だぶりが3冊も! と85%オフ? と初めての往診同行

今日の予定は「病院のハシゴ」だった。せーこつと見舞いとどーぶつの3つ。でもハハが見舞いに行くと言いだしたので譲った。(譲った、てのもヘンな話だな) まぁ、昨日と違っていい天気だったしね。気分よく歩いて行ってもらえるからいっかな、とも思って。
なので不意に時間が出来たわけだけど、掃除にしろ何にしろ「やらなきゃ」は数多くあっても「やる気」はなくて、とりあえず部屋の一角をちょろちょろ整理。昨日買ったスペンサーシリーズの本を並べようとして激しいショックに見舞われた。買ってきた5冊中、何と3冊がかぶってたのだ!! 何てこったー!! よもやこれほどアホなことをするとは思ってもいなかった…よりによって3冊も! 1冊108円でもショックはでかい…自分の間抜けさに対して。早々に寄付するか売り払うかして視界から消してしまいたい。

午後、整骨医に行った。また腰をやってもらうか肩にするかちと悩んだのだけど、肩をお願いした。右肩より左肩の方が凝りが激しいらしい。(右は前回ので良くなったよーだ) ほぐしてもらうと言うよりは「指圧」に近いやり方で、結構キモチよかった。で、やってもらいながら「ちぎり絵」だけでなくどーぶつ病院でパートもしてるのだとか、チチの見舞いに1日置きに行ってるなんて話もちらほら。昨年からの介護の大変さとか、どんなにしんどくても忘れてしまうものなのだなと思ったりもした。
終わってから、先月行った「らいとん」のセールにまたちょっと顔を出してみた。完全閉店まで残り1週間でもしかしたら「全品2割引き」が「3割引き」になってるかも~とか都合のいい想像してね。3割引きにはなってなかったけど、『合うサイズがあれば本当にお買い得ですよ』と言われたジーンズの中に2枚だけ自分サイズのモノがあり、さして迷うこともなく1枚買った。1万円のジーンズの札に4600円のシール、その上に3900円、さらにその上に1900円のシールが貼られ、かつ「そこから2割引き」で1520円。85%オフくらい? の値段にちょっとほくほくしながらも、「モノの値段とは何なのか」と考えさせられる。同じタイプのジーンズを正規の値段で買った人だっているんだよなー。108円の本にしても然り、なんだけど。

どーぶつ病院に行って、今日2人カンゴシさんがお休みだったと知ってびっくり。電話かけてくれれば早くに行けたのに。(そんな余裕もなかったかもだけど) で、さらにびっくりが
『往診行くの、一緒に来てちょーだい』
お、おーしんですか? これからっすか? とちょっとびびる。そりゃセンセが往診行くのは知ってたけど、まさかそれに同行することになるとはね。てゆーか、あたしが行っていーんだろかと思いつつ、もちろん同行した。エプロン姿のまま往診カバン持って。8時前くらいだったかな。
センセの話によると、90歳のひとり暮らしのおばあ様で、にゃんこも同様にかなりの高齢。2駅先でセンセの車で行った。90のばあさまがにゃんこ連れて来るにはちと遠いよなー。『食欲不振で元気がない』と言うことだったけど、センセがちょっと点滴してあげたら元気になって(その間、あたしはにゃんこと点滴針を支えてただけ)、ばあさまの世間話にしばし付き合い、『近所の定食屋からもらった炊き込みごはんだけど食べて行って』と言われるままご相伴にあずかってきた。あたしはともかく『忙しくてお昼を食べてない』というセンセには良かったと思う。みかんも美味しかったし。(あとでセンセに『じゃあ今日は朝から何も食べてなかったんですね』と言ったらば、『ううん、朝も食べてない』…センセイ、あたしはセンセイが診るわんこにゃんこの容態よかセンセの身体の方がずっと心配なんですけど…)

びょーいんに戻ってから掃除、洗濯、カルテ整理その他で、あっちゅー間に11時。以前は11時過ぎることもあったけど、結構久々だったな。ハハに『もう少しで病院に電話するところだった』と言われてしまったし。
ハハが見舞いから帰宅するのとあたしが出かけるのはほぼ同時だったのでチチの様子を聞けたのは帰宅してからなんだけど、今日、担当医に『自宅へ戻るのは難しい』と言われてしまったそうだ…納得いかない。何か手段はないものかと考える自分がいる。確かに嚥下も出来ないようでは「難しい」のかもしれないけど、1/18に入院する直前まで「自分の手」で「白ごはんと味噌汁を食べて」たのだ。嫌な気分だ。90歳であんなに元気でひとり暮らししてるばあさんもいるのにな。
[PR]
by yukimaru156 | 2015-03-03 01:50 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156