さらば介護用品 と病院見学その5 と釜飯屋は痛恨のミス

先週の金曜、業者がチチが使ってた介護用ベットと車椅子を引き取りに来て(あたしはバイトだったので立ち会わず)、今日は4本杖を引き取りに来た。ハハはすでに見舞いに出たあとで、あたしが対応したのだけど、ハハが『(ベットが引き上げられるのを見て)泣きそうになった』と言ってたように、あたしもまたこみあげてくるものがあった。ありがとう、介護用品たち。もっと付き合ってもらうつもりだったのにね。
これでチチが世話になってた介護用の日用品はすべてなくなり、座敷は本当に何もない、がらんとした空っぽの部屋になってしまった。ここにチチが戻ってくることは、たぶんない。あんなにがんばったつもりなのにと思ったり、でもまだ終わっていないと思ったり。ちょっとフクザツだ。

見舞いから帰るハハと病院見学するために電車の時間を決めて車内で待ち合わせ。「何時何分発の3両目ね」とし、その電車に乗る、と連絡が入ったにもかかわらず、いない…何だそりゃ、と不作法を承知で携帯に連絡してみた。『乗ってるわよ、3両目』。いないからかけてんじゃん! と4両目、2両目を覗く。やっぱりいない。『次の駅で顔を出して』と言って切った。次の駅で顔を出した。いなかった。ここで降りたら見学時間に間に合わないので顔を引っ込め、今度はメール。電話が鳴った。
『どこにいるの』
『3両目に乗ってるわよ』
『あたしも3両目だよ? ドアのとこに「何号車」てあるでしょ。何て書いてある?』
『5号車』
じゃ、5両目ってことじゃん! 何でそれで気づいてくれないかな!
車内を行ったり来たりこっ恥ずかしいなーと思いつつ、5号車まで行った。やれやれふぅ。

病院見学その5は、若葉台。もしくは永山から送迎バスなのだけど、1時間に1本で余裕がありすぎるかなさすぎるかしかないので(鶴川のときもそーだった。見学時間を指定してくるなら、送迎バスの時間を見込んで言ってくれれば助かるのに)、タクった。徒歩15分だったけど、初心者だったら25分はかかるだろーし、それより何より「雨か霙か」て寒さだったしね。ホントに4月かよ?! と叫びたくなった。病院は山の上だったし(晴れてたら絶景だろーと思われる)、タクシーは正解だ。
まずは病院内の見学。築何年か聞きそびれたけど、廊下も部屋もたっぷり余裕を持って作られていて、雰囲気も明るくよかった。別室で丁寧な説明を受けたあと、内科医の先生とも少し話をする。チチの病歴ってのはバカなと思われるくらい長い上、いまの状態もひと言では語れない。説明してても「モレがあるんじゃないか」とこっちが思ってしまうくらいだ。そんなんだから、実際に診る先生は(ここに限らず)もっと大変だろーなーと同情するわ。

見学と先生との面談のあとは、20分時間を潰して送迎バスを待った。雨はまだまだ降ってて、終わり際の桜に追い打ちをかけてるみたいだった。
で、電車に乗る。『これ、冷房車じゃないかしら』『まさか』なんて会話をしてたら、『大変申し訳ありません、本車両は暖房設備が入っていません』とアナウンス。ええっ、そんな車両があるのか? とびっくりした。冷暖房ってボタンひとつで入るモンだと思ってたよ。(つか、「この車両は」てことは、他へ移れば暖房入ってるのか? と思ったんだけど、誰も席を立つ人がいなかったので「全車両」てことなんだろな。だったらそー言えばいーのに) にしても新宿からウチへ帰る時間の倍以上かけて乗る電車に暖房が入ってないとは…やれやれだわ。
2人してハラヘリだったのに、「入ったことがないから」て理由で昔からある釜飯屋へ。すっげー待たされた…当然だよね、注文受けてから炊くんだから。いや、美味しかったんだけどさー、今日のこの寒さとハラヘリ具合では、明らかに選択ミス。ま、食べたいと言ったのはハハなんだからあたしに責任はないわ。

ともあれこれでやーっと「病院見学」は終了。これまでの5つの中から決めることになる。つーか、もう決まってはいるんだけどね。それはまた別の機会に。
明日はまた早番。この2か月半弱、っとに1週間が早いったらない。あっちゅー間に廻って来る。ウチのことは何ひとつ出来てないのに。どっかで倍速かかってるのかね。
[PR]
by yukimaru156 | 2015-04-09 00:03 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156