仕事のあとチチを見舞う とチャリキー

朝、雨が降ってると嬉しい。そば屋ンときはすっげーヤだったから真逆だわな。(そば屋は地下だったから雨だとみんな下に降りてくるので混むのだ。ピーカン過ぎても混むんだけどさ) 
今日はヒマだろうねぇ~、なんて話をセンセがしてたのだけど(わんこにゃんこの具合が悪くても、飼い主の意向で雨の日はよほどのことでない限り来ない)、ヒマなりにやることはあって、なきゃ早く帰れるかと思いきやそーでもなかった。木曜は午後から休診となるので、雨でもぽつぽつ人は来るしね。

帰宅してごはん食べて、今日はあたし1人で病院。ハハも休ませないとね。昨日、7階の集中治療室から出たものの依然7階で(でも個室。お値段わかりましぇん)、体調が良ければ一般病棟に移る、という話だったのだけど、まだ7階だった。ちぇっ。しかも3時から面会なのに『少々お待ちを』で待たされること30分。何なんだよぅ、もう!
服の上からビニール製の使い捨て割烹着もどきと手袋、そしてマスクを装着して入室。チチは相変わらず眠た気ではあったけど、会話は昨日よりさらにしゃっきりしてきてて、ちょっとほっとした。あたしが誰か、ムスコ共の名前は何か、ちゃんと言えるし。(2、3日前まではわからなかったのだ) 一昨日までの集中治療室より静かな分ゆっくりできるけど(あちらはカーテンで仕切られてるだけで人の気配や機械音が意外に気忙しいのだ)、ここにずっといるのは退屈だろうなぁ。実際、早くウチに帰りたがってたし。それに『朦朧とした状態でチューブを外されても困るので』という理由から両手につけられてるグローブを外したがって困った。キモチわかるからねぇ。でもだからって外してやるわけにいかんしさ。
約1時間、チチと2人で他愛ない会話して、その会話に疲れたのかホントに眠そうになったので(それまでは無理に起こして返事させてた。どーせあたしが帰ったら寝るんだし)、明日はかーさんが来るからねーとサヨナラして病室を出た。

1階ロビーで意外な人に会った。
近所のギャラリーオークのオーナー夫人だ。しかも『昨日、7階で見かけた気がしたんだけど、帽子をかぶってなかったので人違いかと思ったけど…』って、集中治療室で帽子はかぶりませんよ。
実はチチが、て話をしたらば、こちらはオーナーが、だった。しかも相当悪いらしい…あんなにパワフルで快活で元気だった人が…としばし絶句してしまった。76歳だという。チチより4つも若いのに。
うまい慰め言葉も思いつかないまま、ともかくご自身の健康にもご留意くださいね、と挨拶して別れた。近いうちに見舞えたらいいのだけど。

やや小降りになった6時ちょい過ぎ、チャリ置き場に来て茫然とした…チャリキーがないのだ、どっこにも! 確かにポケットに入れたはずなのに、ポケットは当然、カバンの中もどこ探してもない。手袋を出したときに落としてしまったに違いない…うぅ~、何てことだー。管理人さんが念のためと周辺を懐中電灯で探してくれたけどなくて、まずはスペアキーを探します、ととほほな気分で歩いて帰った。
夕食後、“ここかあそこかそこになかったらないな…”と思いながら部屋ン中を探し始めた。10分後、「ここ」にも「あそこ」にもなかったけど、「そこ」にあった。素晴らしいよ、あたし! チャリ購入時の保証書と防犯登録の控えと一緒にビニールに入ってた。保証書はもー褪色し始めてた。日付を見たら、平成15年。あの愛チャリ、ぐりん号に跨いでからもー11年も経つのかー。しかしよくあったな、スペアキー。自分をホメよう。
明日も早番だし、その後オタトモのYDちゃんと映画の約束してるのでチャリは絶対必要。てことで再び夜の街を歩いてった。雨やんでよかった…と思ったら降ってきちゃったけど。しかも傘なし。でも気分は軽かった。
しかし、そんなこんなで今日もまた何も作れず…そして明日も明後日もオデカケ…DMも書かなきゃだしなぁ。切手を買わねば。つか、今年はまだ年賀状のお年玉くじを見てないや。何かドカンといーもの当たってないかなー。
[PR]
by yukimaru156 | 2015-01-23 00:05 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156