狂注のぴりぴり と突然の訃報 とYGら来たる

昨日は雨(たまに霙、トコロによっては関東でも雪)、今日は晴天、明日はまた雨? という予報で、どーぶつ病院では「午後からの狂注(狂犬病予防接種)混雑」を想定してちょっとぴりぴり。狂注は午後1時半~3時半までと限定されるのであたしが直接かかわることはないのだけど(仕事は午前中なのだ)、もしかして今日は帰れないんじゃないかとちらりと思ってしまった。帰ったけど、1時半前に。この時間内しか狂注しないことについての問い合わせとかも来るのだけど、別にイジワルしてるわけではなくて、「保健所指導」としてこーなってるのだ。以外の時間でも当然受け付けるが、その場合は本人があとで役所に届けないといけない、てこと。どーしてこういうシステムなのかは知らない。役所が混乱するのかね。

今日はゆりりん姉さんの個展初日。(ちょっと肌寒いけど晴れてよかった、ぱちぱち) なので見舞いはハハに委ねてあたしは顔を出すつもりでいた。彼女のブログを拝読するに、あちらはあちらで母上のことで大変で(そんな中でも立派に作家仕事とバイトとその他をこなしてるのでホントに立派)、まぁゆっくり愚痴とか聞いてる間はないだろうけど、ちょっと顔を見て互いをねぎらったりしたかった。
んが。予期せぬ出来事が起きてしまった…帰宅したあたしを待ってたのは、オトート1号のカミさんの母上の訃報。びっくりした。お元気で、ご主人(92歳)の介護をしていると聞いていたので。面識も何度かある。あたしが立川グランディオで出店してたころ、沿線に在住ということもあって訪ねてくれて、『こんな素敵なものを作ってらっしゃるのねぇ~』とカードや何やを喜んでお買い上げくださったのだ。ハハは甥のYGの幼稚園の発表会? だったか、何だったか、そんなのに一緒に連れ立って行ってたし。(その甥もいまや中3なんで、いまは昔、な話だわねぇ) 
ウチからはハハのみが参列予定。あたしは心から冥福を祈ってる次第。どうか安らかに眠ってください。

と、こんなこと書いてたら1号とYGがやって来た…(ので続きを書き始めたのは1時間後…)。うぅ、明日も早番なので今日は早く寝るつもりだったのにぃ。てゆーか、昼寝しておけばよかった。ゆりりん姉さんのとこに行けなかったのだから。何やってんだかなぁ。ついYGとオタ話、マンガ話にウツツを抜かしてしまったわ。
YGは明日は忌引きでガッコをお休みしたそーだ。通夜、葬儀は週末らしいから、1号は出社だとか。で、YGはどーするんだろ。一緒にじぃじの見舞い…は行きそうにないかなー。ウチであたしのマンガ読んでるだけかもしらん。
今日は短めで申し訳ない。ホントはチチの転院先のこととか書くつもりでいたんだけど。
[PR]
by yukimaru156 | 2015-04-10 00:43 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156