がんばれチチの心臓 と8℃じゃ入れらんない

ホントなら今日は早番でお仕事だったのだけど、12時半に病院の「相談受付」てとこでソシアルワーカーさんと話があったのでお休みもらった。(おかげでゆっくり寝れた。よかったー)
約束の10分前に到着して、ちょっとしてからチチの今後(リハビリ病院のこととか、いまのチチの状態のこととか)の話し合い。
リハビリ病院ってもチチの場合、どこでもいいわけではなくて、むしろ選択肢はすごく狭まれる。区内だけでも64か所あるのだけど(事前に調べてたのだ)、そのうち「ここならば」というのは2つ3つ。区外でもやっと数か所。それだけ特殊てことでもあるんだよねー、チチの場合。

本来なら(まだ入院中ではあるけど)、いくつかの候補から「ハハが通いやすい」とか「高額費用にならない」とかゆーとこから絞ってイイと思われるところに打診する(してもらう)のだけど、いま現在のチチの状況は『仮にいいと思える病院があり、運よく「空き」があったとしてもすぐに転院はできない状態』なのだ、厄介なことに。
一昨日あたしが訪ねたときはちょっと調子もよくて会話も割とフツーに出来たのだけど、昨日ハハが行ったときはンなこたーできなくて、そして今日も「寝てるのか起きてるのか」わからないようなぼややんな顔してた。何より酸素吸入のレベルが6まで上がってたし。この一般病棟に移った当初はレベル1で、その後(より心臓に効かせるために静脈カテーテルを入れたにもかかわらず)4になり、今日は6。さらに悪化してるじゃん…がんばれ、チチの心臓! 自力呼吸がまずリハビリ転院への第一歩なんだから!

病院内のレストランで食べたオムライスが美味しくなかったせいか何なのかわかんないけど、チチを見舞ってる病室でハハまで具合が悪くなってしまって看護師さん呼ぶ始末。ロビーで少し休ませて水分補給させたら落ち着いてくれたけど、一瞬いろんなことが頭を巡ってしまったよ。
ホントは途中で別れてあたしはセカイドへ立ち寄るつもりだったんだけど、さすがにハハを1人で帰すのは心配だったので一緒に帰った。『料理をすれば気分がよくなる』とか、ホントなのかあたしに気ぃ使ってるのかわかんないことゆーので一緒に作る。たっぷりのオリーブオイルに砂肝とじゃがいもを入れ、赤唐、にんにく、塩胡椒でじっくり炒めて出来上がり。美味かったー。この砂肝の歯ごたえって素晴らしいよね。じゃがいももほくほくと美味しかったし。

夜はオトート1号のカミさんから電話で、チチの状態からリハビリ病院のことまでしばしおしゃべり。彼女も調べてくれてて、その病院はこーなんだってさー、なんて話とかね。『ゆっくりしてるとこゴメンねぇ~』とか言われたけど、ぜーんぜんゆっくりなんかしてないよ、むしろせっせとちぎってたし。そのくらいは出来る…とゆーか、やってないとキモチが妙な方向に行きそでさ。これやってなかったら何やってたかなあ…わかんないや。
入院して早10日。イイ悪いを繰り返してくれてるけど、いー加減「イイ」方に落ち着いてくれないとこっちの心臓にも悪い。ハハもお疲れ気味だし。それにここ読んでる方にも申し訳ないしねぇ。もちょっと明るいバカ話書きたいわぁ。
さーて、明日は早番。しかも予報では雪! てことは「どーぶつ病院は(たぶん)ちょっとヒマ」。DMも無事書けたことだし、チチの好転祈りながら寝るとしますかね。
そーそ、1号のカミさんから(このブログ読んでくれてるおかげでいろいろ筒抜け)『ホットカーペットの電源を入れるように!』と言われたのだけど、温度計見たら8℃だった。8℃じゃあ入れられないなぁ~。つか、自分が「寒い」と思わなきゃ入れられないよ。
[PR]
by yukimaru156 | 2015-01-30 00:24 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156