爪に感謝しながら爪磨き と鍵を忘れる!

昨日、カンジンなこと(?)を書くのを忘れてしまった…。
9日の柳沢の搬出で、帽子のSKさんから「爪磨き」をもらったのね。ただそれで磨くだけでマニキュアしたみたいにきれいになる、てヤツ。(『これあげるわ』と言われたので『では誕生日プレゼントてことで』と勝手にBDPにさせてもらった) で、これは9日にはつけないで、10日のホンチャンBDのお楽しみにしておこう、と思ってやってみたのでした。
すごいよ、これ。ホントにただ「磨くだけ」なんだけどさ、ツヤツヤのツルツルでピカピカ。3段階の「磨き」があるのだけど、別に手間でも何でもないの。時間だってとらない。のにこのツヤ。素晴らしい。改めてありがとうでした、SKさん。

思えば「ちぎり屋」を始めてからこっち、この爪には本当~に世話になってるってのに、もー何のケアもせず、もちろんマニキュアなぞもせず、ただただ酷使しまくって、それで割っても文句言うだけ言ってさらに酷使、みたいな? こんなに商売道具を粗末に扱ってる作家もそーいないんじゃないかと思うよなひどいことしてたのよね、あたし。ごめんねぇ~、16年もひたすらちぎり続けてくれて本当にありがとねー、と感謝の気持ちを込めて磨いた。誕生日に相応しい、個人的イベントだった。
のに書き忘れるなんてね。何でしょね、ははは。

チチが「お泊りディ」なので、昨日今日は不在。先週はひたすら制作してたのでどーとゆーこともなかったのだけど、今日は違う…と思ってたら、自分のボケのせいで台無し。何と鍵を忘れ、ハハが出かけてたので2時間近くもウチに入れないとゆーしょーもない事態を招いてしまったのだ。ハハはハハで「今日は1人でゆっくりできる!」と浮かれてたわけだから、ぜーんぜん責められないのだけどさ、そんでも『お昼ごはん、何がいい? 買ってくるから』て言った以上は、昼過ぎには帰宅してくれるもんだと思うじゃない。どーぶつ病院の仕事を終えて帰宅したのが1時ちょい前。ハハの帰宅は3時近く…この間、どーしよーとあたふたしつつ、携帯持ってないので駅近くまで行って公衆電話からかけたのよ、ハハに。(これ思いついたのが2時ってのが何とも…だけど) でさ、電話が呼び出してるな、と思ったら切られて。へ? 何? とまたかけたら今度は繋がらないで。何かすごぉ~くイヤな予感とかしちゃってさー。もしかしてただ「オデカケ」してるだけじゃなくて、チチに(あるいは誰かに)何かあっていま病院とか、部屋にはあたし宛の書置きがあったりしてとか…ハハはあたしが鍵を持ってると思い込んでるからねぇ。(つか、あたしも持ったつもりでいたのだよ)

ともかくウチに戻って、うーんうーんと悩みつつ再び待った。3時ちょい前、ハハが(あたしのリクエストした)ピザ引っさげて帰宅した。電話のこと言ったらこーのたまった。
『だって「公衆電話」なんて出たから、何だろーと思って切っちゃった』
……絶句。そこで切られてしまったら、あたしとしてはホントにもー打つ手ナシ、てとこだわね。そりゃ悪いのはあたしだけどさー、いくら何でもさー、電話には出てよぅ。もっとも、ここで電話出られても、帰宅時間はさして変わらなかった気もするけども。
晴れたり降ったりの忙しい天気だったけど、待ってる間は降らずにいてくれたのでちょびっとはラッキーだったかな。しかし8時に朝食たべて昼が3時ってのはさすがにハラヘリまくりだったわ。自分だって同じくせにこの時間はないよねぇ。

ともかくそんな午後で、すぐチチの帰宅時間になり、帰ってきたチチは何だか益々動けないよな状態になっててハハとちょっと途方に暮れた。ディケア先では(チチのいまの状態が怖くて)リハビリとか何もしてないみたいだけど、となるとさらに動けなくなるのは必至。しゃーないのでまたこっちが筋トレがんばらせるしかないよな。何か、石積み上げた先から崩されてる気分になるんだけど。「そゆもん」なんだろね、介護ってさ。
[PR]
by yukimaru156 | 2014-12-12 01:33 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156