チチが見てるモノ と早くも電池切れ?

スタートはそーでもなかったのに、10時、11時となるとどんどん人(とわんこかにゃんこ)がやって来て、目が廻ってきて参った…こーなると、12時に『お先に失礼しまーす』を言うタイミングが難しくて困る。木曜は午後から休診だから、12時前なんてホントに集中するんだよねぇ。
何とか1時前には抜け出せて、ハハとスーパーで待ち合わせ。の前にどーゆーわけかチャリですっ転んで、あろーことかジーンズを破いてしまった…うぅ。安物だけど(確か1000円)、穴あいてないジーンズはこれで残り1本となってしまった…高くても(6000円とか)安くても、膝を破いてしまう間隔が一定な気がするのはなぜだ…この時期、穴あいたジーンズはまだ寒いのに。つか、そゆので仕事するのも(遅番はともかくとして)よろしくない気がするんだよねぇ。今月は金ねーのに。(何が痛いってやっぱ往復700円の通院費だなー)

ハハと帰宅して、昼食後すぐに病院へ。
チチが日中眠たげなのは、どうやら夜眠れていないせいのようで、昨日ハハが看護師サンに訊いたところによると
『夜、見廻りで覗くと目があってにっこりされる』
ことが多いのだそーだ。(別に騒ぐとか人を呼ぶとかではないらしい) まー害がないっちゃないからいーけど、深夜に起きてて何してんだろな。
と思ってたら、“もしかしてマズイのかも…”と思ってしまった。今日。カーテンを開けてベットを覗いたら、チチはあたしには気づかず(?)、右斜め60度あたりを見つめてにこにこ笑ってたのだ。声かけても上の空で、ずーっと一点を見つめ、笑ってる。あたしが右頬に手を当てて強引にこちらを向かせ、『あたしだよ、わかる?』と声をかけると、返事するのにまたそっち向いて、『誰かいるの?』とそっち(カーテン上部と天井しかない)を見ると、口をもごもご。何とか聞き出すと、どーやら死んだじーさんがいるらしい。(ばーさんはいないよーだ)
『まだこっち来るなって?』
『ちがうよ』
『こっち来いって?』
『……うん』
マジかよ、ウソでしょ。いろいろ突っ込みながら、また尋ねると『何も言わない』になったけど、でもどーやらホントに「見えて」いるらしい。やたらにこにこ顔なんだよねぇ。たまに逆向いたりしてさ。あたしの方には目もくれない。途中、看護師サンが来たのでざっと説明すると『え、見えてるんですか?』と驚きつつ、『そういうのが強い方なんですか』と訊くので、いやー、そんな話は聞いたことないんですけど…と苦笑い。う~ん、どーしたもんかなぁ。どーしよーもないのだけど、今日は「見舞い」ではなく「見守り」にしかならなかった気がするわ。

隣の隣の病室にいる、ギャラリーオークのオーナーを訪ねた。奥さまがいるのが見えたのでね。あちらはウチよかもちょっと悪い状態で、目は開けてても「認識」すら出来ていない模様。それでも「同じことなら自宅で看たい」と申し出たようで、ここを出るかもしれない、と言ってた。この状態で自宅介護は難しい気もするけど、気持ちとしてはわかるなぁ。
チチに会いたいと言うので、再び病室に戻る。わかってるのかわかってないのかまったくわからないけど、やたら人懐こい笑顔で迎えるので『いいわねぇ、いいわねぇ』を連発された。何の反応も返さない(返せない)ご主人と比べたら、これでも羨ましがられるのだろうな。
チチが救急で運ばれて、昨日でちょーど1か月。酸素マスクは外れたけど、担当医は顔を見せないままで、これまでの経緯も経過も今後の見通しもまったく不明なまま。不愉快だわ、そこんとこは。

あまり気乗りしなかったのだけど、行くと言ってしまった手前、かつての古巣のそば屋を覗いた。前回不在だったSU氏とYZ氏がいて、『何か食べる?』とゆーのでえび天頼んだら3本も入ってた…そば少な目で頼むのだった。えらい苦しくなってしまった。
チチのことや何やらをしゃべりつつ何とかそばを完食し、差し入れのチョコをあげて帰宅。いやはや何つーか、昨日あんだけゆっくりした休日を過ごせたとゆーのに、もう電池切れみたいに疲れたわ。明日も早番だけど、その後はゆっくりできるかなー。したいなー。
[PR]
by yukimaru156 | 2015-02-20 00:30 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156