たぶんこれまでの中で一番マトモなチチ と土曜の夜は忙しい

先日、チチが聴きたいと言ったので聴かせた「皆殺しの歌」がちがうとゆーので、今日はCDを最初からかけて、どの曲と勘違いしてたのか確認することにした。2曲めで『これだ』と言った。映画「駅馬車」のテーマ曲で、タイトルは「寂しい草原に俺の骨を埋めてくれるな」。いやはや…「皆殺しの歌」とはまた違う意味でとんでもないタイトルだ。チチにはヘッドホンで聴かせてるので、あたしにはどんな曲かわからない。ウチに持ち帰って聴いてみたいと思っても、CDプレーヤーを病室に持ち込んでるのでそれも出来ない。(あ、PCで聴けばいーのか。いま気づいた) う~ん、コレが聴きたかった曲なのかー、と曲が終わるのを待ってヘッドホンを外し、どーだった? と尋ねると
『似てたけどちがった』
何じゃそりゃ。ま、いーけど。で、また曲探しを始めたのだけど、途中で『このCDの中にはあるんだよね?』と確認すると『ない』。じゃ、探したって無駄じゃん! てゆーかこないだは『ある』ってゆったじゃん!

ともかくそんなやり取りで始まった見舞いなのだけど、今日のチチはこれまでの中で一番「マトモ」だった。ハハがいたらさぞかし喜んだだろう。ベランダの花を持参して見せたら『ふりーじあ』とちゃんと名前言えたし、庭にどんな花があるか尋ねると『梅の木があってー、芍薬(石楠花(しゃくなげ)だけど)とー』て感じでしゃべって、『紫陽花の名前は』と尋ねると『隅田の…朝日』。惜しい。(惜しいか? ビミョーだな) 隅田と言やぁ「花火」でしょ、と指摘すると『あ、そーか』。
てゆーかさー、こんだけマトモに会話出来てて、何であたしの名前が『うらら』なわけ?! つか、どっから来るのさ、この名前。『ムスメは3人』と言うので息子はと訊くと『3人』『じゃ、娘と息子で計6人?』『ちがうね。5人』とか、やっぱよくわかんないんだけど。本気で隠し子とか愛人とか疑うよ。そこんとこはきっぱり否定すんだけどさ。そんでいきなり(ホントに突然)
『とくべつにゅうかんきょかしょう』
とか言いだすから、それは何だ、どこで誰に聞いた何なのだ、と訊いても『???』。しばらく経ってからやっと、あたしが首から提げてる(病院窓口で名前書いて渡される)「入館許可証」を読んだのだ、てことが判明した。(「特別」て字はどこにもないけど) ウラを返すと『ほんじつかぎりゆうこう』『ようへんきゃく』と読むので、『何か読みたい?』と訊いてみた。
『うん』
『どんなの? 字は大きい方がいいよね』
『うん』
『何がいいかね』
『ディック・フランシス』(字はでかくない。むしろ小さい。ちなみにイギリスの元騎手の書いた競馬ミステリで、チチは彼のファンだった。本もほぼ全部揃ってる)
う~ん…ま、そのあたりはおいおい考えるとしよう。明日になったらすっぱり忘れてるかもしらんし。

昨日のブログはちょいとした反響を呼んでしまったよーなのだけど、こんなの読みたくなかったわーとか、あまりいい気分にならなかった方、多いかと思います、ごめんなさい。毎日更新なモンで、その日の感情が(うまく制御できずに)どかっと出ちまうこともあるんですよ。ハハとも衝突しないよう気をつけてはいるのだけど、言わなきゃ伝わらないこともあるしねぇ。ハハはハハでこっちに気ぃ遣ってるのもわかるから、そこのところのさじ加減(?)も難しい。『私が毎日行くから、あなたは来なくていい』とか言われてもね、いや、そゆ話じゃなくてさ…みたいな。でもこれを機会に(てわけでもないだろけど)、オトート2号や1号のカミさんと電話でしゃべったらしいから、そこで緩和されてりゃいーかな。あ、別にハハと不穏なわけじゃないっすよー。そこはご心配なきやう。

見舞いから帰宅して珈琲飲んでバイトへ。車で来院された方には駐車代を出してるので駐車場まで付き添うのだけど、土曜夜も開いてたことに驚かれ、すごく感謝された。『土曜でないと来られない方も多くいらっしゃいますので』と言うと、『本当にそうですよね。ありがたいです』。開けてるのはあたしじゃないんだけどね~、と思いつつ戻ると、カルテが山になってていまにも崩れそうだった…しかも「タオルを食べた(らしい)」わんこがやって来て、バリューム飲ませてレントゲン。吐いたゲロを手袋してかき分け、中に異物が入ってないかセンセと調べた。なかった。残念。これから緊急手術…なのかな…うぅ、センセーイ、ちゃんと休めますようにぃ~!
っとになー、土曜の夜っていろいろあるわ。








 
[PR]
by yukimaru156 | 2015-04-05 01:45 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156