再びのマッサージ とシークレットのマンガ

朝、びーどろねずみサンから小包みが届いた。事前に連絡のあった、「貸したマンガ(の返却)と貸すマンガ」だ。バイトがオフで、見舞いはハハで、しかもこーゆーさっぷい雨模様の、特に何の予定もない日に届くなんて何て素晴らしいのかしら! ありがたう、びーどろねずみサン!

午後から雪かもというこのさみぃー日にハハを行かせるのはちとココロ苦しくもあったのだけど、先々週も先週も週4日あたしが行ったから、今週はハハが、てことになってたんだよね。あまり気にしてない風だったからよかったけど。
ハハの荷物(パジャマ2枚…てことは1日に2度も着替えたことになる。介護ぱんつの着せ方が下手なんじゃないのかね)を持って駅まで送り、あたしは一昨日行った整骨医院へ。(どーもあたしは「整骨」と「整体」と「マッサージ」の区別ができんよーだ…)
先日に引き続き男性の方がやってくれて(女性もいて、どうもこちらが院長らしい)、もみ返しの有無とか訊かれたあとはしばらく無言で施術してくれた。今日はおしゃべりはナシかな? と思いきや、ちぎり絵のこととか、この界隈の話とか、不快でない程度の日常会話になる。のはいーんだけど、圧がかかってるときに質問するのはやめてくれないかなぁ。声でないし、質問スルーされたと思われるんじゃないかと無駄に焦っちゃうわ。
センセは台の上に乗ってぐぐーっと腕を引っ張り上げてくれたり、力任せに(?)揉んでくれたり、かと思うと筋のあたりを丹念にほぐしてくれたりと緩急つけてマッサージしてくれ、当たり前なんだけどさすがだなーと思ってしまった。おかげで肩がすごくラクになってすっきりした。

ちょっと腰も診てくれたのだけど、『腰は腰で重点的にやった方がいい』と言うことで、数年前に「ヘルニアになりかけてる」と言われたことがあることを告げ(当時は確か湿布と飲み薬だけだった)、では次回は腰をとお願いした。肩がラクになったせいか、腰の方が気になりだした…ホント、近いうちにお願いしに行こう。
夕飯の買い物をするつもりでスーパーに寄ったら、あろーことか休店だった…そーいやレジのメンテナンスだか何だかでお休みと張り紙あったなー。忘れてた。冷蔵庫にあるもんで何とかせねばならん。きのこ類がいっぱいあったので、塩糀できのこスープを作ることに決め、下ごしらえも必要だけどまだへーきだな、と判断して珈琲を淹れた。そして念願の読書たーいむ!

マンガを送ってくれるとき、「シークレット」として、タイトルを明かさないのを2冊入れてくれたのね。何が送られてきたのかなーとちょっドキドキしながら開封したら、『魔法使いの嫁』だった。何て素晴らしいんだ、読みたいと思ってたんだ、これ! 
以前、電子書籍の試し読みで1話だけ読んだとき、ちょっとおもしろそーだなと思ってたのだ。で、B・オフに立ち寄ったときに見つけてラッキーと思ったものの、定価570円(?)に対して450円だったか、そんな値段がついててさ。マトモに買ってもさして変わらないじゃん、だったら作家のためにもフツーに買うよ、と思ってたとこだったのよ。巻数が未知数なので(あまり増えるのも困るので)、ちょっと躊躇はしてたのだけど。いやぁ、嬉しい。でも考えたらこれってホントにびーどろねずみサン好みの話。舞台は英国、「人外」の魔法使いと身寄りのない少女、妖精、ドラゴン、猫、そして魔法と魔術。王道だけど新鮮な面もある。熱い珈琲飲みながら、堪能したわー。寒いけどいい休日になった。

きのこスープもまぁの満足のいく出来で、明日は早番バイトと見舞いだけど、活力になった。先の見えない不安はあるけど、可能な範囲でがんばるしかないよね。
[PR]
Commented by びーどろねずみ at 2015-02-19 00:34 x
漫画、間に合って、堪能してもらえてよかった(^^)

マホヨメは、昨日の夜のブログに「買っちゃった!」って書いてあったらどうしようかと…(笑)


Commented by yukimaru156 at 2015-02-19 23:38
びーどろねずみサン、さんきーう! でした。ばっちしなタイミングで、読みたかったマンガで、言うことナイっす。ホントにありがたう(*^^*)
代わりに何かお貸ししたいのだけど、もーびーどろねずみサンの「好みでなさそ」なモノしか残っていない…(^_^;) どーしましょっかね(笑)
by yukimaru156 | 2015-02-19 00:24 | そんな1日 | Comments(2)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156