病院見学その3 と病院わんこのDZ来たる

病院見学その3は、鶴川。「ちょっとした遠足気分」だ。天気はぽかぽかだし、車窓から眺める桜並木は満開だし。(新百合~柿生間の桜は素晴らしかった) 鶴川駅からは病院の送迎バスが出てるのだけど、面談は1時なのに送迎バスは12時~1時まで運休…運転手の昼休みか。いー仕事だな。バスの運行は1時間に1本しかないのに。
ま、そゆわけでどーしたものかと思ったけど、送迎でないバスならもちろんあるので(金かかっけど)、往路はそちらを利用。古民家や畑の中を抜けてくのでホントに遠足来てる気分になった。
(そーそ、昨日の話だけど、リョーシンの新婚旅行の行き先は「大阪(新幹線開通したばかり)まで行ってそこから神戸に出て船で九州」というコースだった)

外観はフツーだけど、つい最近(この2月!)にオープンしたばっかなので、建物そのものが新品の匂いでいっぱいだった。エレベーターの中なんてほのかにシンナーの匂いまでしてたしさ。
社会福祉士の人と3人で、まずはチチのいまの状態とか、これまでの病歴とか、家族の意向とかの話をし、それから院内を見学。ホントに「出来たて」のとこなので(もっとも、建つ前も病院だったらしいけど。改築して、「療養・リハビリ」の病院になったのだ)、部屋も余裕があり、すぐにでも入れそうだった。こういうの、「空きベット待ち」てのが少なくないんだけどね。
いいところだったし、値段もその1、その2とどっこいだし、何より「療養」だけでなく「リハビリ」も(その人の状態を見つつ)やってくれる、というのがイイとあたしは思うのだけど、いかんせん遠い…駅からすぐならまだしも、そこからバスはなぁ…たかが10分程度だけど、通うとなるとしんどいよな。バスの時間も気になるしねぇ。

駅まで戻って遅い昼食を取ったあと、あたしがそのまま新宿に出てチチを見舞う予定だった。んが。夜は夜でバイトが入ってるので、これから病院に向かってもいられる時間は1時間に満たない。てことで、ハハが行くことになった。3連チャンになるにしてもあたしが行きたかったんだけど。チチを見舞いたい、て孝行な理由ではなく、単純に「バイトがオフの水曜はウチで休んでたかった」から。日曜もオフだけど見舞いだったしさ。いい天気が続いてるから、冬物を一気に片付けてしまいたいんだよねぇ。あと、ゴロゴロしたい。先週、結局セーコツに行けなかったし。
ハハに押し切られる形で見舞いを譲ったあと(でもこれはこれで助かった。やっぱカラダきつかったので)、一度帰宅して洗濯物を取り込んでから買い物へ。加熱用カキが100グラム99円ととてもお安かったので買って、それで夕飯の支度してたらあっちゅー間にバイトの時間だった。(調理は出来ても米をとぐ時間はなかった…) 

陽気が良くなると、患者が増える。具合の悪くなるわんこにゃんこが増えるわけでもないと思うけど(急激な気温変化で増える、てのはある)、まーこれからは忙しくなってくよなぁ。4月6日からはきょーちゅー(狂犬病注射)週間だしさ。また500頭近くも来るのかしらん。
夜バイトの主な仕事は掃除と洗濯と補充とカルテなんだけど、それらの仕事に取りかかれたのは8時半過ぎ。にゃんこ抑えたり、クスリ作ったり、その他もろもろ。センセたちは8時から手術だし、終われば器具洗浄とかもあるしさ。結局、仕事が終わったのは10時半を軽く廻ってた。くたびれた。

で、帰るころ、病院で飼ってる(雑種の中型犬で、語ると長い理由付き)わんこのDZを連れてセンセが散歩に行くとゆーので(センセが帰宅前にDZ連れて散歩へ行くのが日課なのだ)、一緒に歩いてくことになった。DZは散歩同行者が2人いるのが楽しいのかえらい乗り気でテンション上がってて、それはいーのだけど、何と我が家まで来た。
『じゃあねー、DZ、あたしンちここだからバイバイねー』
と言ったらば、『そーか、ここが雪丸ンちか』てな顔で玄関に入ってきたので、慌ててハハを呼び、ハハにセンセとDZの相手を頼んで、皿に水を入れて持ってきた。DZは悪びれもせず玄関から廊下にあがり、その奥を気にしつつ、水を飲んでひと休み。初めてのウチなのに、でもってハハにも初対面なのにやけにくつろいで、あたしの方がびっくりしてしまった。ま、すぐにセンセとの散歩を再開したのだけどね。あの様子じゃ、また来るかなー。
[PR]
by yukimaru156 | 2015-04-01 02:19 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156