くるみギャラリー在廊日 と金繕い とカレンダーショック

本日はくるみギャラリーのクリスマス展の在廊日。朝から、てわけにはいかなくて、13時からってことにしてもらってたけど、結構ぎりぎりになてしまった。出がけにチチのことでばたばたしてしまったし、買い物も必要だったし。(チチを1人に出来ないから、あたしが行かないと食材その他が買えないのだ) もーホントに足が萎え萎えで、まともに地面に着地してることすら出来ないんだよねぇ…2週間前まではトイレくらいは行けてたし、自分で済ませられてたのに。

ともかく13時には無事に着けて、ちょっとしてから陶芸のWKサンの指導のもと、割れた陶器の「金繕い」をやった。たまに彼女はワークショップとかでこれをやってて、ウチにある皿の欠けたのをやってもらいたいなー、と常々思ってたのだ。今回はいいチャンス。いちお「1人3枚まで」てことになってるのだけど、ダメモトで5枚持ち込んだ。みんなほんの少々の欠け具合だから、許してもらえるかなー、と思って。だいじょぶだった。よかった。

ギャラリーの2階は、ワークショップとか工作なんかが出来るちょっと広いスペースになってて、金繕いしたい人たち2人と一緒に、まずはエポキシパテ(金属用)をこねこね。それからそれを欠けたところに付け、あとは「触っても違和感ないくらいに」キレイに紙やすりでヤスる。(これ、水につけてからやると粉が出ないと初めて知った…耐水性の紙やすりなんてあるのね) 
次に真鍮粉と新うるしとを同量にして混ぜ、筆で欠けた部分を塗る。それから真鍮の薄いのを貼って、余分を拭い取れば完成。なるほどWKセンセが言うように『すごくカンタン』でウチでも出来るけど、みんなと『これらの材料をそろえるのはちょっと手間だし、お金もかかるよね』と話してた。ほんの少量しか使わなくても、買うとそれなりの分量になるしね。こうして指導してもらいながら自分で繕うのが一番かも。

やってる最中に常連さんの1人のOKさんが息子さんを連れて訪ねてくれた。ありがとうございます! 立派に成人された息子サンで、今日は母上の年末の買い物に付き合って車を出してくれたのだとか。素晴らしいわ! 陶芸好きで自身でも作られてるみたいで、陶芸作家さんたちの作品を興味津々に眺めて楽しんでくれてた。よかったー。ちょっとだけどおしゃべりも出来たし、何よりお会いできてよかった。いい新年を迎えてください。
あとは誰か来るかなーとちょっと期待してたんだけど、クリスマスが近い、てことは年末が近い、てことでもあるのでみなさん忙しいのだろうな。
そーそ、ギャラリーでちょっとショックなことが発覚したのだった。

  ちぎり屋の2015年卓上カレンダー、9/23が祝日になってません!

うぅ~わぁ~、ショックもショックでしばし声も出なかった…何てミス! しかも2015年のこの9月の祝日は例年に比べてかなり異質なのだ。何てったって4連休だかんね。(ゴールデンウイークに対してシルバーウィーク、と呼ぶらしい) その最後の日が「赤」でないのって何つーか…ショックだわ。お買い上げいただいたみなさん、本当に申し訳ない。わかってる範囲で訂正シールを送るつもりだけど、常連の方以外はちょっと難しいかなぁ。あ、そだ、どーぶつ病院にも1つあげたのだった。年明けにこっそりシール貼ってこよっと。
ギャラリーから帰宅したのは7時。金繕いした皿は好評でほっとした。よく使う皿だからね、ずっと気になってたんだよ。これ、クリスマスプレゼントでーす、て言っちゃえばよかったかな。

甥と姪にプレゼント用意してカード書いて発送準備とかしてたらあっちゅー間にこんな時間…やれやれだわ。賀状もまだだし、掃除とかもしたいのにいつになることやら。結局、これまでの年末と同じようにバタバタしまくってるうちに年が明けるんだろね。
[PR]
by yukimaru156 | 2014-12-22 02:21 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156