初めてハハもあたしも見舞いに行かなかった日

友人と町田でランチ、てのはちょっと前から決まってたことなのだけど、それから今日までにまーいろいろありすぎて、このタイミングがいーのか悪いのかの判断もつきかねてた。どっちでもいーよーと言われてたので『やっぱごめん』しよーかと思いつつ、結局会うことにしたのは、今度がいつになるのかわかんなかったからだ。

起きたのは遅く、昨晩泊まったオトート1号はとっくに出かけてた。(7時だったかには出たみたいだからご苦労サマだ) 福゜のお散歩を頼まれてたので、朝食後、ウチを出ようとしたらオトート2号が1人でやって来た。挨拶もそこそこにとりあえず散歩に出かけ(無事、ンこもしっこもしてくれた)、帰宅したら今度はあたしが出かける番。あまりたいした話も出来ないまま(あたし自身がしたかったかどーかもよくわからん)、仕度してウチを出た。2号がなぜ1人なのかも聞きそびれたけど、まーそれはあとでハハに聞けばわかることだし。

彼女と町田で会うときは「いつものカフェで」となってるのだけど、この2度ばかり、行列してて「待ってるとどっちかが来る」事態になり、場所を変える。『馴染みの喫茶店てのを作っておこう、そうすれば互いに待たせてもキモチは楽だ』てことなんだけど、どうやらその「馴染み」を替えた方がいいのかもしれない。前回はそう言ってよさげなとこ見つけたんだけど禁煙でさー、ここで待つのはつらいよごめん、させてもらった。フツーの喫茶店で、かつ喫煙OKなとこって難しいゴジセになってしまったもんだわね。結局、今回も(待ち人用の椅子にすら座れない列で)あたしが待ってる間に彼女が来た。ので、場所を替えた。ランチはイタリアン。しらすピザ、美味しかったわー。ここも禁煙だったけど。

昨年末に父上を亡くすまでは、彼女も介護に奔走してたので、話も自然そちら方面。徒歩5分のとこに姉夫婦が住んでるにもかかわらず、ろくに見舞いにも来なかったとか、それでいて彼女宛てにお歳暮が送られてきて彼女がぶち切れた話とか、初耳だった。自宅介護で大変だったとき『手伝ってくれないけど、もういまさら来られても何だと思う』みたいな話は聞いてたけど。『いないと思ってた方が楽』とかさ。「身内が看るとなるとその負担の在り方でもめるから、お金払って他人に委ねる」システム(?)が出来上がってくのも道理なのかなぁ。負担の分担て、絶対均等には出来ないしね。
と、そんな話をしつつ、場所を替えたり、靴屋(あたしが欲しかったのだ。どーぶつ病院で履く、軽いヤツ。ナースシューズではなくフツーのでよかったんだけど、ありそでなかった…)や雑貨店を覗いたりして半日付き合わせてしまった。どーぶつ病院もね、まぁいろいろあるし。

ときどき、朝ものすごく不快で寝覚めの悪いときがあるのだ、と打ち明けると、それはどんな理由でかと訊かれた。
『介護のことで? それともバイトとか別のことで?』
『それすらもよくわからないんだけど、強いて言うなら全般? も、自分のこともひっくるめてものすごぉ~く嫌で不愉快で、時間的には寝れてるんだけど全然眠れてない? みたいな。起きたらぞっとするんだよ、わけわかんなくて』
『ちょっと前にメールで「楽しめてたモノも楽しめない」てあったけど、そういうのも関係してるのかもね』
かもしれないな。「ちぎり」とかさ、3ヶ月くらいやってないんだけど、かれこれ1年はやってないよな気分だし。始めてしまえば「それなり」かもしれないけど、そーではないかもしれない。だから「始められない」気もする。そこのところもよくわからない。でもやっとチチの転院先を決めたことで(あぁ、この話もまだだった…)、ひとつの区切りを作れた気はする。うまく吹っ切れるかどうかわからないけど。

軽い夕飯して、帰宅したのは10時ちょい前あたり。オトート1号家族がいて、ハハは昨日のべるでーの試合を1号のタブレットで見てる最中だった。(結果はあたしがネットで見て知らせてあげてたのだけど、すごかったみたいね。3-0をひっくり返して3-4の大逆転。しかもそのうちの2点はロスタイムと言うからハハの狂喜もわかる。ましてやお相手の監督は元べるでーだし) その傍らで1号のカミさん(ではなく「YGママ」の方がいいそーだ、逆かと思ってた、すまん)はぐったり横になってた。母上の急逝から通夜、葬儀と怒涛の3日間だったしな。お疲れサマだ。でもその慌ただしさって必要なモノらしくて、喪失感やら何やらが来るのはそれかららしいから気をつけて欲しいわ。
今日は、チチが入院して初めて「ハハもあたしも見舞いに行かなかった日」だ。(2号たちが行ってくれたからね) これまでは互いに「今日のチチはどうだったか」て報告から入ってたから、ちょっと不思議な気分だ。何がどうとも言えないのだけど。
[PR]
by yukimaru156 | 2015-04-13 01:49 | そんな1日 | Comments(0)

ちぎり絵ざっか作家 さゆきの  雑記帳


by yukimaru156