チチの笑顔はみんなを癒してるらしい とゴーカな夕飯

なるなら冬物一掃したいと思ってたのだけど、ンな余裕はてんでなく、幸いなことに天気も悪かったので、ココロおきなく病院へ出かけられた。介護用おむつの山を持参したのだけど、こいつがえらい重くて、駅まではチャリなのでどってことないけど病院まではしんどかった。傘と珈琲(今日はフンパツしてコンビニではなくドトの珈琲)も持って、だったし。

チチは口開けて寝てたけど、行ったら目を覚まして、先日の金婚式とは大違いの「しっかり具合」だった。それでも人の名前は間違うのだけどさ。あたしは奥さんだと思ってるらしい。何度『ちがう』と言っても、てんで聞いちゃいないんだよな。
珈琲の前に身体を拭いてあげてたら看護師サンたちが『お身体拭きますね~』とやって来たので、いま拭きましたとも言えず、お願いした。4月は異動時期でもあるらしく、初めての方。脇でおしゃべりしつつ、カラダ洗浄を見守らせてもらった。ちゃんと石鹸使ってごしごししてから、熱いタオルで拭いてくれてたので、チチも気持ちよかったのだろう。やってもらってる最中にちょっと気配がして、『あ、やっちゃったかも』『みたいですね』『拭き終わったら見てみましょう』で、見てくれた。しっかり致してた。でもついでにこっちもやってもらえたのでよかった。1人が『これ終わったらちょっと車椅子に乗りましょうねー』と言い、思わずホントですか、と聞いてしまった。だってつい先日乗せて、またすぐ先生の許可が下りるとは思わなかったんだもん。

でも乗せてくれたのは本当で、まぁ病院内の中だし、外は雨だから景色もよかーないのだけど、ちょっとした気分転換にはなる。金婚式のときは全然乗り気ではなく、目も虚ろでハハを哀しませるだけだったのだけど、今日は違った。隣の病室のKBさんが来て、挨拶してくれたら嬉しそうに笑っちゃってさ。看護師さんたちからも『あー、笑った~』『癒される笑顔ですね~』と好評。この笑顔、どーして金婚式のときに見せてくれなかったのさ。そこんとこ、むかつくわ。(で、先日の写真を見せるつもりで持参したデジカメでこの笑顔を撮った。ハハは『こんな顔できるんじゃないの』と喜んでたけど、ちょっとフクザツそーだった。ハハが訪ねるときは、看護師さんも同情してたけど、寝てばっかなのだ) あと、首がちょっと座ってない感じなのが惜しい。おかげでずっと後ろから支えてないといけなかった。これはリハビリで何とかなるかなぁ。

3、40分ほどで病室に戻ったら、やはりくたびれたみたいで眠たげだったので、10分だけ寝かせてあげることにした。(それ以上寝かせたら、また夜起きて明日のハハが来る時間は眠ってることになる) CD聴く? と訊いたら『聴く』とゆーので、何がいいか尋ねると『皆殺しの歌』と言う。へへー、そんなに気に入ってるんだこれ、と思いつつかけてやると『ちがう』と言われた。
『え、これが「皆殺しの歌」だよ』
『ちがう』
『じゃあさ、思ってる曲とタイトルが違うんじゃないの』
『…かもしれない』
う~ん、何だかなぁ…。でもCDには入ってるみたいなので、1曲目からちょっづつ聴かせてどの曲のことか確認してあげればよかったな。次回そうしよう。次回もこのくらいちゃんと会話が成立してくれればいいのだけど。

帰宅したのは7時ちょい前あたり。今夜の夕飯は「温野菜の上に薄切りステーキを乗せて自家製ソースで食べる」とハハが言ってて、そのとーりだったのだけど、帰宅して開口一番のハハの台詞は
『あさりがね、食べてー、食べてー、て口をぱくばくさせてて…』
という、早々に何? だった。つまりは、明日食べる予定だったあさりも食べることにした、てことで、温野菜とステーキという惣菜にあさりたっぷり山盛りの味噌汁、となった次第。えらいゴーカな夕飯だった。
びょーいん入口にわんこにゃんこのためのでかい給水器を配置したので、そこに貼る「お水をどうぞ」というカードを作った。ちぎり絵つきで。頼まれてないけどね、あった方がいいなと前から思ってたのだ。明日は、いつまで経っても慣れない早番だ…がんばらねば。
[PR]
by yukimaru156 | 2015-04-02 00:29 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156