら、この圧力鍋を多用するのもよろしくないねぇ。

さて、昨日に引き続き、鮭のクリームシチューのお味。
確かに簡単手軽に出来るのはよいのだけど、やっぱり「あつあつふーふー」な具合にはいかないのが1つと、1センチ角にしたじゃがいもも玉ねぎも、柔らかくはなってるけど形が崩れるほどではなく、『やっぱり仕上げに別鍋に移してちょっとコトコトした方がいいみたいだね』になった。ちょっと手間だけどね。電気よかガスで作る料理の方が口に馴染むのかもしれないなぁ。と、そんなこと考えてたらハハに
『明日の昼はこれ作ってね!』
と言われた。キャベツとアンチョビのパスタのページが開いてた。へぇへぇ、仰せのままに作りましょう。100均で買ったアンチョビあるしね。レシピを見たら、ロングバスタは「手で1/3くらいに切る」とあった。ま、確かにまんま入れるこたー出来ないけどね。そんなカットしたパスタ、美味しいかなぁ。ま、いまは「早く茹で上がるように」ってんでハーフサイズのパスタが売られてるって聞いたことあるけど。(水の量も少なく済むからイイらしい。エコっちゃエコか)

あー、昼寝したけど早く寝たいなー。でもまだもーちょっと無理かなー。うーん。




 
[PR]
by yukimaru156 | 2014-10-31 01:55 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156