咬まれた話の続き と「きょうこ」て誰 と再生できた!

きのーあんなこと書いちゃったから、閲覧数が戻ってしもーた…失敗した…のか? どーでもいっか。大体、「記事別ランキング」の1位が「100均ジョイントマットをトイレに敷く」なんて、いったいいつの記事だよ、て話だし。
それはともかくとして。
先日の「咬まれた話」の続き。
キャバリア君に咬まれたのが一昨日。待合室から診察室へ抜けるとき(抜けないと最奥のスタッフルームへ行けない)、すれ違いざまに待ってる彼にいきなり咬みつかれた。あまりにも突然のことだったのと、いきなり走った激痛に悲鳴をあげてしまったのだけど(「きゃー」ではなく「痛い!」だ)、センセがくれた軟膏と抗生剤のおかげで腫れることも発熱することもなく翌日無事に過ごした。
そして昨日。お泊りわんこのチワワにがぶりとやられた。今度は二の腕ではなく指先。診察に連れ出そうとしたら、びびりちゃんのくせに反撃して(?)きたのだ。手を入れる前に咬みつきそーな予感がしたのでタオルかけて捕まえたんだけどね、タオルの上から咬まれてしまったわけ。右手薬指の先。まだちょっとじんじん痛いけど、やっぱり腫れることも発熱することもなかった。よかった。『膿んできたら外科に行った方がいい』と経験アリの看護師サンに言われたんだけどね。だいじょぶだった。ほっ。
そして本日。診察台でセンセの注射待ちのにゃんこがいきなり暴れて前足後ろ足であちこち引っかかれてしまった。それはまぁ「よくあること」なんだけど、何がショックって「シャツの右袖に穴」が開いたことだ…ちきしゃう、これ、作家サンTシャツなのに! この人のはこれ1枚しかないのに! この程度の穴だったらまだ着るけどさ。しかしみんなが言うように『続くときは続く』んだよなー。これで終わり、であって欲しいわ。

帰宅して昼ごはん食べて、すぐ見舞いに出かけた。それでもいつもより(どーぶつ病院が混んだので)遅くなってしまった。
チチは口開けてかーかー寝てたけど、顔を出すと先日よりは若干はっきりしてて、でも『あたしが誰だかわかる?』の質問には『わかりません』と即答。答える前にちょっとは考えるか悩むかしなよ! 質問して『聞こえる?』には『聞こえません』だし。もっともあとで看護師サンが『「聞こえません」とあまりにもはっきり即答するので、ホントかなと思うんですよねぇ。聞こえてなかったらそんなにすぐ返事できないし、からかわれてるんじゃないかなー、と』とゆっておった。確かに。あンだよ、いー度胸してんじゃん、たくもう。
昨今のハハとの話題は『きょうことは誰か』。もー何度この名前を耳にしたことか! 『あたしが誰かわかる?』『きょうこ』だし、『奥さんの名前は?』も『きょうこ』だし、『昨日誰か来た?』にも『きょうこ』で、ハハとの会話でも同様。しかし親族、友人知人近隣に「きょうこ」という名前の女は存在しないのだ! 『え、それってまずくないですか?』と看護師サン。『そーなんだよ、まずいんだよ、昔の恋人だか愛人だか知らないけどさー、「きょうこって誰」と訊いても答えないか「わからない」だから、もし判明したら教えてね』と言っておいた。そんな困ったようなフクザツな顔しなくてもいーよ、看護師サン。もっと野次馬根性出しなって。

先に「先日よりはっきり」と書いたけど、それでもこの程度。ただまぁ、「ちゃんと発音してる」てのと、「とりあえず目の前に人がいることを認識してる」てことくらいの差なんだよね。
帰宅もちょっと遅くなって、“日が暮れるとまださみぃーなー”と思いながらチャリ転がしてたら、持たされてるチチの携帯が鳴った。オトート1号からだった。会社帰りに寄ってみようと思う、て話だった。会社からバスでそのまま病院に行けるらしい、て話をしてたから試すつもりだろう。今日はちょっとまともだよー、と言って切ったのだけど、あとで「だからってマトモな会話が成立すると思うなよ」と言ってやればよかったかなと思ったりした。果たしてどんな会話を交わしてることやら。

さて、昨日あたふたした「再生できない」録画モノについて。
今日もオンタイムで観なきゃあかんのか、明日も早番だぞ、つか『ウロボロス』はこの3週くらい未見なのに、でもって急展開してるっぽいのに観なきゃダメか、と思いながら、無反応のボタンあれこれ必死になって押しまくり。昨日さんざん試したことなので早々に諦め、手袋型のマイクロ雑巾(?)を手にはめて機種の後ろをちょっといじってみた。コードとか見えないのでただごそごそと手を動かしてただけだけど、何かがちょっと反応して、それから映るようになった。原因はホコリか? そーなのか? 何にせよめでたい。一件落着。よかったよかった。
[PR]
by yukimaru156 | 2015-02-28 00:07 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156