バイトのあとはせっせと制作 と「いい要素が何もない」 とCRP!

起きたら予報どーりに雪降っててびっくりした…積雪5センチ? とかって話だったけど、水分多いみたいで道路はびしゃびしゃ状態。もちろんチャリで行ったよ。帰りはやむみたいだったしさ。

8時半に始まるどーぶつ病院のバイトは、行ってからの1、2時間がともかく慌ただしい。泊まってるわんこにゃんこの様子を見廻って、タオル替えたりごはん出したり散歩連れてったり。(カンゴシさんが連れ出したと思ったらすぐ帰って来たので『雪みただけ?』と訊いたら『そう、見て来ただけ~』とゆっておった) 何か異常があれば1、2時間では済まないときもあるのだけど(下痢してたとか吐いてたとか)、今日はみんな元気だった。もちろんエアコンはつきっぱだからね、1日快適温度で仕事中は半袖でも全然気にならないし。

朝イチで患者さんが来たあとは、ずーっと静かだった。おかげで「時間あるときにやっとく」仕事はさくさく進み、昼ちょい前には無事帰宅。
今日はハハがオトート1号のカミさんと2人で病院へ行く日なので、あたしは留守番。つまり「制作日」だ。午前中は結構降ってた雪もやんで、でもやっぱ冷えるなーと温度計を見たら6℃だった。ここで風邪ひくわけにゃいかんよな、とこの冬初めてホットカーペットの電源を入れた。あたしは座卓なので、すぐに尻と足がぽっかぽかになった。そのうちカラダ全体もあったまってきて、ついでに睡魔もやってきて参った…そーなんだよ、あったかいと眠くなるモンなんだよ、忘れてたよ。ま、だからっていまさら止められないけどさ。
とりあえず制作は順調に進み、ここまでやってしまおう、という一歩手前で陥落…情けないぞ一気にやっちまえ、てのと、今日はもーいーよ、とゆー声を左右から聞きつつ、ラクな方に流されてしまった。出来てないからさー、ニンゲンが。

夕飯の支度をしてたらハハが帰ってきた。あともう1品、と思ってたら『お腹がすいてるから(昨日のおかずの残りもあるし)これでいい』とゆーのでこれまたラクな方へ流れ、7時前に夕食。やっぱあん肝は美味だぜー。(今日はゆずポン醤油で漬け置きしておいたのをチンしてみた。でも酒蒸しにしてあとでゆずポンかける方が美味しいかもしれない) 明太じゃがサラダも美味しくできたし。
ハハが帰宅前に電話くれたので、今日の様子は何となくわかってたのだけど、改めて『いいことは何ひとつ言われなかった』と言われると、キモチ的に沈むわなー。1号のカミさんがびしばし質問したりしてくれたそーなのだけど、「上がるべき数値は下がり続け、下がるべき数値は上がり続けてる」状態説明に業を煮やし、『何かひとつくらいいい要素はないんですか』と尋ねたらば。
『何もないですね』
そこで家族の活力数値まで下げてどーするよ? ウソつけたー言わないけどさー、「言いよう」てのがあるじゃん。若いセンセらしーから無理なんかねぇ。

あとでカミさんから(この呼び方でイイのかどーか迷うとこ大なのだけど、どーっすか。「(甥の)YGママ」のがイイですか、それともホンミョかH.N出しますか)、電話をもらった。確かにセンセの言うように「いい要素はない」のはホントらしいのだけど、チチを見舞った様子としては決して悪くはなかったみたいだ。いちお、ちゃんと目ぇ開けて喋れていたそーだし。
『入院してから数値が下がり続けてるってのもどーなんだと思うけどさー、これから良くなってく可能性だってあるわけじゃん』
だよねー。つか、すがるとこはそこしかないよね。好転してくことを祈るばかりだわ。これまでだって何とか持ち直してくれたのだから、もちょっとがんばって欲しい。

にしても「アルブミン」だとか「CRP」だとか、どーぶつ病院で耳慣れた単語が並んで、日ごろ検査してるわんこにゃんこの数値と同じモノをチチもやってるんだなー、つか一般には聞かない単語にいつのまにか慣れてたんだなあたしー、とか思ってしまった。特にCRP! あたしはこの単語を聞くだけで怖気が立つ。なぜなら「まだ出来ない」からだ。これ頼まれると、“えーと、このちっこい銀の棒を1本ピンセットで取ってここに入れて、スポイトでこいつを…の前に何だっけ、こっちの作業進めておくんだっけ…”とびびりまくり、結局助けを求める羽目になる。そこできちんと教わればいいのだけど、そもそもあたしにこれを頼むってことは「他の人たちはそれぞれのことで手一杯」な状況なわけだから、『じゃあちょっとこっちやっててください』になるんよ。血液検査はだいぶ慣れたけど、このCRPはねぇ…これも血液検査ではあるのだけど、頻度としては少ないので余計ね…はーあ、こんなこと書いてたら明日、やらされかねないなぁ。ありませんよーに!
[PR]
by yukimaru156 | 2015-01-31 00:44 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156