そしてやっぱり筋肉痛 と犬に噛まれる と『狐笛のかなた』

うぅ~、やばーい。明日も早番だっつーのに、もー1時廻ってんじゃん! 今夜のアイスはナシだなぁ。せっかくいっぱい買ってあるのに。

朝起きたらあちこち痛くて参った…昨夜から痛かったけど、今朝になったらさらに? 痛くなって、いまもまだばきばき。腿、腰、腹筋、そしてじょーわんにとーきん、が痛い…(上腕二頭筋て平仮名で書くとかあいいな。犬と猫と鶏? みたいだ)
びょーいんでもふもふのわんこやにゃんこを次々と抱いてると、その肌触りの良さに酔ってしまう。落ち着かせるために(?)、ずっと撫で撫でしてるしさ。つーところに慢心があったのかどーかわかんないけど、

  今日、初めてわんこに噛まれた。

ちょっとびっくりした。がぶり、て感じではなくて、センセが肛門腺を絞ろうとしたとこだったので『何すんだよ、きっ』て威嚇した感じ? たぶんだけど。どんちゃん抱くのは初めてではなかったので余計びっくりしたのだ。『初めて噛まれると腫れる、発熱する』と言われてたから、まずそっちに気が向いちゃって内心慌てたけど(だからって交代してもらうほど動揺してたわけじゃないっすよ)、さして痛みはなく、洗浄、いそじんで消毒、そして軟膏を塗り塗りして、1時間経っても腫れてこなかったことでやっと安心した。腫れる人はすぐ腫れてしまうそーだしね。(でもこれは「最初の1回だけ」らしい。そのとき免疫でも出来るんかね。だとしたらヒトのカラダってのもすごい)

帰りにハハと待ち合わせて(チチは本日もディケアなので)外でランチ、そして買い物。ハハが探してる2015年のスケ帳を本屋で見たのだけど、思うのがなかったらしくて断念。そしてその間に、あたしは上橋菜穂子の本を見つけてしばし迷ったあと、購入した。
自分が読むだけだったらいまでなくてもよかったし、B・オフあたりでと思ってたのだけど、姪(小5)へのクリスマスプレは本と決まってて、これはどーなのかなーと思ってたからさ。(でもって、甥は中古本でもまったく気にしないヤツなんだけど、姪は嫌うのだ) 買ってあたしが読んじゃったらそれは中古本になってしまうのでは、とゆー思いもちらりと頭を掠めたのだけどね。そこは許してもらうか、と思って。

で、帰宅してつい読んで、そのまま一気に読了してしまった。有名な「守り人」シリーズではなく、『狐笛のかなた』という、初期の本だけど。うん、まぁ、悪くはないかな。霊狐となり、呪者に使役される狐の野火が何とも切なくて、どう考えても幸せになれないんだけど幸せになって欲しい、みたいな。姪はいわゆる「妖し(あやかし)系」が好きらしいから、ばっちしと思うんだけど、あたしとしては、も少しだったかなぁ。てゆーか、“こーなるんだろな”という展開が読めてしまったので、読めなかったらそれなりにいいのかも、てところ。
ちょっと迷ったんだよ、乙一の『暗いところで待ち合わせ』と。こっちは妖しでも何でもないのだけどね、ちょびっとスリルがあるかなと思って。やめたのは、売ったか残してたかの判断がつかなかったから。あれば一緒にあげちゃうんだけど。どーしたかなぁ。残ってるのは『GOTH』だけかもしれない。これはちと微妙なんだよなー、小5には。
[PR]
by yukimaru156 | 2014-12-20 01:57 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156